2020年05月19日

G1修理中

連日更新で日報めいてますが、昨日1本溝にリングを2本入れたピストンをシリンダーに入れてみたら、ギッシギシではあるものの無事入りました!

で本日、ピストンとコンロッド連結&シリンダーを腰下に搭載

いつもならピストン連結を先にやって、上からシリンダー入れてました 何もせずともスッポンスッポン出し入れ出来ましたが、今回は結構苦労してシリンダーにピストン入れたので、抜かずにピン部分だけ下に出して連結後にシリンダーを下げます。

これが本来のキツさなんだろうな〜、という事は今までのは圧縮抜け抜けだったのだな〜、など考えながら搭載完了
TS3Y3283.jpg

全く問題無くシリンダー内をピストンが上下してるのが不思議。

ベースガスケット1枚重ねて、圧縮落としでデトネーション予防もやりました。

遅くなるかも知れんが、壊れたら元も子もないので。

明日チャンバー付けたら終了?
posted by ぼんずやま at 18:59| Comment(3) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガンバレ〜
キャブは薄めは良く回るが壊れる!チョット濃いめが   い〜よ〜
アマル コンセントリック926も930も有るよ〜
やっぱし〜英車はアマルでしょ!
オラのトラは調子い〜よ〜
バホッ って止まる時が有るけどね〜
Posted by スクランブラー72 at 2020年05月19日 19:56
爆発、期待してます。
Posted by オバフロ at 2020年05月19日 22:49
アマルって数字聞いても大きさわかんないのが腹立つ!

一応理論的にはオイル溝付き1本リングなんだな〜!
Posted by ぼんずやま at 2020年05月20日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: