2011年10月30日

スクール2日目

一夜明けて「服部聖輝スクールinぼんず山」の二日目。

着いてみたら二日連続受講のO野寺さん既に入場、マルちゃんとは同時、なんか昨日より多い感じで開始時間が迫ってきます。

その後コタ中さん、工藤ちゃん、ランドネN野さん、自走TLMさん、そしてQQSC北海道副支部長M口さん、最後ギリギリで服部さん開発マシンTLM240Rと共にF井さんご来場でスタート!
変換 〜 始め.jpg
(その間に小樽からT田さんグループが6人、トライアル車を用意して来られましたが、スタート直後でテンパっていた為に強力に勧誘出来ず、一応通常入場扱いで遊んでもらって途中からスクール参加も可という事にしてスクール進行)

外周を慣熟走行後、AM用セクションへ まず先生
変換 〜 先生.jpg
服部さんの指示したラインを最初にトライしたのはN野さん、ランドネでなんとクリーン!
昨日いいだけ突っかかっていただけに、これが力の差なのかとチョットへこみました(でもその後は服部さんに通過ラインを変更されて苦労してました)。
変換 〜 nisino.jpg
ビギナー軍団もそれなりのラインを指示されて頑張ります。
変換 〜 maru.jpg
変換 〜 クドウ.jpg
それなり軍団も同様
コタ中さん
変換 〜 コタナカ.jpg
F井さん
変換 〜 ふじい.jpg
O野寺さん
変換 〜 オノデラ.jpg
自走TLMさん
変換 〜 TLM自走.jpg

変換 〜 IMG_0908.jpg
M口さん
変換 〜 m口.jpg

渋滞防止&身体を冷やさない&本来のトライアル的にコース走行後のセクショントライを再現させようと、セクショントライ後に外周を廻る形で進めた為に見回ったり、レンタルマシンがちょくちょく不調になって対策で駆けずり回る為(TLM不調で工藤ちゃんにTY50に乗り換えてもらったら、乗り味の違いの為に外周の下りで転倒、ケガさせてしまい申し訳ない…)、なかなかセクションに入れませんが、それはそれ、主催なのでしょうがない。

もう結構経ったなと時計を見ると、まだ1時間しか経ってない…でも走ってる人を見ると結構疲れてる感じ…密度が濃いんだなと解釈します。
昼食も昨日に較べると順調に進み、良い流れで午後セクへ。

ここでカメラの電池切れ…服部さん(ではなく、この時は選手だった)の激セマライン走行後のゆっくりフローティングターンを初め、70年代フラッシュバックF井さんの走りや他の皆様の健闘ぶりの写真がありません…(多分コタ中さん&M口さんは撮ってますネ)。

私も何度かトライしましたが土をほじくってミミズを出すのが精一杯でした。

この辺で無頼の信頼性を誇ったTY175もおかしくなってきて、F井さんのプラグ限界という指摘に成る程と思い、ハウスに戻って交換した辺りでお時間となってしまいました。

閉会挨拶後、QQSC会長K野さんの計らいで「参加賞争奪ジャンケン」直前に服部さんも被っていたキャップを提供、結果キャップをゲットしたのは「持ってる」M口さんでした…(!でなく…な所に悔しさが感じられます)。

ま、静内から参加なので許します。

その後ヒゲ本田さんも見えられ、4時頃に服部さんと会長を見送って、2日間にわたった「服部聖輝スクールinぼんず山」終了となりました。
TS3Y0031.JPG
服部様 K野会長 この度は本当にありがとうございました!

そして2日間連続参加のO野寺さん、コタ中さんをはじめとする参加者の皆様もありがとう&お疲れ様でございました!

今後は…スクールについては、とても「次回もお願いしま〜す」なんて言いません、言えませんネ!(今回で腹一杯、10年は語れる!)

各自の技術的には、多分もうO野寺さんには勝てない…付け入る隙の「固さ」が2日間で無くなっちゃった。

今回参加のビギナーな方々は今回の教えを発展させて、いつか平和の草大会に一緒に出ましょう!
posted by ぼんずやま at 21:02| Comment(11) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

服部スクール1日目は大成功!

 服部聖輝さんとQQSC会長を招いて行う「服部スクールinぼんず山」
 hattori down.JPG
 9時前に来たのはO野寺さんだけ…まさか一人?恐怖の時間が流れましたが、バイクの整備やらしてるとY浦さん、K松さんと揃い始め、ギリギリでパンダ君が来た所でスクール開始。
 変換 〜 整列.jpg
 開始前のウォーミングUPの様子
  変換 〜 小野寺まるた.jpg 
昨日TSCSシンさんとカブ(?)ちゃんに手伝ってもらった新セクションを走ります。
 私は昨日試走済みでしたが、昨日ダメだった所はやっぱり今日もダメ…。
 変換 〜 おれ指導.jpg
 パッと見楽勝なんですが、細いラインに乗せないと次につながっていかない微妙な感じで皆様も結構引っかかり、安心します。
 変換 〜 おのー指導.jpg
 殆んど初トライアルのパンダ君はTY50で服部さんワンマン状態でひたすらマシン慣れから。
変換 〜 ぱんだ指導.jpg
 うちらはその間、服部さん作成のコース付きセクションをひたすらLAPします。
 Y浦さん
 変換 〜 吉浦坂.jpg
 会長
 変換 〜 こうの.jpg
 K松さん
 変換 〜 小松坂.jpg
 途中からコタ中さんも登場
 変換 〜 画像 013.jpg
 
そろそろ昼とスタート地点に戻るとスポドカさん&友も来場、午後は合流します。
 スポドカさん(写真悪でゴメン)
 変換 〜 古林.jpg
 スポドカ友人さん
 変換 〜 古友.jpg
 昼食に時間掛かり過ぎの問題が発生(明日はトースト)はありましたが、走りの内容は絶妙に最高!

 午後のコース走行後のセクションは「立ち木をくぐりながら右ターン、その後タイヤ1本分の幅の坂を登り、その先にある岩にフロントを載せてフローティングターンでアウト。
 右ターンはリアタイヤがある場所を通らないとその後の坂登りが直線にならず、タイヤ1本分の幅の原因となっている斜めに這った根っこで滑ってしまう。
 フローティングを避けるために岩の下を通ってもリアタイヤが根にかかる…うまくフロントが岩に乗っても、吹かしすぎるとリアが滑る…という難しさ。

 1回だけ全てがまとまり、鼻の穴を広げて聞いてみると「今のはマアマア」と言われましたァ!

 TY50でパンダ君21歳は完全に一皮むけ、オフ車人生のスタート決定!
 変換 〜 パンダ坂.jpg
 各々得るものがあった今日、さあ明日はどうなるか、多分面白いでしょう!(もうわかりきってる)
posted by ぼんずやま at 19:12| Comment(4) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

TLM240、間に合うか?

 今日部品を取りにMOTOCRAFTに行ったら、店の前に出てました(何年ぶり?)!
 TLM240R、チャームポイントはココ! フライホイールカバーに下駄をかましてデカイのを入れてるらしい。
PAP_0021.JPG
 今回の服部スクールに欠かせない服部さん開発マシン、&いにしえトライアラー代表の一人として駄々こねて強制参加要請してましたが、「えぇ〜っ?」とか「間に合わなかったら手ぶらね」とか言いながらも、忙しい中準備してくれてます。  エエ人やね〜!
 昨日の決定で「トライアル車以外(セローとか)もOK」との事だったので、今日アリババさんを訪ね「アタック系にも役立つかも、なのでヨロシクお願いします」と言ってきました。
 道内第1号(?)ランドネの方やヒゲ本田さん(ケガの為、見学ですが)などに上手く伝わればいいんですが。
posted by ぼんずやま at 21:42| Comment(3) | その他の車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

服部聖輝の走破力UPスクール

「BTDT」又は「QQSCトライアルinぼんず山featuring服部聖輝」(いずれも仮名)の詳細が決まりました。

 内容はタイトルの通りとなります、本日服部さん、河野さん(QQSC会長)とお会いして内容を詰めた所、「大会形式の中でスクール的な事をしても趣旨がぶれそう」「テープ規制&採点より、自然の地形の中にせいぜいマーカーを置く程度にして、体重移動や左右のバランスなどを学習する方がいいだろう」との結論に達しました。

 そして「トレール車でも走破できるラインも併設して、参加してもらっても面白いと思う」との事でした(そういうスクールもやっているそう)。

 よって、変更事項は以下の通り

 ・競技形式はナシ 
 ・トレール、ED車の参加を歓迎
 ・現代トライアルテクニックでは無く、悪路走破力を伝授

 結構服部さん、気合が入っていて「当時のウェア」を持ってきたそうです! 負けてはいられないので、急造の「世界挑戦時服部ヘルメット」で応戦します!
TS3Y0020.JPG
 TSCSしん様 金曜日PM2:30より、既存セクションともコースともつかない部分の選定&整備をやりますので、よろしくお願いします!

 トライアラーにはトライアル的な、林道アタッカー(予備軍含む)にはEDのWOODS的なコースを作っておきますので、幅広いジャンルのライダーが参加される事を期待します!

 場所はココ  
大きな地図で見る
posted by ぼんずやま at 22:36| Comment(4) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

ひぃ〜さん、デビュー!

 今日は先日壊れたTY175の引き取り&30日参加メンバーのTLM試走付き合いの為にぼんず山へ。

 山に着いてTYばらしをしていると、先日遊イングで会ったTYRひぃさんよりTEL。

 程なく3人が揃い、試走してもらいます。

 ひぃさんには大変気に入ってもらえた様で、雨が酷くなるまでバンバンでした!

 最後はハウス上の大岩に挑戦、クラッチで上げるので結構近づいて上げる感じなので見ててコワイ…私には無理!
TS3Y0020.JPG
 3時位で雨が本格的となり終了、ひぃさんとそのお仲間でEDもする様なので、今後はWoods練習にも使ってもらえそうでありました。
 
posted by ぼんずやま at 17:11| Comment(5) | 今は亡き、ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

HTDE−VMXを振り返る

ネット見てたら、yasupa忍人さんという方がフォト蔵に沢山写真をアップされていましたので、頂いてちょっと回想。

オネイサンの旗が振られてスタート、この時はまだ余裕、10m位アクセル一捻りで楽勝〜!って気分でしたが…。
102277939_v1319031636.jpg
この後下り気味の直線で転倒、そしてタイトコーナーではエンスト…焦ってアクセル開ければコースアウトの連続で、CL72にすら2度と追い付く事の無い一人旅となった訳です。
こける〜.jpg
でも一人旅の割にはナカナカ気合いの入ったコーナリングではないかと。
yz  turn.jpg
これもいい感じ
一人旅.jpg
あ、でもストレートはホッとした様な抜けた走り…。ツーリングか?
1人旅.jpg
やっぱりこれ位攻めないとダメですね
hujii.jpg
来年はRM125でリベンジじゃ!
posted by ぼんずやま at 22:36| Comment(4) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

ブレーキペダル無理矢理復活、でも無料

 先日の遊イング中に落っことしたリアブレーキペダル、本日復活致しました。
 WST竹内さんに頼めばパーツ有りそうな気もしましたが、そこは貧乏性のワタクシ、即バイク屋さんのゴミ箱探しを開始。
 DT50の残骸からペダルをGET、そのままで合うはずは無いので車体に合わせて切る場所と曲げる場所に適当に印をつけて、取り付け穴を見ると直径10mm…こんなデカい穴は我が家では開けられないので、今度はリンク先のOVERFLOWへGO!
 車体と離れた所で部品を加工するのは結構無謀でありますが、帰宅して付けてみるとこの通り!
TS3Y0020.jpg 
 これで再来週使えそう(Mさん、どうもネ〜)。 
posted by ぼんずやま at 21:00| Comment(4) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

遊イング第6戦はビンテージ色ムンムン

 今日は遊イングトライアル最終戦、8月9月と出れなかったので久し振りの大会ですが、朝晴れてたのに着いた辺りで雨がザ〜ザ〜…。

 しかし、メンツが良いので全く気になりません!
TS3Y0005.JPG
 常盤Wさんのバイアルス250を筆頭にY浦RS250T、日高でもお会いした釧路ナベスコさんもRS200Tで、と私のFANTIC240!
 もう1台RS200Tが来るはずだったのに、その方は間違えてカメラを持ってきたみたい…。
 ビンテージトライアルの様相を帯びて来たので、申し込み時に一緒のグループにまとめてもらって競技スタート。

ダブルIBワタナベがバイアルス250とRS200TでAラインを登る図
TS3Y0007.JPG
TS3Y0009.JPG 
 雨のせいか、なかなかクリーンが出ない展開、これなら勝負出来る?
 みんな3点が多そうなので、なるべく2点目の足付きで踏ん張って2点を増やせば勝機有りと頑張りますが、頑張り過ぎて5点になるとパ〜。
 途中からTYRひぃさんも加わってビンテージ度合いUPしながら続いて行きます。
TS3Y0012.JPG
 しかし、2LAP目にアクシデント発生! リアブレーキペダルを落としてしまいました〜!

 それでも残りセクションを見渡せば、あんまり急な下りは無いので、気づかなかった事にして続行、最後はプラグもかぶり出しましたが何とか終了!(その後ペダル捜索するも、沢に落としたのか見つからず…)

 順位はイマイチでしたが、ビンテージ内ではRSナベスコさんを筆頭にY浦さんまでの点差が約10点、その中にいたのでマァ良し。
 今日は沢をただただ真っ直ぐ行くセクションが2つ有り、その楽しい事楽しい事!
TS3Y0014.JPG
TS3Y0017.JPG
 8セクション全部沢だったらいいのに!
 思い切りリア荷重で水の中をアクセル開け気味で走り、障害物を越える時に一瞬リア荷重を抜いて即リア再荷重でさらにアクセルON!を繰り返しながら、一瞬の判断でラインを決めてアクセルON!(下見?何それ!)…面白ろ過ぎます!
Y浦様 変なのしか撮ってませんでした、スミマセン
TS3Y0019.JPG

 競技終了後はジンギスカンをつつきながらビンテージ談議、ちゃんとBTDTの告知もやったし、ひぃさんにぼんず山の案内も出来たし、リアブレーキ以外は良い大会でありました!
 という事を現在入院中で暇で暇でしょうがないDONちゃんに一番にお伝えいたします(見れないか)。
 
posted by ぼんずやま at 17:03| Comment(7) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

新着情報

 本日QQSCサイドよりメール、服部さん曰わく「最新のテクニックでは無く、不変の基本テクニック」を教えてくれるそうです!
逆に言えば、それが身に付いている人にはツマランかも知れませんね。(良かった!基本、適当にやってて)
 また、過去にトライアルジャーナルにて「スタンディングポジション(スタンディングスティルでは無く)でゆっくり走れるぐらいでスクールに参加するのがイイ」ともおっしゃられていますので、真に受けるのもアリかと…これは先日の「ぼんず山トライアル」にてハマリかけた人々が合致します。

 
posted by ぼんずやま at 00:57| Comment(0) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

BTDT(ぼんず山2日間トライアル)withQQSC(仮名)開催!!!

日時  10/29、30(土日連続開催)9時〜15時小雨決行

場所   ぼんず山

費用  1日3千円(カフェハリウスにてパスタ&ドリンクの昼食付き)
  両日参加の方は2日で5千円(両日とも昼食付き)

内容  QQSC本部ライダー服部聖輝氏、河野佳美氏、井上壯太郎氏(予定)と北海道支部長及び道内有志による、コンペの様なスクールの様なトライアル走行会

金曜に服部さんらと遊イングA、B級的なセクション(Aはセクション内をマーカーで規制、Bはどこを通ってもOK)を作り、幅広いレベルのライダーが参加出来る様にします。

5セクション3LAP〜8セクション2LAP予定、相互採点でそこそこで服部さんよりコーチングがあります。

土曜夜はイベントとは別に懇親会(飲み会)を琴似か小樽でやります(昔話を聴きます!)。

地方から参加の方や両日参加の方は「ぼんず山レストハウス」に宿泊可(水と寝具は各自、夜はコワイかも)。

定員は12名、現在日曜は4名決定済みです。

シリーズ戦になる可能性はゼロに近いので、この機会をお見逃し無く!!!

服部聖輝氏 1979〜1982にかけて日本人として初めてトライアル世界選手権に挑戦、2度の入賞を果たす。 SSDTでは16位(日本人の最高位)、TLR200でクラス優勝。帰国後は当時の全日本チャンプの山本昌也と数々の名勝負を繰り広げながらTLR、TLM、RS250TAなどの開発も行う
TS3Y0001.JPG
河野佳美氏 第1次トライアルブームのきっかけとなる「関東トライアル」にQQSCメンバーとして参加、72年チャンプの田中英生氏のマシン「DT1改」を製作する。 日本で初めてブルタコを諸井トレーディングより輸入、スペイン3日間トライアルへの出場経験有り。 現在QQSC会長。
posted by ぼんずやま at 20:48| Comment(12) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

樽前旧車会に手ぶらで

 9/25ぼんず山トライアル、10/2HTDEに続き、本日はHーVMX会長のイベント「樽前旧車会」が新十津川で行われるとの事。
 来週は遊イングトライアルなので、ゆっくりしたい…。

 何十台も旧車が集まるらしいので、たまに手ぶらも良かろうと軽自動車で行く事に。
 軽乗用にも積めるバイク、そう言えば有ったわとイタルジェットを3年振りに引っ張り出してみると、キック降りず「いたらんジェット」に…動いた状態で放置したはずなのにぃ。
 誰もが認める名車なら不動で持参もいいんでしょうが、予定通り手ぶらで行く事にいたします。

 11時頃に新十津川ナントカ公園に着くと、既に大方が集合されておりました。
 ザッと言うと、CB750、450、350にGT750、550にWがメインで、その間にDS6やTX650など。 久し振りに会う方も多く、挨拶したりしなかったり(しろよ!)。
 中でも本当に久し振りだったのがこの人「羽幌のマニア改め羽幌の仙人」!
TS3Y0004.JPG
 風貌も乗って来たバイクも遂に仙人の域に突入
C92の極初期の型との事で、カムの外側にデスビが着いてました!
TS3Y0003.JPG 
 2気筒にデスビ、ゴージャス!
 
 最近御一緒する事の多いktさんは「SP370」、隣はバイソンで一度ぼんず山に来られた方の秘蔵?の1台「ウルフ」
TS3Y0006.JPG
キックを踏むとナカナカの足応え、ノッキングぎりぎり領域から立ち上がってみたい! 

 んで、最後は会長のコレ「アリエル」。

TS3Y0005.JPG うーん、どう捉えたら良いのか難しい… トライアルのベース…違うか!
 こういうのを動く様にしてズドドド〜ンと走る…そういうライフを送る境地にはまだ至ってませんねぇ。
 最近バイクを見る目が「これはトライアルに化けられるか」みたいな感じなので、数あるビカモン名車に囲まれた中で目に付いたのは、アリエル、CL90、ボブキャット、SP、XL125なのでありました (変態ダネ)

 
posted by ぼんずやま at 18:49| Comment(8) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

やっと携帯を換えました

 携帯カメラが白っ茶けて写るし、ソフトバンクは山では圏外が多くて仕事サボって山入りするとバレちゃうので、何とかしなければと思いつつ数ヶ月経過。

 やっと換えました、カメラの写りは…?
TS3Y0002.JPG
 あ〜、もっと早く「HTDE」「ぼんず山トライアル」の前にやっとくべきでしたと言いたい所
ですが、大した変らんような気も。

 本日他にやったのは、始動性激悪のTYRのキャブ清掃、ちゃんとなりました。
 TY175は…なんかキック時にカランカラン変な音が…先日ミッションオイル燃えたのでそっち側のシール類を頼んではいますが、なんかヤバいかも…。

 熊が怖いのでソコソコにしときます、明日は手ぶらで「樽前旧車会」見に行くか
posted by ぼんずやま at 17:23| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

VMXinHTDE レースの模様

 VMXinHTDEの当日の模様です。
変換 〜 vmx HTDE.jpg
 ズタズタボロボロの走りの中から、無理矢理まともな瞬間を切り取ってくれたktさんに感謝!
 
 試走を2〜3周してわかったのは「YZ250ではヤバい」という事。

 先ず直線が無い…直線番長の私&YZのコンビ、コーナーは亀で直線満開で抜くというシナリオは不成立決定。

 泥々の180度折り返しターンが多い…1速で回っても圧縮落ちてるマイYZはエンスト領域の回転数となります。

 すったもんだぶぅぶぅやってると結構な観客が、同時に雨もパラパラと。

 同行してくれたmomotaさん、ktさんのカメラが心配だし、多数の観客に醜態をさらすのがイヤなので早く走らしてくれぇと焦りつつも、スタート時には一つ問題がある為、ちょっと考えます。

 マイYZ、圧縮落ちの為に下がスカスカです、スタートは半クラ長目かある程度回してクラッチポン。

 クラッチポンだと間違ってグリップしたら竿立ちになり、この観客を前にバック転かバイクだけサヨナラ〜になりますので半クラ長目を選択、オネイサンの旗が美しい指(見えませんが)を離れてヨオイドン!
 ちょっと遅れてケツの方から1コーナーに進入、試走時に比べて皆さんのペースが速い感じでビビりましたが、まあこの先皆さん色々あるはずなので追い付くべぇと思って走ってると、一番先に転んでしまいました(しかもストレートで)。
 そしてその後色々あったのは皆様では無く私の身にだったんでした…。

 気を取り直して走るものの、コーナーの進入から出口まで気が抜けず、ちょっと変に開けるとドコ行くの〜って感じです。

 それでもやっとCL72が見えて来たので(転倒時に抜かれた訳で加速で抜かれた訳ではナイ!一緒か…)、「追撃じゃあ」とアクセル開けるとテープ外へ直行〜!
 なるべく泥の中より草の上を走ればスピードは乗るものの、そうすると轍だらけのコーナーに入れない…藤井アドバイス「轍に入らず横から切る」は、いざ差し掛かって轍を見ると何か起きそうで、つい轍へ…その中ではハンドルで曲がらざるを得ず(轍とバンクは違う)ハンドル切ったままパワーバンドに入れたら地獄行き〜、を繰り返しながらの走行。
 よってその後も転倒、エンストを繰り返し、いつラップされるかに怯えつつヨロヨロ(三千三十じゃない)走ってると、こんな私にも声援が?
htde  泥.jpg
 遂に後ろに付かれたか、2周でラップ遅れ?カッコワリィ〜!と思ったら、どうも私を激励してるみたい。
 多分「もう少しで終わるから頑張って」的なレースとは思えない意味合いの応援なんですが、それでもコースの奥の方で声かけされると嬉しいモンで、最後の方は意識朦朧でおぼろ気にしか聞こえませんでしたが、それらの声に押されてフラフラとゴール!

 終わってからも色々な方々から「お疲れ」とか「来年はオレも」など声をかけて頂けまして、同行の二人も「一番ウケてたよ」と慰めてくれました。

 来年はどうするか、「泥地は高いギアでスルスル」も、ISDE藤井アドバイスの「轍を切って走る」もYZでは出来る気がしないので、RM125?イヤ、トライアルの方が良いかも…です。

 来年以降はレベルが上がりそうなのが気になります…良かった!今年出といて(最下位なら一緒か)。

 文面長いですが、まあ、面白かった証拠と言えますね、最後に今回のイベントを企画運営された皆様、前日からレースまで声をかけて頂けました皆様、同行して撮影応援してくれたkt、momota様に御礼を申し上げます、ドォモ〜!


 
posted by ぼんずやま at 22:00| Comment(10) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

寒い寒い寒い寒い……HTDE

 前日の夜から日高入りし、クソ寒い野外でmomota氏と宴会、途中でISDE藤井さん、コスモズ千田さん&元ヤマハのナントカさんを交えてあ〜だこ〜だ話しましたが、寒さは増す一方…。
 momotaさんの氷入りマグカップの外の結露が凍ってるのを見て「も〜ダメ」でお開き。
 その際に残ってたコークハイをグビグビ飲んだのがまずかった…寝ても寒さと悪酔いで体が震え続け、歯はガチガチうるさいし、体がブルブル震えて余計酔いが回り…。

 なんとか翌日を迎えて見れば、雨、雨、雨。止んだかと思えば降り、降ったかと思えばもっと降り。
 そんな中、2日目のHTDEはスタート、VMX勢は中止を期待しつつ観戦&徘徊
edスタート.jpg 
 でも、ブラブラしてたら色んな人と会いました(ヒゲ本田さん、ナベスコさん、トーゴーさんetc)。
rs200t.jpg
 ナベスコさんはビカモンのRS200Tを展示、再来週の遊イングにもコレで来てモンでくれるそうです!
YZ BMW.jpg 
 また、雨の中YZを降ろしたりしていても「昔乗ってた」と色んな人から声がかかり、普段はヤレ汚いボロい圧縮無いとボロカスなYZ、今日は称賛の嵐!

 なんて事をやってるとVMXのスタート時刻が迫ってきて、予定通り行うとの事…ヤケクソ状態でクロステスト会場へ。
2011100211370000.jpg
 なんと、雨が止みました、晴れ間まで!
YZ試走.jpg
 早くやるべぇ!と勇んで試走してみれば…昨日〜今日の雨と昨日の走行者、のべ200人により、凄い事になっていました。

 どんどん観客も集まって来て、よおいドン!
 
 悲惨な2周の状況は後日。 
posted by ぼんずやま at 19:35| Comment(2) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする