2009年03月26日

やられました(ウソ、自分が悪い)&やりました!

 FG200ではっぴいえんどをコピー中なんですが、こないだヤフオクで4枚組BOXを買ったら、中に入ってる「風街ろまん」がREMIXされていて、前に聞こえてなかったパートが強調されて私の聞きたいパートがヘッ込んでました・・・。
 後で調べると有名な話らしく、よく調べないで3000円に目がくらんだ私が悪いのでした。

 ヤッタ!のは、前に欠品だったDT1Fのスイングアームに入るブッシングが出た事、先日アームを外す際にプラスチックのブッシュは入ってないと思ってあぶって溶かしてしまい、途方にくれていたのでした。

 
posted by ぼんずやま at 19:31| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

重い(&痛い)腰が上がりました

 昨日は寒かったんですが、今日は結構暖かったので遂に重い腰が上がって「DT1Fトライアル」のスタートです。

 先ずは全バラなのです(はっぴいえんど風)
2009032116390000.JPG
 必要な部品は丁寧に、要らないのは適当に・・・とはいかないのです、なぜならそれは全てH−VMX会長に進呈するからです、そして細かな(イヤ、おおがかりな?)溶接などをお願いしちゃうのです。

 2〜3時間で奥の実動DT1Fはこの様になりましたが、エンジンとスイングアームが取れません・・・。
 エンジンは力技で行けそうですが、スイングアームはボルトの両側にグリスニップルがあり、叩くに叩けず・・・多分ニップル自体が外せるんでしょうけど。

 出来ればフレーム単体にして、キャスターの比較をしたかったんですが、暗くなってきたので、今日はこの辺で勘弁してあげます。
posted by ぼんずやま at 17:47| Comment(8) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

「風をあつめて」って難しい・・・

 3月10日にフォークギターを買って1週間が経ちますが、「風をあつめて」大分いいところまで来てます。
 最初はバンドスコアが手に入ったので完コピの勢いだったんですが、異様に難しいし、ギターパートが2本に別れていてどちらかをコピーしてもイマイチ全体の雰囲気が出ないので、あっちに行ったりこっちに行ったりどっちでもなかったりの不完全コピーとなりそうです。
 
 でも、いい頭と指の体操です、Å9とかmaj7とかB♭6とか・・・本来なら意味から勉強しないとダメですが、それをやると多分途中で投げ出すか一生かかりそうなので、機械的にやってます。

 あと大変なのが、八分休符が複雑頻繁に出てきてリズムの表裏がひっくり返る為、歌を乗せるのも難しそうです。
 まあ、そこまでいってませんけどネ!
posted by ぼんずやま at 23:33| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

平和の割引について

 今までの平和自然園トライアルコースの使用料は、ビジターは一日1500円でした。
 会員制度があって会費は年間22000円でコース使用が無料、そして会員割引として年6回行われる「遊ingトライアル」の参加料が一般3000円のところを2000円に、これはど〜いう事かと言うと
 ・大会に出ない人は15回コースを使えばモトがとれる
 ・大会に全部出る人は11回でモトがとれる
                 と言うことになっていました。

 しかし!今年ついに割引プランが登場です。

 初心者の会員登録1年目に限りのようですが「22000円が12000円に!」なるそうです。

 これですと
 ・大会に出ない人は9回で、全部出れば4回でモトがとれます!

 「古いトライアルバイクをたまには本来の目的にあった使い方をしたい」なんていう人(私)にとってはヒジョ〜に都合がいいですね!

 この料金体系は、是非!利用回数上限を定めてでも「根を詰めてヤラナイ奴」用に残してほしいものです。

 そうすれば
「たまにトライアルをやりたいけど古いのしかないし(ここにはTYRあたりまでが含まれましょう)、新しいのを買ってまでヤル気もない」層の参加が見込めます。

コケ.jpg 2006年のいつだかのヒトコマ こんなのもたまにはいいでしょう!
posted by ぼんずやま at 18:31| Comment(0) | トライアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

TM400上陸!&変な体験

 (変な体験とTM400は無関係です)
 ある方の所へTM400が届いたとの事で、早速見に行ってきました。
 2009031116350000.JPG
 パッと見はTM250と変わらないのですが、やっぱりシリンダの大きさが異様でした。
 何馬力あるのかわかりませんが、走らせられるのでしょうか・・・?
 その前に始動できるのでしょうか・・・?
 「エンジンかけてみな」と言われましたが、ゴム長だったのでビビってしまい「今度ね」と言ってしまいました!

 でも、そ〜っと空キックしたら意外に軽い感じでした!でも2ストだから当たり前のような気もします。

 変な体験の方なんですが、どういう事かと言うと「記憶を失う」をリアルタイムに体験したんです。
 先ず
「ある結末」が頭の中に浮かんで、その原因を思い出そうとしていたのですが、思い出そうとすればするほど最初に浮かんだ結末の記憶が薄れていき、何を思い出そうとしているのかわからなくなる為、途中で考えるのをやめると「ある結末」は何とか記憶に残っていました、が再び考え出すとまた薄れていくんです。
 それを2〜3回繰り返すと、完全に「ある結末」の記憶が無くなって、自分が何の原因を思い出そうとしているのかわからなくなってしまいました・・・。
 結局今もわかりません・・・大事な事でなければいいんですけど。
 (意味わかりますか?説明も難しいんです)

 昔、日中に仕事で富田林市を車で走行中、自分がどんな仕事をしていて、どこを走っているのか急にわからなくなり、5分くらい走り続けて「PLの塔」が見えて「あ、ここは富田林か」と思ったり、通勤路を走行中にいつもの道を左折したつもりが、なぜか信号3つ分行き過ぎた所を曲がっていて、曲がり終えて見える景色がぜんぜん違うのにビックリしたり(しかも通り過ぎた信号の記憶がナイ!)

 などの体験があるんですが、ワタシ大丈夫なんでしょうか?
posted by ぼんずやま at 21:49| Comment(6) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

フォークギターを買いました

 タイトルがギターでカテゴリーがVMXなのは、意図的であります。

 我が家内にて、1万円以内で誕生日プレゼントがもらえる事になり、バイクの部品も考えましたが最近アコギが気になっていたので、フォークギターを買ってもらいました。

 アコギが気になっていた理由とは、@昔から「はっぴいえんど」のフォークナンバーのコピーがしたかった A〜1975位のフォーク、特に中村雅俊「俺たちの旅」の隠れファンだった B元々エレキ派だがプログレ好きな為に、バンドをするにもメンバーが集まらないし、騒音の為にアパートでは弾けない    などなど

 で、何を買ったかと言いますと
fg200.jpg これです!!!(三つも!をつけるほど盛り上がってはいませんが・・・) 名前は「YAMAHA FG200」1972年式

 日本初のフォークギターにFG180ってのがあるんですが、それの後継機種、まあDT1に対するDT1Fみたいなもんでしょう(VMXに無理矢理つなげる展開)。

 ホントは180が欲しかったですけど、プレミアがついて1万では買えません・・・まるでバイクの世界と一緒です。

 でも材料的には180と変わらないし、なによりも60年代後半〜70年代のフォークブームの中で、思い切り使い込まれて今日まで生き残っていたという事で、いいギターだと思いまヨ。

 音的な事はよくわかりません、よくある宣伝文句で「激鳴り、ストロークプレイに最適」なんてありますが、ジャンジャン弾いて鳴るのは当たり前でしょう。
 まあ、弱く弾いて半径5m聞こえればいいです、どうせ「まるふく」さんの単板L6にはカナイマセン!

 これを平和の山中に持ってって、「夏なんです」なんか弾いたらイイ感じなんじゃないでしょうか?あ、弾いたこと無いんでした!

 今回、何か弾こうと家にあった「平凡ソング 1978.7」を見ていたら、衝撃画像を発見しました!
ちぇりっしゅ.JPG チェリッシュ夫妻の御主人のシャツに「ELSINORE」の文字が・・・!乗ってたんでしょうか?!
 都会的でやさしそうな人のイメージで、土の上をバイクで突っ走る人には見えませんが、ちょっと気になる記憶があって「なのにあなたは京都に行くの」のジャケ写なんですが、確か凶悪なサングラスをかけてたような気がするんです、「イージーライダー」風の。
 
 意外とワイルドな人なのかも知れませんね、再びフォークとVMX無理矢理こじつけネタでした。


 
posted by ぼんずやま at 09:48| Comment(11) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

初イジリ(初暴挙)

 3月に入り、やっと少しバイクをさわる気になってきましたので、バイク運送のついでに自分のフレームも積んでいつもの所へ行ってきました。

mt125.jpg 運んだバイクはこれ、わかる人ならわかる、わからない人だとわからない!
 部品を持ってる人はいいですね! こんなのでも手持ちと合わせて1台のバイクに出来るから。

 そして今年の初いじりはイキナリ暴挙からのスタート! DT1Fのキャスターを立てたのですが、以前@〜Bの方法が・・・なんて書きましたが、結局どれでもないCの方法を現場で思いつくがままにやってしまいました。

1f-cut1.jpg わかりますか? 「ステアリングヘッドの上を切って開く」に近いやり方ですが、もっとクロウト離れした方法「トップチューブを切って開いた隙間に鉄パイプを入れて溶接」です。

 鉄パイプを入れる時にヘッドをかなり起こして入れたので、少しはたったと思うんですが、正確に何度かは・・・謎です。

 強度的には「もっと謎」です。 ただ、考えられる衝撃の方向はトップチューブを縮める方向が多そうなので、あんまり気にしてません、あとで上から一回り大きいパイプで補強も出来るし。

 さあ、今日から急ピッチでバイクいじりが始まるか?・・・多分始まりません、まだ寒いし。

 今日思ったのは「冬はどんどんヤル気が無くなって来ているので、せめて秋は11月いっぱいは遊ぶことにしよう」と言う事。

 例年は10月あたりでナントナク達成感に包まれ、11月は「まあいいか」みたいな気分になるので、そこでひとふん張りして年間の活動日数を増やす訳です!ナンテ、忘れてなければの話です。
posted by ぼんずやま at 18:05| Comment(0) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする