2008年11月10日

スプロケが決まりました!

 土曜日〜日曜日にかけて悲惨なスプロケを眺めながら妄想と算数をやってました。
 存在するかどうかも分からないのに「428にするか520のままか・・・428は軽いが泥を噛んだり何かに当てると切れる・・・520は70年代っぽくないが互換品が探しやすい・・・」「428のピッチは520より1/8インチ短いので、フロントスプロケ1回転に対するリアの回転が少ない・・・」などなど。
 
 月曜になって即「ナカガワ」へ行き、ありったけのスプロケを出してもらい現物合わせをしまくります。
 428のスプロケはどれもスプライン径が小さく、逆コンバートは無理なようです。
 ならば520と色々合わせてみると、ありました!DT1と同じスプラインで同じ歯数が!
 部品自体がそんなに古くないのでどうやら最近のバイクの物の様です。

 でも、今回付けたいのは14Tでなく10〜12Tなので、この見つかったスプロケの車種を特定してオプションを探さねばなりません。
 「社長、これ何に付いてたヤツです?」「わからんな〜」・・・。

 ここで撃沈されてはマニアとは言えん!と現物を持ってフロントスプロケを吊るしてあるバイク屋を廻る事数件、車種が特定しました!

 その名はYZ250(99〜)! 意外に普通な結末でした。

 早速ナカガワに戻り、PROTカタログでAFAMの互換表を見ると12〜15の設定があったので12Tをオーダー、店にあった14Tも頂くこととしました。

 次にRスプロケの歯数を決めるんですが、使うハブがDT200R(37F)の為、DTで調べると41Tしか設定がありません。
 これではフロントを12にしても効果薄なのでYZを見ると、最大で53Tがあります!
 穴数、ピッチが合えばこれに決定ですが、後日にする事にしました。まだフロントが合うと決まったわけではないので。

 一応全て上手くいった場合の減速比の比較などを今計算していますが、頭が痛くなってきたので整理がついてから発表します。
posted by ぼんずやま at 21:48| Comment(4) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はー!やっとここにたどり着けました。 今度の四十雀トライアルにTY250J(OWレプリカ)で参加してきます。
Posted by アゴスリーニ at 2008年11月11日 22:04
 いやぁご苦労様です! やっとグーグルの検索に載ったみたいです(ヤフ〜はまだです)。
 今年の四十雀はどこでしたっけ? 自然山を楽しみにしてます。
Posted by ぼんずやま at 2008年11月11日 23:11
チョクチョク見ていますが面白そうですね。随分メカに詳しくなって来ていますね。2輪のファイナルは取り替えやすくて羨ましい。現物のパーツが吊るしてあるところが羨ましいです。最近4輪のモディファイ用アフターパーツなんか吊るしてあるの見た事ありません。20数年前は有ったのに…。頑張ってください。
Posted by nobu at 2008年11月12日 23:20
コメントありがとうございます、そ〜ですねぇ、昔はバックスみたいな所にソレックス40パイとか置いてましたね。
 バーコード管理のせいですね。  でもバイクの部品も20世紀のを置いてる所はあんまり無いですよ。
 昭和の香りがポイントです。
Posted by ぼんずやま at 2008年11月13日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: