2009年03月21日

重い(&痛い)腰が上がりました

 昨日は寒かったんですが、今日は結構暖かったので遂に重い腰が上がって「DT1Fトライアル」のスタートです。

 先ずは全バラなのです(はっぴいえんど風)
2009032116390000.JPG
 必要な部品は丁寧に、要らないのは適当に・・・とはいかないのです、なぜならそれは全てH−VMX会長に進呈するからです、そして細かな(イヤ、おおがかりな?)溶接などをお願いしちゃうのです。

 2〜3時間で奥の実動DT1Fはこの様になりましたが、エンジンとスイングアームが取れません・・・。
 エンジンは力技で行けそうですが、スイングアームはボルトの両側にグリスニップルがあり、叩くに叩けず・・・多分ニップル自体が外せるんでしょうけど。

 出来ればフレーム単体にして、キャスターの比較をしたかったんですが、暗くなってきたので、今日はこの辺で勘弁してあげます。
posted by ぼんずやま at 17:47| Comment(8) | DT1F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4月に入ったら時間が取れそうなので、細かい部品の錆落しでもお手伝いしますよ。

ここ4〜5年いじってないので下手になってるとは思いますが。
Posted by と at 2009年03月23日 09:08
 およ? 心強いですねぇ、期待してます! 何にしよっかな〜、ハブかな〜!
Posted by ぼんずやま at 2009年03月23日 20:11
いまTYレストアしてますが錆落としをコツコツやってると哲学者になれそうです・・
Posted by アゴスリーニ at 2009年03月23日 23:14
 私の場合は結構他車の部品を使うので、部品の状態が良ければ錆落としの必要は無いんですが、安いのを集めてるのでそうもいきません。
Posted by ぼんずやま at 2009年03月24日 19:46
既出でしたっけ?
http://sizuo71.exblog.jp/3509651
Posted by ハラ at 2009年04月01日 16:16
 う〜ん見応えありますね!きしゅつだろうが構いませんね、これは。
 ちなみに私のDT改の製作ポイントは「乗りずらくてもなるべくTYに似せない」です。
 TYが2台になってもしょ〜ないし、乗りずらいものに乗りたいフシがあるので。
Posted by ぼんずやま at 2009年04月01日 17:15
これも既出だっけ?最近物忘れが・・・
ぼんずやま様に火をつけられた某氏
http://www.kuroyama.jp/team/080717.htm
Posted by ハラ at 2009年04月03日 22:17
 このオモロイおっさんに火をつけたのは60おじさんでしょう!

 あれ完成したら全日本北海道に持ってこないかな〜、大会後に木村さんにTY貸して、私も何か乗って対決! または翌日の遠軽スクールで対決!ナンテ。

 でも黒山さん、山本さんのPRE65ノークラ走法は絶賛してるのに、07スクールの私のノークラは「直せ」って言ってたな〜、直ってないけど。 
Posted by ぼんずやま at 2009年04月04日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: