2016年03月30日

ほぼ完成

リアサスとタイヤの隙間、左サスをちょっと削って装着 クリアランスは1mm…。
TS3Y1223.jpg

ミニクロホイールで14インチ化、ホイールにG1のドラムパネルがスポッと入ったのでシメシメとシャフト締めたら…タイヤが回らん。

ミニクロスプロケが何丁か多いせいでチェーンが何コマか足りなくなり、4ススさんに「雑品から420を5コマ、ジョイント付きでオクレ」と電話したら「チェーン位、新品買え」だって
TS3Y1225.jpg

雑品友の会、会長にあるまじき発言だ!

そして最終兵器
TS3Y1224.jpg

G1に比べてG1Mのヘッドフィンは倍位長い…これで同等でしょう、旧タイプ2ストK90のパクリですが

洗濯バサミはチューニングマシンにこそ相応しいと思うヨ
posted by ぼんずやま at 18:02| Comment(6) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ゴールが見えて来た

今日は何故かヤル気に満ち満ちている?

理由は昨日旧タイプ2ストさんからゲットした古タイヤのせいか?

先ず朝に長沼で白鳥を眺め
TS3Y1218.jpg

帰るとバイクを積んで現場へ

こないだの保安パトロール中、2番目に偉い保安統括者代理から「こんなに荒れてたらバイクがいいね」と言われたのを真に受けたフリをして、なし崩し的に現場でバイク使ってしまえ!というノリ

私の愛人とバイアルス250のツーショット
TS3Y1220.jpg

一部乾いて来てるけど、まだ少し早い…あっという間に泥だらけ

そして家に戻ってG1いじり

こないだ現場で溶接してもらったステップ
TS3Y1222.jpg

問題のタイヤは…やっぱり当たる
TS3Y1219.jpg

え〜い、組んでしまえ

こんな感じに
TS3Y1221.jpg

クラシック感が減ったかも…スプロケ枚数増えた為、チェーンも足らん。

さて、当たってるサスをどうするか?

リアサスを外に出すには何通りか有り
@スイングアーム側の付け口がプレートで、現在内側に付けてるのを外側に変更

Aプレート内側削ってそのまま付ける

Bリアサスの下部のリングを削る

Cタイヤを削る

んーん、ほんの5mmだから一番金がかからずに復旧可能なCでないかい?

ここまでやって、エンジンかからんかったら…こないだはかかったけど…あり得る…怖い。
posted by ぼんずやま at 19:18| Comment(8) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

復活?

3連休中にやってる事

@G1関係
連休前に溶接してもらったフライホイールを取り付けて、デカいキャブのままニードルで薄くして始動(会長にフライホイールネジ止めしてもらったが、始動の繰り返しでネジ全部飛んだ…)

結果→成功、苫小牧では濃過ぎでブボブボだったがエンジンちゃんと回ってマス!
TS3Y1215.jpg

問題は「何故かかったのか?何故こないだはかからんかったのか?」

                  答え「わからん」

栗山だとかかり、苫小牧だとかからん?それでは困る、栗山から出れなくなる…。
ニードル一番薄くしたから?でもチューニング方向は多分「混合気量をデカいキャブとディスク開時間を長くしてガバガバ送り、ギューッと圧縮してドカンと爆発した後にサッサと排気」だから、入っていく量を変えずに混合気の混合割合を薄くしてもどうなのか?
たまたま合計が合ったという事か?
始動時チョーク引く時間が短い感じなので、まだ濃いのかも…夏ヤバそう。

切るスイッチも、たまたま残ってたホーンボタンで作りました、頭いいねオレ!

あとゴムステップから鉄に変更も少し

Aユンボ関係
作動油ゲージ(タンク横に上下2つのバンジョーボルトで止めてあり、下ボルトを通った油が油面を表示するタイプ)、白濁して見えないので磨くか裏返しに付け直そうと外したら、ボルト穴から油が出てこない…=油面が下限切ってる…。

慌てて会社にあったペール缶を補充(殆ど全部入った)

結果→油圧強くなって?超信地旋回も出来る様に!
燃料漏れ系まではたどり着けず…ちょっとややこしいので、寒さを堪えなくて良くなってからにしよう。
posted by ぼんずやま at 20:50| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

練習

雪解けで現場が秋同様に泥だらけ、麻雀?バイクいじり?ユンボいじり?タイム さあ、どれにするかはワタシ次第!

バイクはG1がちょっと大変な事になってるので置いといて

麻雀もメンツいるので置いといて

ユンボ練習 お題は「鉄板上にある、ダンプタイヤをすくう」
TS3Y1211.jpg
キャタにぶつけたり、穴に引っ掛けてやるのは簡単

しかし、なにも無い所ですくうのは…
TS3Y1213.jpg

鉄板とタイヤの僅かな隙間に爪を入れてバケツで起こす ただ起こすんでなく、アームたたみながら
大分起きて角度がついたら、タイヤの角度が戻らん様にバケツ寝かしたりアームたたんだりブーム上げたりしながら態勢をこの状態に

ここからコソッとバケツを起こせばハイ完成、と言っても確率50%
TS3Y1214.jpg

ちょっと強く油圧かけるとタイヤひっくり返ったり、半分以上バケツに乗ってても滑り落ちたり

3日がかりのお遊びでした!
posted by ぼんずやま at 19:12| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

地獄行き

いじった後、何故か普通にエンジンがかかってたG1、調子こいてフライホイール取っ払ってポイントカムだけ付けた状態で始動すると…

ブベ…ブベ…プスッ

あ〜あ、遂に…

なんかキチキチ音も…(ピストン打音?最初はしてなかったが)

ブルタコ&モンテッサでも似た状況があった気が。

ブルタコは点火時期早すぎ

モンテッサはポイント減りまくり

さてG1は?

何となくポイント見れば、妙にギャップが広い(点火時期早)様な…

聞けば、フライホイール軽量化するとエンジン回転速くなるせい(?)で点火時期が早くなるらしい

軽量化どころか無しですから

フライホイール取ったせいで位置関係が変わる訳じゃないから元から早めだったんだろー

先ずはギャップで遅めてみよう

駄目か…ならばプレートずらすか

むむ?

あ…
TS3Y1208.jpg
プレート動かない…

「チィーン」終了

長穴加工までする気力無し

さあ、フライホイールとポイントカムをくっ付け直さねば…
TS3Y1209.jpg
どん底行き、雑品になる日も近い?
posted by ぼんずやま at 13:38| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

敗戦 もとい 配線

あちこち適当に削って組み直したG1、何故か普通にエンジンがかかり、ちょっと速くなった気がした勢いでフライホイール取っ払ってポイントカムだけ付けた状態に。

次は点火、現状では点火時期があるだけで発電はしないので火は飛びません。

NO充電のバッテリー点火にする訳(充電は充電器で)

巷ではポイント式とCDI&フルトラでコイルは変わるとありますが、同じポイント式でフラマグとバッテリー点火の場合もコイル構造違うかは謎

内部的にはフラマグ用は高回転時のコイル焼け防止の為に抵抗があるらしい(フルトラ用は流れる電流一定だから要らないらしい、CDIはコンデンサから流れるからやはり一定らしい)。

バッテリー点火も一定だからフルトラ用でOK、とはならないらしい

ポイント断続時の300Vが問題らしく

「らしい」ばっかりだな

わかんないので、素直に+−あるポイント式コイルを使うか

その前にちょっとイタズラしてみよう

フラマグ用のコイルの1本配線を+に見立てて、ボディアースをボディから絶縁して線を1本出して−に見立てる

で、バッテリー+とコイル+繋いで、コイル−とポイントからの配線を繋ぐ

これで動けばタダだ

あ、でも6V用のコイルだ…バッテリー12V買っちゃった…。

いいや、やっちゃえ。
TS3Y1194.jpg

という訳で本日挑戦中ですが、クソ寒い…脳が働かねー!

昨日やりゃ良かった…でも昨日はルスツ行っちゃいました。

鼻水垂らしながらコイル外すと「あれ?線が2本ある」

フラマグ用って1本だよな〜、どっちかアースか? 黒と白緑線が…。

普通は黒がアースだよな〜、でも白緑って…ニュートラ?

わかんねー、頭働かねー 適当にやるゾ〜

黒繋ぎっぱなし、エンジンからの白緑をバッテリー(−)、バッテリー(+)からコイルの白緑に、コイルはボディに付けたまんま

これで火は飛びます

その状態でコイルをボディから外すと…やっぱり飛びます。

黒線を離すと飛びません。

結論 ボディアースは無し 黒線か白緑のどっちかは(−)。

元々交流点火だから、どっちが+で−では関係ない気がする…わかんないけど。

きのせいか、コイルをボディに付けない方が火花強い感じ…わかんないけど。

「らしい」「だよな〜」 「わかんねー」だらけの記事でした。

大問題「12Vバッテリー取り付け場所が無い」は先送り。

あ〜、こんなんで良くやってるわオレ
posted by ぼんずやま at 11:36| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

もはや前進あるのみ

遂にやってしまった…もう戻れない

会社から持って来たインパクトでブルンとやってフライホイールをプーラーでガコンと外し

外側のカシメをサンダーで削り

フライホイールと面になった時点で裏から叩く

あれ?取れない

これ以上叩くとカム潰しそう、ご臨終雑品確定

ドリルで面になった部分を揉んで

おお、取れた
TS3Y1191.jpg

ちょっと揉みすぎてでかくなった穴がある…バランス狂ったな

ま、軽いからいいか!

で、付けてみた…違和感アリアリ
TS3Y1192.jpg

さ、次はバッテリーとIGコイルだな

んー、6Vで行くか12Vにするか?

今のコイルのボディアースを浮かしてポイント配線を間にかまして使えるなら6Vの方が金がかからんが…

噂ではバッテリー点火用のコイルは抵抗入りで熱もたんらしい

ポイント式バッテリー点火はポイント閉状態はショートしてるはず

クランク1周の五分んの四はショート…いいのか?って感じ

やっぱりバッテリー点火専用が良さそう、我が家には無い(バッテリー自体が無い)

どうせ買い直しなら12Vだべなぁ。

充電器も要るなぁ。
posted by ぼんずやま at 17:22| Comment(3) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする