2020年10月28日

日程変更

11/3栗山VMX予定でしたが、どうも雨臭い・・・ヤッパリ泥んこヤなので11/1に変更します。
624078ca-s.jpg

と言っても前日までに降ったら大して変わらんかもね。

ま、当日降らんだけでも(降ったりして)気分的に違いましょう。

焼き肉やるのでヨロシク!
posted by ぼんずやま at 21:20| Comment(7) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

冬支度と11月3日の件

11月3日 BSWにてやります ドロンコプロレス上等 今年最後・・・じゃないんだろなぁ。

最近車載でイジる場所が無くなってきて平日に事が進まないので土日は忙しぃ〜
これは平日出来たなぁと思いながら土曜日、先ずは冬に向けてMAXーJ1の始動(すぐ動いてホッ)と冬にさっぱり動かんかったFフォークの整備、多分オイルなので外して抜いてチャンとしたフォークオイルなど入れてみた! ついでにバカ長いフォークの突き出し調整も。

そしてB1の割れたフランジを交換、これは溶接でエキパイ太っちゃってるので再び切らねばならぬ・・・溶接の怪しい所で切って、交換後にヒビなど入らんように付け直す。

フロントブレーキ固定、フォークのディスク穴とドラムパネルを繋ぐブラケットを鉄を切ったりくっつけたりしながら作ったり

途中でブレーキワイヤー切れてしまった・・・が、何とか形に。

試運転、エンジンのかかりが悪くなった・・・だが性能は上がってる・・・暖まればドンドン回りだす感じ。

クソ寒いわ、10枚セットのグラインダの歯は切れんわ…で疲れ果てました。

2台並べると、あまり大きさに違いを感じない・・・跨がった感じ大分違うんだけど・・・G1と並べたらどうなんだろ?
TS3Y3479.jpg

ついでに去年大活躍の1万円除雪機の始動(OK)まで。

そして日曜日、何と2ヶ月ぶりのBSWへ 8/30に草刈りやって以来 最近人気なく走行会に採用されない・・・。
TS3Y3480.jpg

11/3に備えて下見、もう雑草も生えない様で8/30状態キープを確認
TS3Y3482.jpg

MAXーJ1は冬に備えて置きっぱにする事に
TS3Y3483.jpg

あと冬に向けて除雪機&トラクター始動(OK) 昨年は30cm位積雪の度に除雪したが、今年は有る程度までトラクターでロータリーべた付けで引っ張って雪を潰してみます、踏み固めとけば3月の融雪時に効くんでないかな。
posted by ぼんずやま at 15:22| Comment(2) | 復活ぼんず山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

だいぶ男前になってきた

昨日やったのが、残り作業はとりあえずこれだけというフロントフォーク延長。

30パイでリーディングアクスルじゃないヤツでちょっと新しいのをと考えるとあまり候補が無い。

結局ディスクブレーキ用を無理矢理付ける事となり、選んだのがTDR50用。

ブツが着いて較べてみたら10cm位長い・・・チョッパーになっちゃう?

白老ではでかくなったリアタイヤのせいで前下がりになった状態で走ったが、Fサスが底突きしない様にリア荷重で走るので今一つフォームが決まらんかった。

今回は三又換えずに付けるのでトップブリッジ近辺に怪しい加工が必要だったが、何とか付けて俯瞰で見ると、まあ許せる傾き。
TS3Y3474.jpg

そして隠し味、インナーチューブの50CC用フォークなので柔らかすぎだと困るので、フォークブーツ内にB1のアウタースプリングをこっそり入れてみました。

ビギニングはインナースプリングのみ動き、途中からフリーの追加スプリングとインナーの両スプリングが効くプログレな仕掛け。

乗車してフロントブレーキからずに揺らすと2〜3cmフォークが入るので機能してる! 多分。

今後の難関はドラム固定です。
posted by ぼんずやま at 19:03| Comment(3) | B1(M)? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

前進あるのみ

先日の白老森野オフパラでがなかなかのデビュー戦だったのに気を良くして

B1M(もどきのM)右カバー側に着手

15日にオバフロでプライマリー&クラッチセンターボルト緩めようと持って行ったが、無駄話に夢中になってやんないで帰って来た為、モンキー&鉄パイプ&雑巾かましで自力緩めで出て来ました。
TS3Y3469.jpg

意外と楽にカバーとロータリーディスク周りのプラスねじ緩んでホッ

B1のロータリーディスク、全然開いてる時間が短いね
TS3Y3471.jpg

21M用、半分開きっぱなしだネ
TS3Y3470.jpg

で、付けてみたらシャフト径は合うものの21Mカバーと一緒でないとカバーとディスク当たっちゃう…21Mカバー付けると26パイ以上のビッグキャブ以外付けれなくなる・・・。

せいぜい24mmの予定なので断念、B1カバー再装着=B1ディスクを削る事に。

またG1と同じ道を辿るのか?・・・ま、その内ノーマルディスク探そう。

すったもんだしながら装着&部品戻し、そして始動。

かからん・・・。

吸気増やすとかからなくなるか?・・・あの唯一のミスが致命的だった?  雑品行きの恐怖に怯えながらキャブにパークリ吹けば、吹いただけかかる!

キャブか? キャブ清掃して再チャレンジ「バリバリ〜ン」明らかに前と違うチャンバーの鳴りにて始動!
TS3Y3472.jpg

こないだはそうでもなかったのに、マフラー付け口から煙が漏れる漏れる!

爆発力上がったと推測。

いやぁ、また遥か彼方に行っちゃったかも これで若手の前に立ちふさがるか。

チューニングマニュアルに「吸気終わりを削って延長し、吸気始めはそのままで」とあったが、間違えて両方広げちゃったのは内緒デス。

なんか21Mもキャブのような気がしてきたなぁ。
posted by ぼんずやま at 18:11| Comment(2) | B1(M)? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

B1Ⅿ(?)デビュー戦

本日は白老森野オフパラ 早めに着いたら雨・・・苫小牧までいい天気だったのに。 B1M(?)デビューは不吉な予感と共に。
そして予感的中、さっぱり上が回らねー 2ストさんに「俺のXE80といい勝負」と言われて返す言葉無し・・・。
TS3Y3467.jpg

これじゃイカン、慣らし中止(新品シリンダー&ピストンにつき)と途中からアクセルをバカ開けしてたら突然ストップ!

早くも焼き付きか・・・ピットまで手押し車(byオバフロ)・・・ケース開けたらチェーンがスプロケにからまってロックしてた! ほどいたら問題無さそうでホッ

こりゃ勝負にならんモン作っちゃったかなとしばらく見学

2ストさん
TS3Y3465.jpg

柴ヤン
TS3Y3464.jpg

イレ様(一人で走ってる時の音はぺぺぺぺと頼りないのに、柴ヤンとバトルすると抜けないベースで走ってる不思議な走り)
TS3Y3463.jpg

B1Mも一生懸命ブン回してたらドンドン回る様になり、頃合い見てイレ柴バトルに乱入すると、殆ど1速だけで追い回せる様に!
d7f1d180-s.jpg

というか、2速が使えない・・・どうも歯数の増えたリアスプロケを18インチタイヤの外径が帳消しにしてしまいハイギアになってる感じ。

そして元々.1〜2速が離れてるみたい・・・1速潰して2速を高めの1速に使った方が良さそう、多分フロントスプロケは14〜5Tあたりだろうから12位に換えてみよう!

ポートも甘めな気がするが、ロータリーディスクいじる前でこんだけ走ればOK! こちらも見てネ http://trail250.livedoor.blog/

モノになりそな感じ

とりあえず色んな所が緩んで取れかかってる(両リアサス下側ボルトなど)ので対策して

次回11/3の栗山オフパラに備えましょう!
posted by ぼんずやま at 18:26| Comment(8) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

第一段階終了

どうもF19R16の90ccクラスと同じタイヤだと車格に対して小さく見えてしょうがないので、リアをデカくする事に。

と言っても21Mが4・00−18だから、3・50がいいとこだろうと、ハスラー90の小ハブホイールを用意して(かなり軽量化、シャフト径B1と同じでラッキー)、ぐっさんのトコから購入して付けてみると

昼休みに試走してみたが、やはりデカい・・・つうかフロント小さい、フォークも短い?
TS3Y3459.jpg

どうも前タイヤが後ろより小さいのは昔のバイクみたいで嫌だ…昔のバイクだけど。

対策としては @21インチ化 A3・00−19 B前にも3・50−18 あたりが考えつく所。

@はタイヤ(中古ならあるが・・・)ホイール買わなならん、そしてフェンダーの隙間が無くなるのでフォークも

Aはタイヤだけで済む、がタイヤが存在してない・・・ダンロップ、トライアルユニバーサル位…ありゃ今となってはトライアルタイヤじゃないし、コレ履くならリアもコレにしときゃ良かったとなるしなぁ。
でも3・50−18のトライアルユニバーサルは無く、K950になってしまう・・・。

Bはやはりタイヤ&ホイールが必要、ちょっと太すぎる問題あり、リムを細くしたら太さ抑えられて外径デカくなりそうだが果たしてどれ程のものか?

やはりAか・・・。

いや、C「今のままで我慢する」っていう選択肢もあるな、金もかからんし。

とりあえず保留、本日サイドスタンド延長(パイプかましたので中に砂入れて強化)が終わって一段落つきました。
TS3Y3460.jpg

残るは左側のみ ロータリーディスクを21M用に カバーも21M用を付けるとビッグキャブ化が楽。

しかし吸気口径広がる分タイミングが早くなる…ディスクでいいだけ早くなるのに・・・。

フラットバルブの24mmキャブを頭が現状と同位置になる様にカバー連結部をカットしてゴムのインシュレータで付ける!

本日試走して判明したのが「上が回らねー」 新品シリンダー&ピストンなのに何かカチカチ言ってる様な・・・プラグ外してそぉ〜っと回すと普通に回るので何処かが当たってはいなさそう。

チョークもひかずにエンジンかかるので濃いのかも・・・エアクリか?

慣らしも必要だろうから思い切り回してないせいかもね。

まあ、動くからエエワ 待ってろ白老!
posted by ぼんずやま at 18:42| Comment(3) | B1(M)? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

この土日は旅行

雨天順延でルスツと被ってしまった・・・そして隣町にいるという・・・。

ま、どうしょうもないので温泉入るか

超貸し切り、GOTOだかなんだか知らんが誰もいない
TS3Y3456.jpg

あんまり誰もいないので露天風呂でタバコの不良ぶり
TS3Y3458.jpg

でも道の駅とかはワンサカ人だらけでありましたヨ。

帰宅したら428チェーンが届いてたんですが、ヤフオクでカシメ式を間違えて落札して、モメるのヤなので何とか使おうと入金して到着待ちしてた物。

箱開けてみたらクリップでした・・・何で?

念力届いたみたいです。
posted by ぼんずやま at 18:17| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

そうか、馬力ダウン版が世界で売られてたか

危ない所だった!

シリンダー面研中に「あれ?元々のよりヘッドガスケット乗る部分が盛り上がってる」と気付き

70年代後半、KC125時代に12PSから10・5PSに下がったのはこれで圧縮比が下がったせいか?

これではヘッドもシリンダーも削らにゃならんなぁ、でも鋳鉄だ・・・しんどいぞ

など思いつつ削ろうとして「待て、一応二つ並べてみよう」とやってみたら
TS3Y3454.jpg

元々のより用意したヤツの方がベースガスケットと接する部分が薄い!
TS3Y3455.jpg

危ネェ 削ったらピストン飛び出してた!

じゃ、そのまんまイケるな、一応シリンダー&ピストンセットだけど面倒くさいからピストンは付いてるヤツ使っちゃえ

入れようとしたら何か入りにくい…まさかなぁ、と思いながらピストンのカーボン取ったら「50」の文字が・・・。

オーバーサイズ入ってるみたい、1回焼き付いたか?

危ネェ、無理くりやったらリング折ってたな・・・。

そして懸念 この10・5PSシリンダー、全体底下げしてる事になる・・・計ってみないとわからんが多分こないだ4mmあげた排気ポート、もう2mm削らねばならんかも・・・そして掃気も下がってたら・・・こりゃどうもならぬ。

下にゲタ噛まして上削る、なんてやってられんし。

という現況でございました。
posted by ぼんずやま at 19:46| Comment(0) | B1(M)? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする