2010年07月11日

2か月ぶりに遊ingトライアルへ

 今日はぼんず山行きはヤメて先月アバラが痛くて行かなかった遊イングトライア
ルへ。
2010071112160000.jpg
 マシンはまともに乗るのは約2年振りのブルタコ、競技中にシフトレバーが取れ
たり、マフラーが緩んだり、タイヤの空気を途中で抜いたらビードが落ちたり、何
故か新品タンクにピンホールがあってジトジト漏れたりと色々ありましたが、エン
ジンは問題無しでセクションごとの頻繁なONOFFでも普通に使えてヨカッタ!
 結果は16セクションで45点クリーン1、B級8人中6位。

 クリーンセクションが3つはあったのでクリーンがチト少ない…。
 でも今回は足つき3回のみの3点が2回、1点3回、2点が2回ありました。

 1点ていうのはクリーン出来た所なのでガサイ減点ですが、足つき3回の3点はエ
ライ! 3点喰らうと普通はあと何回足つきしても減点は変わらないのでバッタバ
タになるのに、3回足つきで抜けたという事は2点につながる3点なんですね。
そしてそれが成功した2点もエライ!

 誰も誉めてくれないから自分でほめます。

 今日楽しかったのは1セクと5セク、1は丸太4つで作った急坂がIN。B級は
その上に平地からIN出来たんですが、「世界のブルタコ」の誇りにかけて丸太
登りを2度敢行、登った後に小丸太の橋があってそこで足が出ましたが、最初の
坂はブヮ〜ンと登れました。

 ここで業務連絡「B級の私よりスコア良くて、ここを簡単な方から入ってクリー
ンした方、次回は丸太登りでお願いします」。

 5セクは「沢を横切って滑りそうな急坂を登り、登り切る最後ちょっと右に曲が
って小丸太を越えてOUT」で、私と世界のブルタコの為のセクション!
何故かと言うと、ターンが無いから。
 パッと見ちょっと草を避ける為のターンがあるんですが、下見で草むらに石など
が無いのが確認出来たので「草むら突っ込みストレートオ〜ン!」(秘密にしてま
したが)でクリーンの予定が、INで沢にボトッと降りる所で足が出ました
 ここで惰性を稼がないと次の急坂でアクセルを開けざるを得なくなって撃沈…にな
らん様に必死にマシンを進めて1ラップ目は3点、2ラップ目は入り口に注意し
てミス無く沢を出ましたが、坂のスピードが上がったのに体がついて行けず、バ
ランス崩れてもアクセルは戻せないのでチョコチョコ足が出て3点…。
 でも2ラップ目は足つき3回の3点で面白惜しいセクションでした。

 最悪は4セク、幅2〜3mの頭大の石が敷き詰められた所でUターン…しかも進
入は下り、OUTINOUTで足を着きに行ってマシンを振って…2回ともコース外
へサヨウナラ〜。

 後でオヤブンにブツブツ言ったら「あそこで足出すヤツいるか〜?」だって。
そんな彼の減点は3点5点、指摘したら「その前の走行で喰らった」だって! そ
んな難しかったっけぇ〜?
 というオモシロかった大会でありました。

 帰ってハリウスにTYのオーバーフロー直しをしようかなとも思いましたが、来
月用のマシンを引っ張り出してタンク中の臭いを嗅いだらスゲェ臭いだったので
ガソリン入れ替えその他やって本日は終了。
2010071116360000.jpg
 来月はコレで行きます、理由は「車庫から出しやすかった」から。
今日の競技中「夏は80kg台のマシンでないとダメだ」とか自分で言ってたくせに…。
posted by ぼんずやま at 17:47| Comment(2) | 大会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コースの様子が目に浮かびますね。
ブルタコ350T、TL250の写真GETさせてもらいました。いいですね〜美しいです。世界のブルタコは350ccのエンジンで豪快な走りをするんでしょうね。見てみたいものです。
Posted by murasakityr at 2010年07月13日 01:06
う〜ん、そうですねえ ここでもそうだし、イーハトーブでもそうなんですが、荒れた坂なんかをセカンドやサードでアクセル半開位で登る時など「およよ、まだ行けるのか〜?」みたいな走りになりますヨ!
Posted by ぼんずやま at 2010年07月13日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: