2013年07月25日

バイクもいいが釣りもまた良し

 7/20〜7/23まで休みを取ってヨメ実家〜然別湖キャンプをして来ました。

 休めば休む程、仕事辞めたくなるなぁ。

 ヨメ実家滞在中は遠軽にトライアルやりに行くのが恒例だったんですが、8/17に田中英生さんと溝口さんとQQSC釣り大会が今年も決まったので釣りの練習としました。

 今回の記事に釣果の画像はありません、理由は「サイズ40cm以下の写真は撮らん」と決めたから。

 2〜3枚は撮る予定だったんですが…要するに釣れなかった訳…。

 でも、数は凄かった!特に糠平〜然別界隈は(禁漁の所はやってませんヨ)。

 サイズは20cm以下でドモなりませんでしたが、1回フライを振ると回収までに3回ヒット、敢えて合わせずに一番大きそうな時だけ合わせて…の繰り返しで、1時間で30匹とか。

 ヨメ実家の川は、ここ10年で土砂で埋まった為にそこまで魚影濃くないですが、一世を風靡したニジマスの川、こちらはこちらでそれなりに。

 朝飯食って町中の川で餌釣りの隣りでドライで20cmを1匹釣ってスタート。
 その後初めて40オーバーを十数年前に釣った場所へ行き、真っ昼間のライズ狙いで30cm手前をバシッと合わせます。
 戻る途中に4個セットで300円のケバいウェットに替えて瀬を流すと「ゴン」という感触が。
 竿を立てると先がグワングワン揺れて…30オーバーのニジマス!

 だんだんデカくはなってるが、写真撮るにはマダマダ、で戻って昼飯。

 2時頃に町内上流に掛かる橋の下へ

 瀬が開き切って鏡の様になった所でライズが少し

 「ここはラインで水面叩かさるから出ないよなぁ」と、しばし見学。

 実は毛針を買うのを忘れて(自作もとっくにヤメ)、ドライ用は竿に付いてた1個だけ。

 でボケーッとしてると他の釣り人が数人来て、ど〜ぞど〜ぞと目の前でルアー投げてもらいますが釣れません。

 理由は「今日は毛針の日」だから 余裕です。

 小物ライズを無視し続けて1時間、イイ感じのがハネたので戦闘開始、何発目かで「ガバッ」と来ましたが合わせ失敗…フライは木に引っかかって、THE END。

 ルアーマンの目の前だけにカッコ悪い事この上なし、ここでヤメては「やっぱりフライは釣れないな」と思われるに決まっててシャクなので、300円セット中の一番軽そうなウェットで再びライズ待ち。

 1回も使ってないから最初は浮くはず。

 数分後またライズ、さっきのヤツかどうかは不明、でもデカそう!

 どうやら対岸の岸盤に隠れてる感じなので、ライズ場所と岸盤の間、ちょっと岸盤よりにフライを落とすと…

 底からグワ〜ッと突進する影が!

 ヨシ!と身構えると、一瞬引き返され…ガックリ する間も無く再びフライへ突進して来て「ガバッ」!

こんだけ見えてれば失敗のしようも無く、めでたくフィッシュオン!

 フライの面目を守ったぞぉ、サイズは三十…八位? ちょっとサバ読み気味か?

 写真は…やめとこう、で魚体に触れずに即リリース。

 あ〜面白かった!
posted by ぼんずやま at 22:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

F21M 総括

前々から話には出ていたもののなかなか実行に移れず、2011年に何かの拍子で旧タイプ2ストさんの倉庫から四十数年振りに引きずり出したF21M。
2011070914190000.jpg
スタートの状態は…エンジン腰下固着、コンロッド不動で一次圧縮室錆だらけ…ピストンリングも錆びて固着(スペア有り!)、シリンダはまとも、ヘッドもOK。
TS3Y0039.jpg
車体は…フレーム+車輪錆だらけ、タンク綺麗(!)、サスご臨終、シート中身のみで虫の息。

他の小物はまとめて箱の中、欠品不明…って 感じで、何とかなるのかコレ?状態からのスタート。

見る人見る人に「うわぁ…」とか「どうすんの、これ」とか「これ何とかなったら尊敬するわ」とか言われつつ、しばし放置。

秋あたりからボチボチ手を着け始め、フレーム塗ったりするも、実はクランク割った事無し…。
PAP_0057.JPG
初ケース割りがロータリーディスクかよぉ、とビビりながらキャブカバーを取ってキャブを外し、お〜中に有ると綺麗だねぇ〜と動かしてみればピストン固着…。

その他のネジは一つも緩まずHVMX会長に泣きつくと、緩めてやるが場所が汚れるからサッサと持って帰れ、と言われ。

明けて2012年、ちょうどその頃仕事を辞めてインドア生活を余儀無くされた為、走行に支障が無い程度に各部の磨きを開始。

フロントフォークOHしたら費用的に後戻り出来んようになってしまうので、流用で安価に済ませられんものかと物色して、駄目元でシルクロード用を合わしてみると何と自由長もステムシャフト長もピッタリ!
TS3Y0095.jpg
遂にエンジン以外やる事が無くなり、ならばと5月頃にシールやベアリングの大方が部品出る事を確認してケース割り。
PAP_0043.JPG
秘密基地OVERFLOWにて、セパレーターという工具を借り、助言付き作業無しで何千円かで作業開始。

割ってみると、ザリザリ〜と言う音と共におどろおどろしい状態のクランクが出現…ミッションはピカピカ!。
PAP_0042.JPG
ビッグエンドにガタあれば即刻中止宣言するとこでしたが、引っ張ってもガタはゼロ

ならばとガソリンとグリスをビッグエンドに塗りまくって錆がベアリングに入らん様にして、ひたすらウェブ磨き。

いい感じの所で油脂を落とし、クランク回してみると無音にて回転!

ここら辺りで何となくイケそうな気配が漂って…はまだまだ来ません。

ケース側も清掃して、各ベアリング打ち替え中にケースに付けてたミッション周りが外れたり…内側からベアリングを止めるストッパーがヤバい状態だったり(そのまま使っちゃった)。

何となくそれらしく戻して再び秘密基地OVERFLOWにてケース合体。
PAP_0066.JPG
ボトムニュートラルがわからなくてミッションギアを数えながら不安になったり、キックスプリングを緩く掛けてしまって戻りがフニャ〜となってやり直したりしながら何とか合体。

ミッションチェックはチェンジペダル欠品の為に出来ず 「入るかなぁ?」って聞いたら、「入らんでしょ」だって。

面倒見の良い意地悪な兄ちゃんです。

すぐにミッションオイルを入れる気にはなれず、密閉を確かめずに次の作業へ。

レコード盤状態のロータリーディスクを交換、ケース側もレコード盤状態ですが、こっちは交換出来ないので凸部を削るのみ。

新品のディスクはF4用でタイミングが全然違う為、ディスクを切って同形にしして装着。回してみると「ザラザラ〜」と凄い音…。

ダメだコリャ〜と思いましたが、キャブを付けてピストン閉じてると聞こえないので、そういうモンだと思う事に。

一応腰下は出来た事になるので次は腰上、シリンダ上部に段無しなのでボーリングは不要、スタンダードの新品ピストン入れたら隙間が無いのでソレを使う事にしたのは良いが、リングが無い…社外はオーバーサイズが多いので、少し苦労してようやくスタンダード用リングをトップセカンドとも見つけ、到着後に2本を比べると形は見た目一緒。 リングに刻印無く上下がワカラン…。

どうやって組んでもいいんだろうと適当に入れてシリンダを落とすと…入らない!
ビビりながら何度かリングの上下を変えたり裏表を変えたりしてると、ある時ストンと入ってしまった…入ったんだから正解なんだろうと判断。
PAP_0070.JPG
でもクランク回すと結構な擦れ音がサッサッと…「まあ、浮いてる訳じゃ無いから音もするだろ」、ヘッドかぶせたら聞こえなくなるので、これもそういうモンだと思う事に。

エンジンが出来上がり、フレームに乗りました。

まだオイル入れてません…ドバ〜と漏れて、ハイやり直し〜が怖いから。

一体整形のマフラー、これがまた入らない!
TS3Y0160.jpg
半日かかって、ヘッドを外してマフラーを入れてまたヘッドを戻す方法を発見してクリア。

残るは点火系、線が何本も出てて、アース線が有るのかどうかも不明…明けて2013年、グズグズしてたらHVMX会長が現れ、とりあえず何か繋いでみぃ!とアースをせずに黒線をコイルに繋いでキックすると、バチバチ〜と来ました!

となれば後はエンジンかけるしかない!

ここでようやくミッションオイル注入〜、奇跡的に漏れ無し!
TS3Y0390.jpg
7月のオフパラに間に合わすべく6月2日、外に引っ張り出してキック数発、爆音が炸裂!

喜んで皆に電話で音を聴かせたりしてると「カチカチカチ〜」と気になる音が混じってるのを発見して即停止。

その3時間後にずっと寝たきりだった父親が亡くなって、再び手をつけたのが6月末。

エンジンマウントの欠けを修正したりブレーキ効くようにしたり、会長から無償貸与品のキャブバンジョーボルトやOVERFLOWから貰ったNSR250用コックをつけたりして急ピッチで再始動へ…あ、まだカチカチ音の原因がわからん…空キックでは異常無し、何だべなぁとヘッドに手をかけると、ん?動いた?

何と、マフラーつけた時に手締めのまんまでした…それでよく掛かるよな〜!

ガッチリ締めて、外でキック、一発で轟音始動、パチパチ!

シフトペダル無いと発進出来んな〜と、色々合わすもどれも合わず。 荒技行使、アルミのレバーを叩き込みました。

さて、試走とキック、さっぱり掛からず…火が飛んでない…ここで力尽き、オフパラ前日に会長の所へ押しかけ、泣きつき作戦を思い付きます。

んで、7月7日の記事に続く訳です。
変換 〜 c0209024_22435428.jpg
まあそれにしても、良くモノになったもんです。

その後、フェンダー調整とゼッケン取り付けをやりました。
TS3Y0434.jpg
足のベッタリつくモトクロッサーってイイもんだなぁ。

HVMX会長と秘密基地OVERFLOWに感謝感謝!
posted by ぼんずやま at 21:59| Comment(7) | F21M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

オフパラは暑(熱)かった そして眠かった

 久しぶりの更新ネタは「北海道スクランブルミーティング」またの名を「VMXinオフパラ」(?)

 F21Mを間に合わせるべく、少ない休みでゴチャゴチャやってましたが、水曜日に突然火花が飛ばなくなり呆然…。

 土曜夜からHVMX会長の所へ押しかけて、ポイント磨いたりコード取り回しを見直したりしてると、いつの間にか復活(理由は謎…またなる?)。

 飛んでしまえばエンジンは絶好調確認済み! 爆音を披露(まだギヤは入るかは未確認)。
会長21m.jpg

 しかし、大した事ないと適当にやってたブレーキの引きずりや各部の固定などドッサリやる事があり、終わったのはPM11時…。

 しかも一度風呂入りに帰った会長が12時頃に再び現れ、ビール飲みながら会長マシンの準備やったり、考えてみたらまだ走らせてないゾと気付いて、族も黙る深夜の爆音試走をやったりで寝たのはAM3時頃…。
会長マシン.jpg

 朝はktさんに7時30分に叩き起こされ、意識朦朧でオフパラへ。
コース.jpg

 本日デビューの一台、ブリヂストン!
bs.jpg

 網走からも前回に続いて根性の参加
網走.jpg

 カズヤ君はハスラー好きなんだな
ハスラー.jpg
 4ストスクランブラーさんも行きます
4すく.jpg

 21MもY浦さんに見せたい位絶好調、
21m.jpg
 結局一日中好調を維持、世界中の現存実動21Mの中で一番外観はボロですが。
21mバトル.jpg

 今回生まれて初めてMXパンツを履いたktさんを見ましたが写真が無い…スミマセン、でもバイアルスでかなり根を詰めて走っていました。
全員.jpg
 コケるまで走り込んで限界を迎えて終了〜明日が怖い、いや、明後日も…その次の日も…。

 それにしても、自分で組んだエンジンが調子があんなに良いとは…不思議だ。

 次回は30分耐久か?
posted by ぼんずやま at 21:14| Comment(6) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする