2017年06月14日

濃いかなー

先日の公道デビューで気になった始動性、キャブの下開けて油量見ると半分も入ってない・・・油面低くネ?

油面低けりゃPJからも吸いにくかろう

吸いにくければエアスクリューのエアも要らなかろう

走行中は薄かろう

しかしデータが無い、どする ?

フロートの油量が7〜8割入る様にテキトーにやる事に
無題.png

あまり調整幅が無いな、このベロ・・・オバフロの心配は無いが

なんて事やってる途中でアクセルの戻り悪いのが発覚

アイドルスクリュー全閉までやっても反応が何か悪いな〜と
キャブ叩いたら、いきなり落ちた!

もしかしたら、かかり悪い原因コレかも

思い当たるフシ有り、70年代チューンの「アクセル軽くする為にキャブのバネ切って伸ばす」が施されてる・・・。

若い頃ならユルユルとでも戻るんでしょうが、齢40年だと…ヤバいよネ

戻したら「カツーン」と言う、ビンビンのバネに換えてやった!

上げた油面は?よく見れば各ジェットの位置が結構下なので油量少なくても吸うのかも

う〜ん、フロートを目一杯上にした状態から下ろしてくと、水平付近からガス出だすので、とりあえずそのままダ!

チョーク無し2キック後、チョーク引いて2〜3キックで始動する様になったし、アクセルもカッツーンと戻るし。
posted by ぼんずやま at 17:26| Comment(8) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする