2009年12月31日

あ〜あ、行っちゃった…

 先日我が家に来たRS250T、今日前の持ち主Yさんが来て持って帰られてシマイマシタ!
2009123112290000.JPG
 まあお金を払った訳でもないし、Yさん&元々のオーナーNさんが乗らないなら頂きましょうという物だったので、やっぱり乗るわと言うのなら返さない理由はありません。

 既に取り換えたRフェンダーとタンクは置いてってもらいました!

 バイアルス250と交換という提案は却下! 性能的にはオモシロイんですが、やっぱりバイアルスのあの格好は何を持って来られても…という感じであります。

 これで「道内の人からバイクを買うと愛好者を減らすことになるので買わない」という理念は守られた訳です。

 でも…「1〜2年乗った姿を見なかったら押しかけてやる〜!」


 と言うわけで、その後は車庫にたまってたボルト&ナット合わせをトボトボと…。

2009123010200000.JPG こんなに沢山あるのに…

 ステンはステン…8マークとSマークは貴重品…外形大きく内径も大きいワッシャーも貴重品…ナットにナイロンの回り止めの付いたヤツは優先…など考えながら〜2時間くらいかけて合わせてみると

2009123017270000.JPGこれだけしかない…腰痛い!

 箱ごと貰いものだったんですが、捨てる方が圧倒的に多かった…その人だって捨てるところだったんだから、そういうものなのでしょう。
posted by ぼんずやま at 13:22| Comment(4) | ホンダRS TL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

イチロー風に言えば「もってるな〜オレ」

 今年も無事(…?)に終わるのかと思っていたら、最後の最後にBIGな出来事がありました。
2009122713480000.JPG
 ナント!RS250Tが我が家へやって来てしまったんです。

 平和でトライアルをやってる人にはお馴染みの、Yさん所有のものなんですが、縁あって私の所へ…。

 顛末を簡単に(ゼンゼン簡単でない)言えば、全道チャンプNさんのチャンピオンマシンをYさんが乗っていたが、不要になったのでYさんに返そうとバイク屋さんに頼んだ。
 バイク屋さんがYさんに伝えると「バイク屋さんに任す」みたいな話になり、そこに偶然私が現れた。
 バイク屋さんに「どうしたらいい?」と聞かれ「貴重な物ですがあくまでもコンペ車両、仕舞い込む様な人には売って欲しくない!」と生意気な事を言った。
 「じゃアンタ乗りなよ」と言われたが、道内にあるバイクを買うと言う事は仲間を減らす事につながる為、避けたい…。

 と言うやり取りの結果、「IBクラスの壊さない技術の人に貸して大会に出てもらい、大会のビンテージ率を上げる」と「チャンピオンNさんが乗る気になったら返す」という条件を自分に課して、頂く事にしました。

 引き取りに行って久しぶりにYさんとRSに対面して見ると「やっぱりカッコイ〜イ!」。
2009122713500000.JPG
 タンクボコボコですが、これはRSの歴史として残そうとYさんと決めました。
2009122714230000.JPG 
 家に戻って、大分前に「車種不明タンク」として安く買ったヤツに換えてみると、穴位置もエグりもピッタリ!でも200になっちゃう…。
 シリンダーでかっ! でもRS200T改250って感じ?
2009122713510000.JPG
 アルミサイレンサにも少ヘコミが…何かで埋めるか?
 リアサスがピロじゃない…これはまずいかも。

 雪上でちょっと乗ってみましたが、ラフにアクセルを開けても空転もせずトコトコ走れます。
 雑誌などでは「有り余る低速トルクが初心者には〜」なんて表現されてますが、やっぱり現物に触れないとダメですね。

 2010年はDT1の完成、ブルタコ修理待ち、RS化粧直しがメインになりそうです。

 はからずも、英国で始まったトライアル(トラカブ)、スペイン製 の時代となり(ブルタコ)、日本でも注目され出して最初は改造車で(C92&DT1)、その後4メーカーが生産に乗り出し(TL、TY、RL、KT)、世界ではスペインからイタリアへ(ファンティック)、最後の2本サス(RS250T)の後モノサス時代へ。

 この表現が自宅で出来ます、メデタシメデタシ!

 
posted by ぼんずやま at 16:09| Comment(6) | ホンダRS TL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

せっかくのシリーズ戦なので

 ネタも無く、暇だったので「遊ingトライアル」の年間成績を出してみました。
 が、問題が…。

 何位までポイントをつけるか? また、全戦つけるか? という事。

 1戦あたりの参加人数はA級が10人、B級が6人。

A級で6戦出たのは0人(Aに5回Bに1回という人はいます)、B級は1人(ワタシ!)。

 まあ半分という事で、A級は5位までB級は3位までにしてみます。

 何戦に与えるかは、出ないヤツが悪いという事で全戦に与えます(ワタシが全部出てるからじゃないヨ、3位以内は3回しかないので)。

 B級については2人とか3人の時があるので(1人の時もあった、ワタシの初優勝!)、3人中3位でもポイント付ける事にします。

で、どういう結果になるかと言うと…

A級 1位福本(父)83点 2位大浦58点 3位福本(子)54点 4位P山田48点 5位中村35点

寸評 上手いヤツほど良く乗る…格言通り、若者は他にもイロイロする事があるのね。

B級 1位J山田80点 2位ワタシ47点 3位岡崎37点 4位宮川&川尻34点

寸評 O爺ケガし過ぎ、BにエントリーしてAラインを行く方は最初からAにエントリーしましょう!
ぶった.jpg第6戦8セク、Aラインでは無いが、Bラインにはもっと簡単な所があるにもかかわらず、敢えて行く!ぶっ倒れても Bラインの中で難しいラインに果敢に挑むワタシは美しい!

以上

 
posted by ぼんずやま at 20:02| Comment(12) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

なかなか100%にならない(永遠に?)

 前回が99.9999%だったので今回は100%、ではなく99.99999%出来ました。
2009121314330000.JPG
 このクソ寒いのにタンク塗装、しかも間違えて買った水性塗料…普段は塗ったらすぐドライヤーをかけるんですが、水性でそれをやると泡立つ事がわかりました、よって出来はボコボコ…。
2009121314340000.JPG
 そしてタンクマークは「QQSC」 そもそもはMC誌71年7月号を参考にマンザワsplを作っていたつもりだったんですが、先日QQSC本部会長よりの本部への正式会員の要請を快諾した為、参加記念&手土産で急遽変更。
72年の関トラチャンピオン車、会長製作&名誉会長乗車の「K野spl」のレプリカになりました!

正会員になったからには関東で行われている「QQSCちゃんぴおんシップ」というシリーズ戦、来年行ける様に準備していかねばなりませんね。

このマシンは、現状ではチェーンたるみ過ぎですのでチェーンテンショナーを付けて一応完成です。
2009121314350000.JPG  少し引っ張ればマシになりますが、現状で後輪が一番前にあるのでホイールベースを1cmでも長くしたくない、しかし1コマ切ると届かない…という理由での弛みです。

 既製流用かスプロケガードと一体したものを自作か考え中です。

posted by ぼんずやま at 16:25| Comment(16) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

寒くて泣きながらやりました

 mixiに「ゔゔゔ寒くてナンモやる気にならん」と書きましたがそうも言っていられず、ブルタコエンジン降ろしと冬タイヤ交換のどっちをやるか迷いつつ、優先順位が上(?)のエンジン降ろしをやりました。
2009120516160000.JPG
 手はまだ痛いし(9/20〜)寒くて体が硬いしで微妙な力が出ず、
なぜか可動式のエンジンハンガーは引っかかるは、もう少しで降りる寸前に車体が倒れてきて、慌ててエンジンを持ってた手を離して車体を押さえたら元に戻るは…みたいな事の繰り返しでありました。

 今回もWSTさんに送るんですが、「スロットル〜キャブ、マフラー、IGコイル全部送って」と言われました。
 一応自力修理の顛末説明で「マフラー外しても症状変わらず、IGコイルを他車に付けたら快調、キャブを他のに換えても症状変わらず」とは言ったんですが、信用されてません…。

 私がバイク屋なら、絶対私みたいなヤツの言うことは信用しませんネ!

 ちょうどいい機会なので、全部送って補器類の消耗も見てもらおう!

 エンジン降りてる間に、フレーム周りを奇麗に塗る…なんて多分やらんべな〜、前もやらんかったもな〜しかも冬だし。

 
posted by ぼんずやま at 15:59| Comment(4) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする