2011年11月27日

F21M、やっと一歩

 色々やろうとハウスへ行きましたが、ネズミとの格闘で殆ど時間を費やしてしまいました。

 あまり気が進みませんが食べたら死んじゃう餌、置きました。

 開けてみたらドピンク色のペレット…こんなの食うのか?

 今日の唯一の成果、ネズミの通る穴を塞いで効果を確認している間、F21Mの固着キャブにクリーナーをかけて放置&チョークの棒を引っ張る事を繰返すと(こじり禁止)
TS3Y0024.JPG 
 ピストンが抜けました きたねぇエンジンなのでどこが何なのか今一わかりずらいです。

 これで一歩前進! 何歩中の一歩かは不明…多分1000歩はあるでしょうねぇ。
posted by ぼんずやま at 19:52| Comment(9) | F21M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

もう解けんでしょう

 ここ数日の雪で完全クローズ状態のぼんず山でございます。
TS3Y0035.JPG
 まあ、走って走れない事も有りませんが、そこまで頑張っても何も良いことはありません。

 最近は去年は気配だけで姿は現さなかったネズミが出没していて、こっちのネズミをホウキで追い払うと今度はあっちに、みたいな漫画的な事をやってます。

 窓を開けて外に出そうと色々やるんですが、ネズミも外はイヤな様で中々出ていかず…それでも遂に一匹、外に追い出し成功いたしました!

 どうせ軒下にでも入って、またドッカから入って来るんですが…ヘビ、餌行ったから起きろ!

 本日トイレの床と壁がかなり綺麗になり、照明も付きました。
TS3Y0036.JPG
 これで外の雪が黄色くならなくて済みますネ、水無いので手は洗えませんが、1回つまんだ位でそんなに汚れるもんでも無いでしょう。

 習慣に捕らわれず、現実を合理的に考えるワタシです  
posted by ぼんずやま at 20:07| Comment(6) | 今は亡き、ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

普通落ちるか、こんなモン(しかも気付かず走る)

 先日発見されたFANTIC240のブレーキペダルを取りに平和へ。
変換 〜 middle_1320783182.jpg
 回転する訳でも無くロッドも通ってるのに落ちるか?

 着いてみるとH田さんが怪しい作業中、聞けば毎年恒例の冬支度?事務所下の空き地をシートでくるんで冬用練習場を作っているとの事。

 N野さんがまだ来ないと言うので、服部スクールの出面返しに少しお手伝いを。

 外から見るとこんな感じでかなり怪しい仕上がり 
TS3Y0032.JPG
 70年代に山中にこんなのあって中でエンジン音などしたら、絶対踏み込まれます。

 中は、どこから見てもトライアル練習場?
TS3Y0033.JPG
 以上、トライアル虎の穴から中継でした。

 その内「冬だけ会員になりたいのですが…」という者が訪れる事でしょう  
posted by ぼんずやま at 13:20| Comment(6) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

RMと21Mを取替えに行くと、そこには…

 今日は10月の遊イングトライアルで競技中に落としたファンティク240のブレーキペダルが発見されて保管されているとの事なので取りに行く予定でしたが、昨日の冬支度の流れでぼんず山レストハウス保管中のRM80×2台を下界に降ろしてしまったのでHVMX会長の所へ。

 預けてたF21Mエンジンも引き上げないとなりませんし。

 エンジンを預けたのはいつだったか?その後、山や樽前旧車会では会っているものの会社へ行くのは久しぶり、「仕事忙しそうだし、大した事もやってないべ」と中に進むと

 これは…初期型ハスラーの…1型だそうです、フレームがぶっとく重いらしい(2型と並べないとわからない)。
 TS3Y0030.JPG
 ビカモンでありました、タンクは好みで黄色にしたそうで、もう1個あってそちらは純正色にしたいけどキャンディグリーンは素人には無理だそうです(誰かいい方法教えてやって)。

 VMXの明日etcの話などして、2年分の薪をもらって帰ってきました        終わり 
posted by ぼんずやま at 17:40| Comment(2) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

来週降る?でも1回解ける?

 そろそろ冬支度やらんと、来週は降るという噂なので。

 今日は2号機TY175を運んで、倉庫の床と天井を直して鍵を付けて、外に放置の4台と一緒に収容、と結構忙しい。

 しかも4時に豊平で仕事だし、1年預かりっ放しのRM80も下界に降ろさなならんし。

 で、こんな事してる暇は無いんですが
PAP_0000.JPG
 やっぱり来たら乗らんと何の為に借りてんのかわからんし。

 QQSCの看板を立てたからには
TS3Y0029.JPG
 トライアルクラブらしい雰囲気を漂わせないとダメでしょう、って誰に対して?

 なんてゴソゴソやってたらSRX250でスタンディングしながら入って来た者が…。

 誰かと思ったら、先日のスクールでアバラにひびを入れたクドウちゃんでした。

 曰わく「今年中にハウス横の坂を登りたい」だって!

 もう雪がふるし、アバラくっつくのにひと月は掛かるので今年は無理だろうけど、もうトライアルなんか二度とやらんと言われなくてホッ!

 その意欲には出来る限り向き合わせて頂きます!
 
posted by ぼんずやま at 19:14| Comment(4) | 今は亡き、ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

いいですねぇ、今月の表紙

 いつだったかKT250が表紙になった時に一度ブログネタにした事がありましたが、今回のはアレを大きく越える出来栄えです。

 往年のチャンピオン、近藤博志さんとエイリアン!
 TS3Y0037.JPG
  マシンも服装も当時のまんま、笑顔も? 1978〜80当時は北海道ではまだ全日本が無く、近藤さん達の様子は雑誌で見るだけのモノで、雑誌での近藤さんは結構鬼気迫る表情(ライディング中だから当たり前)が多く「おっかなそうな人だなぁ」と眺めていました。

 でも2006のイーハ出場時に前夜祭で彼を発見して、「チャンピオン!一緒に写真お願いします」と声をかけたら「いやいや、わしなんかとてもとても」と言いながら一緒に写ってくれた顔は正にこのお顔でした。

 その後も関西出身のトラ好き友人(momotaさんですが)に「近藤さんて昔どんな人やったん?」と聞けば、「いつもニコニコしとったわぁ」との答えだったので、完全に私は誤解していた訳です。

 今後の自然山通信には、S・Oの記事「ビンテージトライアラーを訪ねる(題名忘れた)」に対抗して「表紙シリーズ 往年のTOPライダー」をやって欲しいものです!
posted by ぼんずやま at 21:32| Comment(6) | ホンダRS TL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

聖地完成、そして巷で話題のアレも…?

 今日も盛り沢山です

 先ずは先日5年ぶりに里帰りした2台目のTY175、スクールには間に合いませんでしたが使える様になりました。
 TS3Y0033.JPG
 2002年にトラカブで再デビュー後、ガンガン練習出来るバイクが欲しくなってKX80(3万)を買うものの走る場所が無く、この175と換えてもらって五輪橋下で練習、フロント50cm上がって堤防の斜面で8の字が出来たので「よ〜し来年は大会出たろ」が全ての始まり!
 
 山ではテープ回収が終了、やっぱり無い方が山らしくていいですね、アレは。

 でも、テープが有った方が侵入者が来づらくていいんだよな〜、なんて思ってたらいきなり侵入者の跡が…。

 実のなった梨の木が有ったんですが、今日見たらバッタリ倒れてます、強風なんて吹いてたっけ?
近づいて見ると実が一つもありません。
 TS3Y0034.JPG
 実の付いてたと思われる枝の折れ目には黒い毛が…。
 TS3Y0036.JPG 
 話題の彼がここにも…恐いのでサッサとやる事をやる事に。

 先ず家の前に看板(表札?)今回のイベントで名実共にQQSCとなれましたので、デデ〜ンと旗揚げします! QQSCの会員施設にしましょう。
 TS3Y0037.JPG
 
 そして先日のスクールで服部さんが作られた、ほんの十数mの長さにかなりの「トライアルとは?」が含まれたセクション、ここを永久保存して名前を付ける事にしました(普段は名前とかは「何もそこまでせんでも」って感じですが)。

 その名は「キヨズ・セクション」その昔トライアルジャーナルという雑誌で服部さんが連載していたコラム名です(雑誌全体の方向に問題提起する内容が多く、スリリングで好きでした)。

 このセクションを北海道のビンテージトライアルの聖地と致します!

 という訳でココにも看板を
 TS3Y0038.JPG
 
 セクション説明しますと、右手に写る木をくぐり気味に左ターン、この先は2通り @タイトに曲がって岩の左横をかすめる A少し大回りで岩場を通る 
 TS3Y0039.JPG
 @の場合、なるべくターンを早く終わらせてストレートに根っこ場を登らねばなりません(ターンが長引かして弧を描きながら登ると、根ノ上にタイヤが傾いた状態で乗って滑る)。
 Aは岩場に乗った後に素早く右に進路を取りますが、その時に通る平らな岩が滑る。
 TS3Y0040.JPG
 ここからは敢えて難しく走るお約束ライン「根と右斜面の間を通る事」「斜めに寝た岩に前輪を上げ(下が欠けてるので浮かさずに載せに行くとたまに引っかかる)、フローティングターンで着地する事」となっています。
 TS3Y0041.JPG

 ここを100%クリーンできたら「ぼんず山A級」か?
posted by ぼんずやま at 16:05| Comment(4) | 今は亡き、ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

服部スクール2日目後半画像

QQSC副支部長より二日目後半の画像が届きました! 個人のも数枚ありますが、今まであまりUPしてない「いかにもスクール」的なのを載せてみますネ。

私的には「往年の服部さんらしい」走り 後ろでガン見してるのは…
変換 〜 DSCF1299.jpg

キヨズ・セクションにて走り方をレクチャー中「後ろの二人、ちゃんと聞け!」
変換 〜 DSCF1309.jpg

まず先生から 右タイトターン後に越える石原、開けすぎると次のラインに行けません
左後ろで余裕で聞いてる人は当然、ゼンゼン行けてませんでした
変換 〜 DSCF1312.jpg

石原越えてすぐに右に寄り、根っこをかわしながらフローティングターンのラインへ進む
平らに寝た滑る岩をどうかわすかがPOINT
変換 〜 DSCF1314.jpg

肝心のこの先の画像はありませんでした(byウチの嫁) 続きを見たい人は現場へどうぞ

見ててスゴかったのは、最初から服部さんも行ける訳ではなかったんですが、数回TRYしてクリーンまで持っていくのに「停滞や後退が無い」事。

最後にオマケ オレのブログじゃ、文句あっか!
変換 〜 DSCF1306.jpg
滑る平岩の上で1回止まっちゃってるのは、とりあえずココを捨てても次の「根っこの横の細い所を登って、岩にフロント載せてフローティングターン(ゆっくり微かに上げるヤツ)」を成功させたい。

言わば「作戦」っていうヤツです。  あ〜面白かったなぁ。
posted by ぼんずやま at 19:33| Comment(3) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

後片付け

 今日はスクールの片付け&冬支度の為にぼんず山へ。

 置きっぱなしのマーカー、張りっぱなしのテープなどを片付けます(テープなんか昔だと平和のクラブも「ゴミになるから早く持ってけぇ」でしたが、最近は再使用してるのでこちらも再使用せねばなりません。

 捻れを取りながらなのでサッパリ進まず、半分で終了。

 疲れ果ててふと地面を見ると、無数のTRタイヤの跡、トライアルランドみたい。
 TS3Y0032.JPG
 祭の後(跡?)って感じですが、天気良いせいか寂寥感はさほどです。

 夏にやって来て、とりあえずエンジンかかる様にして使ってきたTYR、TLMも瀕死の状態(TY175は復活済み)なので、一度キャブとエアクリをキチンとしなければならないんですが今日はパス。


 続きは今度  
posted by ぼんずやま at 17:18| Comment(8) | 今は亡き、ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする