2009年02月19日

へんな物(いいもの?)を見てきました

 今日はへんな物を見にへんな人の所へ行って来ました。 その「へんな物」とはこれです。

変換 〜 2009021913560000.jpg ダイハツ ミゼット(ミジェットではない) MP4。
 なんと説明したらいいのか・・・ワカリマセン! 最近では「3丁目の夕日」、ちょっと前で「稲村ジェーン」でおなじみの?って感じでしょうか。
 へんな、なんて言うと好きな人に首を絞められそうですが、なんで彼が突然これにはまったのか「謎」です。
 
 「彼」が「誰」かは個人情報保護の為、触れないほうが良さそうです。

 そして、ミゼットの後ろに見える自転車のには、こんな物が付いてました。

変換 〜 2009021913590000.jpg 「だいやもんどふり〜」と書いてます。 もう、ここまで古いと私のような若者には訳ワカリマセン!

 でもミゼットの運転席のカバーの中には、ナカナカな趣の2スト単機筒エンジンがあってかわいかったし、ダイヤモンドフリーもレバーが沢山付いてて運転が面白そうでした! 
posted by ぼんずやま at 20:45| Comment(8) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

これにピンとくる方は?

 これは神戸市灘区にあった「K2」という喫茶店のマッチです。
 「あった」という事は今は(多分)無い訳で、震災後に再開しなかったのです(家族は元気です)。

変換 〜 2009021508530000[1].jpg K2という名前からわかるようにSKIクラブがあって、私は関西で働いていた22歳〜27歳までの間、ここでコーヒーを飲んだりSKIをコウシャクしたりヤラシイことをしたり洗濯を頼んだりして、その日暮らしをしていた場所であります。

 20年前のマッチをまだ持っているのは収集マニアだからではなく、それだけ思いで多い日々だったからです。

 このブログをご覧の方々の中に、このネタに反応してくれる人がいたらチョット感動モノですね。

 住所は灘区弓木町5−3 六甲山ふもとで、すぐ近くに六甲模型、通りを東側に5分位走ると近藤博志さんの店がありましたね。

 
posted by ぼんずやま at 09:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

ケータイを新しいのに

 換えました。 別に今までので良かったんですが、ソフトバンクから「あなたの携帯はもうすぐ使えなくなります」という案内が来た為にしかたなく・・・。
 また新しいことを覚えなくてはならんのか!と一瞬思いましたが、考えてみれば今使ってた携帯も使ってた機能は電話、メール、カメラ、電卓くらいなので、今回もそれだけ使えればいいので大した覚える事はないのでした。

 やっと私の携帯からアンテナが消えました、バンザ〜イ!って別に嬉しくもありませんが。

携帯とフタ.jpg 横にあるのは「初期型DAXのタンクキャップ」 成田さんが作ってたDT1用FRPタンクには、このフタがついてた様なので、私のタンクにも無理っくり付けてみようかなと思ってます。
posted by ぼんずやま at 21:34| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

歯を抜きました

 いきなり日記風ですが、バイクいじりとの共通性を無理矢理考えてみたらオヨヨという感じだったので。

 炎症がひどく麻酔が効かない状態での抜歯で、20回ほど地獄を見まして、しかもその後38℃オーバーの発熱でホトホト疲れて仕事を2日休んでしまい、土日は働かねばなりません。

 どこに共通点を見たかというと「鉄もちぎる様に切断すると熱を持つ」「歯もちぎるように抜くと熱が出る」と言う点です。

 やっぱり麻酔は大事です。 鉄に対する麻酔・・・ゆっくり切るなら暖める、すっぱり切るなら冷やす(これは違うか)。

 熱を発しているときの鉄も、さぞかし激痛に耐えているのでしょう、コジツケですけど。

 これはDT1Fフレームからの「ちゃんとやれよ〜」という警告かもしれません、ナンテね。
posted by ぼんずやま at 13:33| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ニラメッコ中です

 何のためにニラムかというと、昨日の画像のフレームのキャスターを立てる為です。

 方法としては、@ステアリングヘッドの上部を切って開く、A下部を切って詰める、Bフレームを前傾させて跳ね上がったテール部を平らにする、の三つが考えられます。

 いにしえのやり方では、木村さん万沢さんがA、QQSC会長が@の様です。
 この方法のメリットは、ホイールベースも短く出来る、エンジンが傾かない、でしょうか。
 デメリットはカットする為には補強板を取らねばならない、Aは再溶接が難しい、@は開いた隙間を埋めるのが難しいし強度が?、となりましょう。

 よってBのやり方でいこうと思ってるんですが、フレーム全体を前のめりにするのでエンジンも前傾しちゃいます。 あんまり気にならないとは思いますが。
 ホイールベースは殆ど変わらないので、後でスイングアーム短縮をしなければならないかも知れません。
 
 どうせシートレールに手をつけるなら、シート下部分を狭くしたいのですが、それをやるとリアサス上部に合わせて下部のスイングアーム側も手をつけねばなりません。 若しくはTL200R様にピロ足化。

 取り返しが付かなくなりそうなので、それは止めときます、イヤ!後工事に取っとく事にします。

 今後はフレーム前傾角度の決定とリアサス〜ステップ部をつなぐパイプの切断、何センチつめるかの決定をやります。

 
posted by ぼんずやま at 22:14| Comment(4) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

やっと始まるのか?

 H−VMX会長より「ブツを運んで欲しい」との連絡があり、積んで行ってきました。 そのブツとは・・・
変換 〜 IMG_0551.jpg SUZUKI RM125 ぼろ・・・でもなく、欠品で困りそうなのはサスとサイドカバー位でなんとかなるかも知れませんね。

 70年代後半は私の記憶ではRM全盛で、ガソリンスタンドの横っちょによくあった気がするんですが、どこ行っちゃったんでしょう?


 そして自分の用事も済ませました、その用事とは「DT1Fフレーム引取り」です。
変換 〜 IMG_0552.jpg フレーム改造をするのにフレーム単体が必要ですが、自分のバイクで行うと一度全バラにしなくてはならず、フレーム単体をもらってイジッタ後でそれに部品を移植して、残った使わない部品付きフレームを返す方が楽だろう、という訳。

 ちなみに「使わない部品」とは、前後ホイール、フェンダー、ウインカー、タンク、シート、ハーネス、ハンドル、テールと、殆ど使わないので、提供者にもオイシイ話になります!

 さあ、ヘッドを切るか、リアを下げるか、ニラメッコから始めましょう。

 
posted by ぼんずやま at 18:55| Comment(2) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする