2011年08月28日

GASGAS ランドネ、道内でも流行るかも?

 本日の「ぼんず山」にはベンツの巨大キャンピングカーで珍しい方がご来場、少し前に来られたファイヤーY浦さんと3人で何故か徒歩にてコースイン。

 草ぼぉぼぉの所を避けてご案内しましたが、ここの特色であるガレ場には「なかなか他には無いね」と興味を示して頂けました。

 遊ingの番外戦でもやったら等話ながら戻った後は、秘かにブームを呼ぶあのバイク、ランドネについて「もう何台か売れてる」だの「匠スペシャルのサスは…値段は…」だの「最近の遊ingBラインは難しい、ランドネ用のCラインが要る」だのと盛り上がり、結局の所お二人とも購入の様子!
110514randone-thumb.jpg
 確認済で小樽に1台、富良野で1台。

 Cラインが出来たアカツキには「バイアルス対ランドネ」をやる事が予想されました。

 追伸 レストハウス、またスズメバチに巣を作られてしまいました…今度は木壁の節穴2箇所を出入口に外壁と内壁の間に。  小さいヤツなので、もう秋まで放っときます  
posted by ぼんずやま at 19:41| Comment(10) | その他の車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

第4回 QQSC釣り大会

 この土日、東京よりQQSC名誉会長&72年トライアルチャンピオンのT中さんが4度目のご来道、迎え撃つQQSC北海道支部は私&M口さん、そしてガイドのM田さんによって「第4回QQSC釣り大会in静内」が行われました!
変換 〜 DSCF1224.jpg
 先ずは記念撮影

 第1回よりどんどんレベルUPしてくるT中さん、地元にこんだけ魚がいる所で暮らすM口、M田さん、トライアル始めてからサッパリ釣りに行かなくなったワタクシ…結果は順当に現れましたねぇ。
変換 〜 DSCF1212.jpg
 最初に入った場所でポコンとこのサイズが来たので「今年はいけそうジャ!」と思ったら、その後はリールが壊れるに始まり、例によって合わせ遅れで宙を舞うフライが木に引っ掛かり…の連続。

 色々工夫して解消すると今度は合わせ切れを連発…あっという間にフライ全滅、ウェットに変えると出が悪い…という感じで、数はそこそこでしたがサイズは下がる一方でした。
変換 〜 DSCF1238.jpg
 T中さんの釣った数ある魚の中の小さめな一匹、もう彼の頭の中では魚の大きさを計るボーダーラインは「尺」では無いでしょう。
 一つのポイントから3種類の渓流魚を10匹以上引っ張り出してました!
変換 〜 DSCF1263.jpg
 二日間とも昼食は豪勢! ハンターが仕留めて直ぐに血抜きして真空パックした鹿肉、毛ガニ、ツブ飯!
 食い過ぎで二日間とも食後は釣りにならず、また二日目に予定していた「いけない魚と戯れる」は先方の都合でキャンセルに…。

 往復400キロ、二日間連続の釣り、名物攻め、かなり疲れますが、T中さんは函館でフェリーを降りて来るのでもっと遠いはず、泣き言は言えません。

 ヘロヘロで日曜の夜11時過ぎに家にたどり着きましたが、準備に対する後悔はあれど楽しい二日間でありました!

来年はどうなるか?
 
posted by ぼんずやま at 23:20| Comment(8) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

会長ブログも盛り上がって来た!

 永らく閉鎖中(?)だったH-VMX会長ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/trail250が勢いを増して再開されておりますね〜。

 今まで忙しくて相当ウップンがたまっているのか、コッチの画像まで出しまくりで言いたい放題! 5台位持って行きそうな勢い、私のYZも「逆光だと綺麗」だの「3周もたずに壊れる」だの「暇なヤツは私のブログを見れ」だのヤラレまくり!
首藤.jpg
 まあ、お元気そうでナニヨリ!今まで忙しくて構えない内についたホコリを取ってる間にワタクシ、ガンガンぼんず山で練習させて頂きましょう!

 んだと、日高前にバイクも人も壊れちゃう?何とか人は壊さん様にして、バイクが壊れちゃったら…「YZ125貸して」ネ!

 今日モトクラフトに行ったら「BIGTANK」来てたので中を見ると…

 HTDEの告知がありました、小さく「10月2日(日) ヴィンテージオフロードバイクミーティング開催! デモレースもあり!」と書かれてますネ
2011081618120000.jpg
 なになに? HTDEとは…1986年に日高町で初めて開催され、現在まで続く2日間耐久競技。 あらゆる条件を含むコースを舞台に、モーターサイクルの性能と整備修理の技術を含む、ライダーとしての総合的な技量を試すものです…と説明されています。

 ふむふむ、何か面白そう。
 
 今回見てみて、イーハトーブの延長線上にあると自分の中で位置付けられる様なら出てみたい(初心者クラスにね)。

 案内によると、1周45km、牧草地のMXテスト、町営牧場を組み合わせた「長い」エンデューロテスト、パルクフェルメから見えるエクストリームテスト、とあります。
 リエゾンはギリギリまで時間を使って飛ばさずに、MXテストは捨てて、エンデューロ&エクストリームテストは全力を尽くし…でマッチメイク出来るなら…。
 マシンは…エンデューロマシンの高速性能を駆使する技術も度胸も無し、車高のデメリットはモロに受けそう…ならばトラ車のサスを固めてロングシートとビッグタンク?

 この辺を今回の観戦で見極めてみよう 
posted by ぼんずやま at 21:09| Comment(4) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

1年放ったらかしのYZ、かかんのか?

 この連日の暑さならば、まさか山でバイクに乗るヤツもいないであろうと、今日の「ぼんず山ミッション」はレストハウス内装とYZの始動。

 内装は茶の間と奥の部屋を仕切る壁に窓を付けて、奥の部屋が明るくなるようにします、何かに使う訳ですな…。

 下界より涼しいので人が来ないほど暑くは無いものの、鋸を引いたり釘を打ったり、虻を20匹位はたいたりしてると結構フラフラになります。

 そしてHTDEに向けて1年以上放ったらかしのYZ250の始動にかかります、と言ってもガス入れてキック踏むだけ…それでかからなかったら…MT5にする?

 ガス入れた途端にオーバーフロー…30円分は出たかも、慌ててトンカチトントンしたら止まってホッ!

 んで次はキック、その前に原付並みの手で降りるキックについて少し考察。

 圧縮抜けてんのは間違い無いところ、問題はどこからか?
 別に今の状態でも私にとっちゃ怪物なので、この状態でしばらく走れるなら何もしないんですが、数年前にピカピカ不動DT1を直すのに立ち会った時にキックがやっぱりスコスコだったというのがあり、その原因はハート型のピストンリング&クランクケース合わせ目漏れだった様子。

 YZはケース合わせ目は大丈夫そう、リングは減ってそうだけど円形、プラグ穴&ヘッド&ベースに泡状スプレー吹いて異常無し。

 結論「リング減り」 急に悪くもならんでしょう、しかもヤワなDT1と違い「おらぁ、使ってみぃ!」と言わんばかりに大量の混合気がブチ込まれるせいか、リングの隙間位はヘでも無いはず。

 ここで質問「掃気ポートから出た混合気が圧縮に向かう時に、リングが減っていると一次圧縮室に戻るか?」
 答え「戻りません 何故ならその段階では、より抵抗が少ないキャブから混合気が入るから」

 という訳で、リングはそのままでキック!と言っても優しく優しく、一次圧縮室の混合気を燃焼室に押し上げる感じで。
2011081314440000.jpg
 「パラララ〜ン!!!」ほうら、一発でかかりましたぁ! では早速試走、1年以上乗って無いのでしがみつきマクリ!
 
 外足荷重に気を付けながら無謀にもぼんず山内へ…。
 これはマジに無謀でした…ガレ場登り、ストレートは腰より高い草だらけ、所々にくぐり切れない木の枝…セカンドでアクセルが開けれない。

 これじゃ練習にならんのでヤメ!ちょっとエンデューロの人達の気持ちがわかりました  
posted by ぼんずやま at 19:37| Comment(0) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

さて日高にはどれで行くか?

 全日本トライアルも終わり、なんて書いたらまるで出たみたいな言い方ですが…。

 残る決定済イベントは遊イングの9月10月、9/25のぼんず山ド素人トライアル&焼肉(限られたメンバーによるモノなので、特に告知しません)、そして10/2のHTDE観戦&VMXミーティングだ!
変換 〜 2009091915210000.jpg
 走行用にYZ250(一年動かしてない、大丈夫か…?)はいいとして、もう1台持って行きたくなって来ました。

 エンデューロ会場でビンテージトライアルもアピールしてしまおう、会場ジャックじゃ!

 ウチにあるのでマアマア見れるのと言ったらブルタコか…いや、もひとつある!
DT1F改!考えてみたらブログ以外にまだドコにも御披露目してないかも知れない。
img_208255_5168436_1.jpg
 どっちにするか…成田匠選手が来る→省三さんも多分サポートで来る→匠選手が競技中は省三さんはあまりやる事が無くブラ〜と見に来るかも…エンデューロ雑誌BIGTANKで「競技は匠に任して2本サストライアルの普及をしたい」って言ってたし→そこでブルタコを見ると「イーハトーブに来てたね、直った?」などと話が出来る→DTだと…「いやぁ懐かしいネェ、昔は皆これだったんだ」みたいに盛り上がる!
2009121314330000.JPG
 さあ、どっちにする(妄想だよな〜)?

 わかんないから、前日にエンジンかかる方にするか!

 全滅だったりして…。  
posted by ぼんずやま at 21:12| Comment(6) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

全日本トライアル和寒大会

 行って参りました、全日本トライアル 和寒大会

 先ずいきなり会場の下のバイク屋さんを単身赴任で手伝ってる4stスクランブラーさんと偶然会ってご挨拶!カートに乗ってトイレの紙補充中でした。
2011080710510000.jpg
 久々の全日本観戦でイマイチ見方が掴めず…全てのセクションを廻ると道内勢とすれ違いでさっぱり会えないかも…しかも疲れる、一つのセクションに張り付けば全員見れるけど「全日本見てきました、8と10だけ」って言うのも…しかも暑いし。

 という訳で6〜10セク辺りをフラフラしながら、声をかけれそうな時はかけて、写真取れそうな時は撮って(途中でファインダーが真っ白になって終了…)。

 先ずは北海道のホープ、竜選手!
2011080712190000.jpg
 10セクの真ん中の岩を下見中「エアタ〜ン!」と声をかけたら「出来る訳無いでしょ!」と却下(フロント吊ったまま登って、1〜2回ダニエル気味に90度右に回って、残り90度をエアターンで飛び降り!竜君なら出来ると思います)。

 でも終わった後に「燃え尽きた」と言ってたので、心よりお疲れ様と申し上げます!

 次は(ここでカメラが…まるふく親子様、モンテコ様ど〜もスミマセン)は「ジェントルマン匠選手」
2011080712080000.jpg
 ガスガスランドーネでの参戦、結果は残念(と言ってもIA10位以内)でしたが、価値有る挑戦!
撮影場所がイマイチなのはIASの3段の方を登ると勘違いして構えてたから。と言ってもコッチも1m近い高さで助走も無く、IBは結構落ちてました。

 帰りに成田パドックで確認したら「排気量約140cc、セッティング不足でピックアップまだまだ」だそうです。
 また、今回の第一目標だった「亮選手のサイン」は靭帯痛めて療養中との事で延期となりました…。

 それにしても成田親子、紳士です!
 多分イーハトーブで何十年も何百人を相手してるので覚えていないと思うのに「ちょっと前のイーハトーブでお世話になりました、札幌の…」とご挨拶したら、そのまま相手をしてくれました。

 ひとしきり亮選手やランドーネの話をした後、テントで休んでいた匠選手にも話しかけると気軽に応じて頂け、HTDEで「VMXミーティングが併催され、エキジビションでMXテストのコースをレース形式で2〜3周走る」に出るという話をしたら、とても興味深く聞いてもらえ「では日高でも頑張って」などとやりとりが出来、とても気分良く帰って参りました!

 日帰りで約400kmあって帰宅後ぐったりしてますが、ここで驚きの事実が。

 全て下道を走ったんですが、VIVIOビストロ!まだ7〜8リットル燃料残ってます!
 満タンで二十数リットルしか入りません、という事は15リットル位で400km走ってる、燃費は…? 
posted by ぼんずやま at 20:03| Comment(5) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする