2008年11月17日

やっぱり付きました

 ブルタコの不調をほったらかして、DT1Fにかまけてしまいました。
12t.jpg 「スプロケの規格に微妙な差など無いだろう、大体合ってりゃはまるはず!」理論により、AFAMにオーダーしたFスプロケ99〜YZ250が届いたので、恐る恐るはめてみると「やっぱり付きました」。

 さあ!DT250改万沢spl製作がスタートです! 別に万沢splじゃなくても、他に成田、木村、河野(田中英)な()どあるんですが、家にある「モーターサイクリスト 1971年8月号」に製作データが紹介されている為、作りやすいんでそれにします。

 今後の予定は F 21インチ(オリジナルは鉄ですがアルミにします)、R アルミ、排気改造、アルミフェンダー、FRPタンク、小型シート、フレーム改造、他々です。

 今回は少し綺麗にもしたいので、とりあえず全バラですね。
 
posted by ぼんずやま at 20:51| Comment(6) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 これがリンクで見れるのもWEB魚拓が存在している間ですね、なんか賛否両論あるみたいなので。

 Yahooでも検索に載り始めました、ヤレヤレ。
Posted by ぼんずやま at 2008年11月18日 20:39
部番214の代替でしょ? ヤマハさんは古い部品も他車に流用したりで結構代替部品として生き残ってるのでエライ。H車は専用部品が多いのでひと苦労デス。 

なんか一昨日までコメすら出来なかったんですけど・・・。古Mac(os9.2)の宿命だと思ってたのにぃ(苦笑)
Posted by ハラ at 2008年11月19日 00:47
 いやぁ〜!お待ちしてました、ご無沙汰デス
前のブログにメルアド付きでコメントくれた方には直接ご案内しようと思ってたら、消滅してました・・・。
 今後ともヨロシクです!
Posted by ぼんずやま at 2008年11月19日 22:42
昔はスプロケ一つで苦労しましたよ!内径用と外径用を二個一にしていました?まず焼き鈍しをしてから旋盤加工に出して二個を溶接し完成です。
今の様に歯車屋さんがあれば簡単な事ですがね。

ヴィンテージマシン作りなら当時超一級の山本スペシャル!「EDINBURGH」も参考にして下さい(笑)
Posted by 60おじさん! at 2008年12月21日 13:00
 60おじさん! 素朴な疑問をひとつ、「おっさん」でなく「おじさん」なのは何か意味ありますか?
確か「おっさん」の方が社交的にはヨロシイとTVで見ましたし、私が西宮にいた頃(20年前)もそんなだった気がします。

 財力と気力があれば、6〜70年代の苦労の結晶である改造マシンを全部作りたいんですが、ベース車自体が貴重品になった今、それをやると各方面から非難を浴びる?って感じです!
Posted by ぼんずやま at 2008年12月21日 14:04
うー難しい質問ですねー
たぶん私のことですから、広く関東方面にも、大好きな女性方にも受けたいという願いがあったんでソフトに「おじさん」にしょうです!?

近いうちに「EDINBURGH」の写真探してUPしますね。
Posted by 60おじさん! at 2008年12月22日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: