2011年04月14日

動いたヨ〜ン

 夕方ちょっと時間があったのでバイアルスいじりを。

 エアクリ無し(結構網目が密なので多少は排気抵抗になる?)、プラグ手締め(締め
ろよ)でエンジンかかるか挑戦!

 何回かキックしてる内にチョークレバーがどっちの位置で効いてるのかワカラナ
クなり、半開きで始動という過酷な条件。

 ナンダカンダやってると「ブロロロ〜ン」と来ました、排気は…黒い…なるほど
、こっちがチョークONか、反対に戻すと安定した状態となりました(もうどっち
だか忘れました)。

 ちょっとタペットっぽい音がしますが、押っつけてるよりはマシという事で聞か
なかった事にいたします。
2011041418020000.jpg 
んで、この画像 何を意味するかと言いますと、白くぶれているのが紙、右の排気
口から気体が出て紙がたなびく=エンジンかかっている 2stなら煙でわかるのに
4stは面倒だ!

 「やった〜」とローに入れたらクラッチ張り付きで暴走開始、「こんなのはリア
ブレーキ踏んでアクセル吹かせば一発よ」と踏むと、トルクロッド繋ぎ忘れでさっ
ぱり効かず、先にアクセル開けた為にオットット〜となりましたが何とか停止。

 で、古えの方法(?)、壁に向かってリア荷重で発進を繰り返すとペリッと取れま
した。

 タンクとフェンダーを格好付けて、ぼんず山デビューとなります
posted by ぼんずやま at 21:20| Comment(6) | ホンダRS TL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする