2011年02月25日

ギターのロールスロイス

 またまた音楽ネタを違った切り口から

い〜でしょうコレ! モズライト ザ・ベンチャーズモデル 新品で買ったけど詳
細不明…て言うか忘れちゃった。
2011022421140000.jpg
1989年…皆バブルに浮かれていた頃、土地も株も買う金が無いのでさっぱり
恩恵にはあずかれないけど、貧乏人でも唯一バブルを感じられたのが「借金の審
査が甘い、又は無い」!

この頃は関西に居て、年間40日スキーをしながらフィアットX1/9に車両&修
理&チューンで300万以上オール借金で注ぎ込んで、10cm幅位のオーバーフェ
ンダーと赤緑ワークスカラーで六甲山でブイブイ言わせてましたが、このギター
も十数万のローンも通ったので買っちゃいました(当時の年収230万位?よく返
せたな〜)!

確か30万以上するのが上級モデルで、さすがにそれは買えずにその下のモデル
にした記憶があります。

これでオールディーズバンドやって遊んでたんですが、何か疲れちゃって199
1年に全てをチャラにしてモズライトだけ担いで札幌に戻りまして、はや20年
…このギターも22年が経過してヴィンテージの仲間入り?。

このギターで「ベンチャーズ」から「はっぴいえんど」「プログレ」まで節操無
く、中途半端に弾くわけですが、やっぱりベンチャーズを弾くとノリます!

ピックガードにご注目、ナントあの!神様ノーキーエドワーズのサイン入り!

1993年頃だったか…ノーキーエドワーズが今は無き「ため楽器(だったかな?)
」に来て、店内でソロライブした事があって(ナント無料!)、何かで聞き付けて
、「これはギターにサインもらわねば!」と思い、ギターを持ってくと重いので
ガードだけ外してって、一番前の至近距離(ギターに触れる位)でライブを見た後
のサイン会で懐からおもむろにガードを取り出すと、笑っておられマシタ!
「なんだ、ベンチャーズか」と笑った人には「バンヘイレンがギターを始めたキ
ッカケはベンチャーズであ〜る」という事を教えてあげましょう。

人それぞれにアイドルがいるわけですが、クラプトンやリッチーのサイン入りス
トラト、ペイジやフリップのサイン入りレスポールを各々のファンが持ってるの
と同じなんだよ〜ん、へへへ〜ッ!

肝心の弾き具合は ネック薄いので力要らない ネック細いのでローポジのコー
ド弾きはかえってやりずらい 弦高低いのでボトルは難しい パワーはレスポール
以下、ストラト以上      って感じかな〜?
 
posted by ぼんずやま at 21:58| Comment(8) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

せっかくやってもらったんだから、もう降るなよ〜

 2月も一生懸命働いて疲れたので(…?)今日は会社を昼までにして家でゴロゴロ
とも思いましたが、体調良く暖かくもあったのでレストハウスへ。

 ホームセンターでペンキを買って、縁側と床の2回目塗りをやりました。

 縁側用のペンキに水を混ぜ、なかなか混ざらんのぉとやってたらナント!油性で
した…。
2011022312360000.jpg
 序盤からコレかい…と言いながら何とか塗ってみれば、何か変な色…ウンコみた
い。
2011022312340000.jpg
 床の方は2回目なのでいい感じに塗れました、が…奥の方にMP3のFMトラン
スミッターを付けたまま…乾くまで取りに行けません。

 なんて事をやってると轟音が。

 外に出ると下に住んでるオニイサンとショベル!除雪に来てくれました。近づい
て挨拶すると「山はいいねぇ〜!」だって…ほんとイイ人、助かります。
2011022312530001.jpg
 縁側側の落雪を取ってもらった後、厚かましくも反対の日陰側もお願いしてしま
いました!
2011022312530000.jpg
 その間一緒についてきたワンコちゃんをあやす私の手(いつもは軽ワゴンで後をつ
いて来させて散歩してます)。

 反対側の道の方に住んでるYさんも見えられ、「この辺の人々はいい人ばっかり
ですね」と言ったら「俺も初めの頃は逆に困った位」と言ってました。

 その内ビールでも持ってお礼に行きましょう。 
posted by ぼんずやま at 21:09| Comment(0) | 今は亡き、ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

今日は乗るのヤメ

 もう降らんべ、もう降らんべと言いながら2月も半ばを過ぎ、行ってみればこの
有り様…。
2011022012410000.jpg
30cmは降ったか…天気良かったのでチョット乗るかの気分で行きました
が、コースを作ろうと5m位足で踏んずけた所でイヤになり、やめました。
2011022012400000.jpg
 家の中から外を見れば…これは便所の窓ではありません、我が家で一番デカイ窓
、下半分はとっくに雪没で上も落雪で隠れつつある…。

 ここまで落ちると手をつける気になれず、解けるか?ガラス割れて雪が中にドバ
〜と来るのか? 今ある雪が壁になって今後落ちる雪は窓から離れた方に行くだろう
、よし!放ったらかそう。
 
posted by ぼんずやま at 20:37| Comment(5) | 今は亡き、ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

どる〜べ は ど〜だべ?

 このネタにも付いてこれますかねぇ、という訳で音楽ネタ第3弾にして最終兵器
「ふらんそわ ど る〜べ」でございます!
2011021721080000.jpg
 フランスの映画音楽の作曲家ですが、「じゃあ映画音楽が好きなのか」と問われ
れば「いえ、全く」と答えます。

 映画音楽が好きなのではなく「ど る〜べ」が、そして「アランドロン」が好きな
のです。

 「どっちが先よ」と問われれば「ドロンが先」です。

 高1の頃、リバイバルで見た「冒険者たち」にヤラレたのがきっかけで、その後T
V映画や名画座をチェックし続け、レンタルビデオ屋回りも怠らず、ダビングした
映画が30本超というファン度です。

 ある日何十回目に冒険者たちを見た時に画面で「Francois de Roubaix」に目
が止まり、そういやこの音楽ちょっと変わってんなぁ、牧歌風プログレ…?と思っ
たんです。

 で他の映画を見直したら、好きなドロン映画に結構使われていて(サムライ、さら
ば友よ、悪魔のような貴方)「これは縁だわ」となった訳。

 聴けば聴くほどプログレッシブサントラ、冒険者たちは口笛の部分はクリムゾン
の風に語りて〜後半はPFM、サムライはゴブリン(サスペリア〜!)、さらば友よ
の冒頭の「ギ〜ン、ゴ、ゴ〜ン!」というピアノの弾き方もそう。

 「ドルーベはわかった、でもアランドロンはどうなのよ?」と突っ込みましたね
、今。

 いいんですヨ〜、どこがいいかって? それはね、主人公なのに結構最後に死ん
じゃうんですよ!

 最近無いでしょう、そういうの(でも死なないのでもイイ映画たくさんありますよ
、ルジタンとかさらば友よとか)。

 でもやっぱり冒険者たちの最後の会話がいいですね、死ぬ間際のマヌー(ドロン)
にロラン(バンチュラ)が「レティシアはお前の事好きだって言ってたぞ」 レティ
シアが自分でなくロランを好きだったのを知ってたマヌーが嬉しそうに「嘘つ
きメ!」バタッ…。

 
posted by ぼんずやま at 22:49| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

ぼんずやまのお勧めプログレ!

 グリーンライダーさんのリクエストにお答えして(本当は「リクエストは無視して
映画の話を…」とやるつもりでしたが、また今度)音楽ネタです。

 と言っても、そんじょそこらの人に解るモノでは有りません、付き合う気のある
方はyoutube活用してネ!
2011021621520000.jpg
 このグループ、ヴァンダーグラフジェネレータと言いまして、ジャンルは「またか
い!」のプログレでございます(画像は4枚組BOX、国内販売無し)。

 これに関しては完全に後聴きでして、出会いは「ストレンジデイズ」という雑誌
です。

 この雑誌、最初は副題が「ブリティッシュロックマガジン」でしたがネタに詰ま
って途中から「ポップフリークなんたら」、で現在は副題無しの何でも有り!

 で私が買ってたのは最初の1年位、その中で紹介されてた訳。

 確かロバートフリップ(キングクリムゾンのギターの人)がギターを持って思わ
ず駆けつけてしまう…みたいな紹介文に「どれどれ」と一枚買ってドップリはまり、
気が付けば全部揃えてました(とは言っても大ヒット盤は無いので札幌中の中古レコ
ード屋を探しまくって1年以上かかった)。

 内容は…説明メンドーなのでしません。

 何曲か聴いてツカンだ気になりたい方へは以下の曲をご案内いたします。

 A Plague Of Lighthouse Keepers

 Man Erg

 Pilgrims

 Wondering

 最短6分〜最長23分で、とっつき易いヨ〜! 音楽ネタは部屋内でネタ作りが
出来て楽だな〜。 
posted by ぼんずやま at 23:19| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

プログレはエエなぁ

  MIXIの「つぶやき」にもある「RIVER OF LIFE」という曲が入ったアルバム。
2011021314140000.jpg
 中1の頃(1975年)、近くの高校生の所に行き「ROCKっちゅうモンを聞かせてや」と言って貸してもらった物。

 後に「プログレ」というジャンル化されましたが、当時はコレもYESもクリムゾンもフロイドも「ROCK」。

 まあどれにしても変な楽器や複数の演奏が多重録音されてるので、4〜5人のバンド編成での再現は無理だろうと思い、専ら聞き専門でたまにカッコいいフレーズだけコピーして三十数年過ごして来ました。

 しかし先日見に行ったプログレセッションでの見事な再現を目の当たりにして、体内のプログレDNAが刺激され、その後3週間位経ちましたがこの曲を聴きながらポロンポロンの毎日。

 最初の数日はさっぱりギターの音が聞こえず「わ〜ダメだやっぱり! それなりの技術集団だから出来てたのだアレは」と泣き言を言ってましたが、百回位聞いた辺りからだんだんわかって来て「それなりに」弾けつつある現在であります。

 今日までに私の拙い能力でわかったのは「この曲はアメリカ的な(ロックンロール的な)手癖では弾けない」という事。

 根底にあるのはクラシックみたいで、ベース音を決めてからその周辺でメロディを弾く、リフ(?)も人間工学上「うそ〜!?」という場所を弾かされる…普段使わない脳が働いてる感じ。

 何ヵ月(何年?)かかるかわかんないけど、しばらくは遊べそう!

 これとヴィンテージトライアルで一生遊べるので、他の趣味はもう要りません 
posted by ぼんずやま at 15:21| Comment(5) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

「藤井さん、全然走れんよ(ヘタだから?)」

 今日明日と暖かい(最高気温1。Cですが)との事なので、先週に続き今日も「乗
るぼんず山」でございます。
2011021114370000.jpg
 今日は雪山にセクションを作ってみました、ただ足で踏み固めて小山を一回りす
るだけですが。

 入口は緩やかに登って左ターン、迄は「始めよう、初心者トライアル」。

 そこから更に左へ曲がりながら坂を登る…で、さっぱり進まず。

 リアタイヤが10cm埋まると終わります…。
2011021112450000.jpg
 「ならば反対側からはどうよ」とやってみると、ちょっと坂が急過ぎる…元々は
ビュ〜ンと下って終わりのつもりだったので当たり前。

 どうしても一周しない事には流した汗に対する元が取れないので、ここさえ登れ
ば後は下りが多いこちら側をINに変更して、思い切り助走を取ってトライ。

 2速なら何とか登れるけど、その先の右ターンしながら登る所でやっぱり埋まり
ます…。

 そこはバイクを降りてちょっと押して右に下りながらOUT、トライアルなのか
なんなのか・・・?

 両方向から5〜6回やってヘトヘトになって終了、その昔ミックアンドリュ〜ス
という神様が「6回やってヘロヘロになるのが良いセクション」と言ったとか言わ
なかったとか(言ってない)。

 タイトルの意味は・・・メンドクサイので説明しません。
posted by ぼんずやま at 17:28| Comment(2) | kt250 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

初乗りか?

 今日は久しぶりに(でもないか、毎週来てるし)ぼんず山へ。

 今日のテーマは「バイクに乗る!」 しかし、昨日まで暖かかったのにナンカ寒い
…。
2011020512260000.jpg
 せっかく積んで来たので、そこら辺をフラフラトロトロ走ります、結構走れるも
んです。
 入口の坂も「オラ〜捲れてみぃ!」と超リア荷重フロント引きまくりで登って行
きます。
 さすがに除雪車が雪を寄せて出来た土手(雪手?)は無理、しかも止まって足を着
くと足も埋まってドもならず…「こういうクダラナイ事をやってる時に限ってケガを
する」とピンときて即終了。

 山に置いとくと週一しか触れず、触ったら触ったでアレ忘れただの無いだのでさ
っぱり進まないバイアルスを連れて帰ることに致しまショウ!(家の一番目につく所
に置けばヤル?、やらんな)。
 
posted by ぼんずやま at 17:24| Comment(8) | kt250 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

勝手にリンク追加

 パソコン壊れたりネタ無かったりで1週間以上経ってしまった・・・。

 http://d.hatena.ne.jp/OVERFLOW/  私の良く行くバイク屋の横にある元スナックみたいな所に、バイク修理が好き(?)なニイサンが居てナンカやってます。

 そのニイサン、私のブログをたまに見せると斜め上目線で「フフ〜ン」とか言ってましたが、遂に疎外感に耐えられなくなってブログを始めた様です(冬は暇なんだね)。

 冬は暇なんで突然ネェチャンのケツを追っかけたりして、雪が解けるとどうでもよくなって「消滅」なんていうのは良くある事ですが、彼のブログもそうならん事を祈るばかりです。

   
posted by ぼんずやま at 20:05| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする