2020年09月21日

B1 インナーローター化

セルダイナモ取り外し再開 M10P1・5ボルトでぬくんですがシャフトまでが遠い・・・しかし遠いという事はインナーローター&ステータがエンジンに近く付くので可能性UP、なはず。
TS3Y3440.jpg

取ったドォ〜!
TS3Y3441.jpg

付いたドォ〜!
TS3Y3443.jpg

問題は火が飛ぶか、おお 飛んどる!
TS3Y3444.jpg

んなら始動、ん?かかったと思ったら続かない・・・サッパリかからん・・・パスッとか言うし。

む?わかった F21の点火時期になっていようから早すぎ!

左ケース開けるとアルミの切り粉が・・・頭真っ白・・・。

ローター見ると削れてる、原因は先だってポイント開閉確認した時に崩壊寸前のマイナスネジ換えたのが長過ぎでローターに当たってた!

切り詰めて、点火時期を少し遅らせて調整部の真ん中にしてみる

キック1発で昨日より尚吹け上がる!

手術成功! 皆さ〜ん B1にF21のローター付きますよ〜! 無いけど。  

となれば、バッテリー要らんレギュレータ要らんと次々に外し 代わりにオシャレなサイドカバーなんか付けたりして完成。
TS3Y3446.jpg

ざっと見てフロントハブで2kg フェンダー、シート周りで1kg、保安部品で3kg、マフラーで2kg、オイルタンク周りで2kg、バッテリーとレギュレータで3kg、ローター周りで3kg軽量化。

計16kg 残るリアハブをやれば18kgで夢の二桁となりそう。

しかもエンジン右側のロータリーディスクやビッグキャブの付くディスクカバーも付けれる事になりますなぁ、キャブ無いけど。
posted by ぼんずやま at 16:26| Comment(4) | B1(M)? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする