2010年06月18日

TYシリンダーの衝撃画像

 当時TY175を極限までいじっておられた方々にとってはドォって事ないものかも知れませんが…。

 開けてコンナだとへこみます。
2010061816590000.jpg
 まずスタッドボルト穴とボアとの距離、厚みが変です、スリーブが存在するべき厚みが無い…ノースリーブ?オネ〜チャンならいいんですがバイクだとちょっと…。
 よく見ると、首を振ったのか、排気ポート上がすり減って…
2010061817000000.jpg
 指でコジると…浮きました。 ガスケットもナンカ変です。

 これを持ってバイク屋さんへ行き「どうじゃ!」と見せると社長さん「すみません、私がやりました。」と全オチでした!
 20歳の頃の作品との事でしばらく懐かしんだ後、ニコイチ用マシンを出してくれたので助かりました!

 明日は10時位から草刈り後(雨降ったから絶対伸びまくってる…)蘇生作業にかかります。
posted by ぼんずやま at 21:16| Comment(14) | TY50~250J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オートバイあって良かったですね。
自分もTY125に175ccのエンジンを積んで乗ってましたよ。篠宮さんは200ccくらいにしてたのかな?当時自分のミスでエンジンを壊してTL125と交換したのですが惜しいことをしました。
また写真で紹介してくださいね。
Posted by sugiyama at 2010年06月18日 22:08
 出てきたのは分離給油のまんまなヤツなので、そんなに荒乗りされてない?事を祈ってます。
 私も5年位前に1年位乗りましたが、軽くてイイですね、あれは。
 最近は振り回されるのに喜びを感じるので、350ccとかFANTIC系が好きですね。
Posted by ぼんずやま at 2010年06月18日 22:20
いや〜、蒸し暑い!梅雨がない北海道がううらやましいましい!
今日、友人が北海道の夕張市に夏休みで帰りましたよ。
350ccって、どんなトライアル車なんですか?
外車かな?トライアル車で350ccだと化け物バイクなんでしょうね?イタルジェットとか350ccがあったような記憶があります。ブルタコもそうかな?
昔、TY250Rの改造キットで350ccにできる物がありましたが、その後販売された270ccキットが人気あったみたいです。自分も購入しようとしましたが、時すでに遅く売り切れになって買えませんでした。
TLM260なんかもスタイルが好きでしたね。
Posted by sugiyama at 2010年06月19日 18:10
 最近は梅雨前線が青森越えて来るんじゃないか?という前触れを感じさせるシケった日もありますよ。
 気温は30度以下ですが…。

 350は手元にはブルタコ、そっちにモンテッサ、まだ乗ってませんけどネ!

 「さすが350!下があるわ〜」と下を使って走行中、何かの拍子に手があおられて「ドバ〜」と加速!それにしがみつく自分…みたいな乗り方が好きなんですよ。
 FANTICの303、TYRなんかも私的にはソッチ系ですね。
Posted by ぼんずやま at 2010年06月19日 20:55
今日は天気も良さそうだし、車の穴もふさがったので
バイクを積んで行く予定です。
午前中遊ばせてもらって、午後から片付けを予定。
9時頃行きますのでよろしく。
しかし、写真のシリンダー良くそこまで削りましたね。
スリーブがぺらぺらまで。今ならアルミ地肌に鍍金
出来ますが。
Posted by 札幌コタ田中 at 2010年06月20日 05:52
わわわ、今起きた…。 もう9時だ! 行っちゃってンのかな〜、電話も出ないし…入口鍵かかってるのに…。

良い子の皆さんはもっと早く連絡しましょ〜ね。

今日遊イング出てから「ぼんず山」行く気でしたが、昨日財布落としたショックと坂で303の下敷きになり、ア腹ガいてての為、断念してTY直しと屋根直しをします。
Posted by ぼんずやま  at 2010年06月20日 09:03
やっぱりブルタコは350ccでしたか?
自然山通信にて嘘を書いて失礼しました。
以前TR32を所有したことが短期ありましたが、
あれも怖かったです!加速は凄いし、ブレーキは
かっくんブレーキ、危うくハンドルを飛び越える
ところでした。350ccの外車は凄いんでしょうね?
乗れる機会があればな〜
Posted by sugiyama at 2010年06月21日 01:05
新装青古は326cc(81は340cc)で悶鉄鎖は349.6cc。TY350は1年だけ売って、あとはパーツで組んでたようですネ。んで、長さ100mのヌタヌタ登りなんかは強そうですがフルロックとかはダメかも。しっかし、透けるスリーブは見事だな〜

PS:大昔、シノミヤさんが売ったオレンジOSSAはQQSC傘下の方が今もいじめてます。色はブラックに変更してますです、ハイ。
Posted by ハラ at 2010年06月21日 04:21
 そ〜です、ブルタコは350です。 イタリヤ、スペイン的に言うとですが…。
 BETAは240ありますが、200cc位の割にはパワーありますね、TY175と250の間に置くとパワー的には250に近い?
 ブレーキは確かついてた気がします。

 スリーブは一応センター出して掘るんですが、5つ掘ると2つはボーリング時にオシャカになったそうです。

 で、セ〜フだったヤツも「2年もつかな〜、その頃にゃヤマハからNeWマシン出るでしょ〜(R)」って感じだったみたいです。
Posted by ぼんずやま at 2010年06月21日 09:55
篠宮さんが売ったOSSAって、横浜シルバーウイングさんと共同で開催した山梨県道志村に持ち込まれたOSSAですかね?懐かしいです。その時はエンジンの始動に苦労しているみたいで、キックも重そうでした。イメージはハスクバーナ??(だっけかな?名前ちがうかな)みたいに大柄で。実は「トライアル日記」にも、そのOSSAの事を書いたんですよ。懐かしい。
Posted by sugiyama at 2010年06月24日 03:19
 ウチにある1982年頃のイーハトーブ攻略本にも、シノミヤさんはOSSAの代理店と記されておりますよ!

 う〜ん、OSSA…ここまで集めたら狙うべきか?(イヤイヤ、もうしばらくロ〜ンは組めん!)
Posted by ぼんずやま at 2010年06月24日 21:58
OSSAの末期モデルです。オレンヂの下に黄色塗装。売れ残りに再度色を塗って新車として出荷しちゃったんでしょうね。RC誌にも掲載されてたなー。今はシェルパT250で自然山の表紙にもなったSさんがオーナー。相模川あたりに出没している模様。

んで、もう十分にOSSAnだべ。オラはオヤヂだけどなー。
Posted by ハラ at 2010年06月24日 23:10
 ヤフオクで「OSSAでも無いかな〜」と「オッサ」といれると、「オッサン」とか、そんなのばっかり出ますね〜(1回だけOSSAが出てビックリ)。
Posted by ぼんずやま at 2010年06月25日 19:56
OSSAのオレンジの事篠宮さんに聞いてみたら、確かに篠宮さんが売ったOSSAとのこと、本人も懐かしく思っていましたよ。当時は自分は24歳、今は50歳ですから年月は早く過ぎ去りましたね。でも、知っているトライアル車が、まだ現役で走っていることを知って嬉しかったです。自分の手放したRL250、KT250も元気良く走っている事を願います。
Posted by sugiyama at 2010年06月26日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: