2018年06月27日

G1M (?) 5年がかりで完成 


遂にG1M?、やる事なくなりました。
TS3Y2403.jpg

ステップ前後方向補強を鉄筋で
TS3Y2379.jpg

吸気口を足で蹴飛ばさない形に
TS3Y2404.jpg

チャンバーはフランジをJ1パーツ使用して改善(今度は溶けなかった)&エキパイ部短縮と引っ張りテーパー部延長
TS3Y2380.jpg

少しアイドリング上がったのは、もしかしたら排気負圧が強くなって掃気量が増えたのかも

若しくは、吸気口削ったせいで低速時の流速速まったか(中高速に影響無ければいいが)

さあ、次はM10を何とかするか?

そして本日、近くまで来たのでカワサキレジェンドS氏宅を訪問

予想通りスゲェ所でありました!

先ず見慣れたKX250(現役最後乗車の93KX250も)
TS3Y2401.jpg

昔話やサスOH、走る場所の話など色々しましたが、一番は「足の着くバイクで遊びたい」という所

やはりプレスでしょう!という結論に達したので、マシン探しの手伝いもいたしましょう。

posted by ぼんずやま at 21:03| Comment(3) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

Splチャンバー 試走

出来上がった…もう他に出きるのはクランクウェブ穴埋めのみ…これは割ったついでじゃないとやる気がしない。

出来上がった以上、試さずにはいられない

いつもなら家の付近だが、ここは草飛ばしを兼ねて

コースでやりましょう
TS3Y2360.jpg

即始動、しばらく暖機…しかしこの音、破裂しないだろうなぁ…サイレンサ付けた方がいいかも

で、性能はどうかと言えば

ん〜、また中速が太ってしまったかも

高回転への回り方も前よりイイ、一生懸命ていうより「回っちゃう」感じ

しかし、あくまでも「回り方」であって…回りに見合ったパワーは…出てねぇな〜

プラグも電極や碍子は乾いた茶色、少々煤け気味なのでMJデカくする気にはなれんし、番手見たら6番…これも上げてもカブるだけ…7番位にしとくか。
TS3Y2358.jpg

やはり、ココの長さで中速出てる&高速出ない?
nagaipng.jpg

モトクロスと考えればイイ特性なのかも

そもそもG1Mがどうだったのかもワカランし…まあ、体感で12馬力位は出てるベェ 良しとしよう!

こうなると皆に指摘されてるサスが気になって来たなぁ。

posted by ぼんずやま at 18:39| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

ヤバイ出来 割れが心配

昨日、苫小牧会長に新年のゴアイサツをしに行き、そこである程度詰めたので2018オフパラの予定を発表

6/10 長沼
6/24 江別or長沼
7/8  白老
8/5  美沢(要ktさんに依頼)
8/12〜13 北見開成(前日から車中泊、day1はトライアル)
8/26 美沢(要ktさんに依頼)
9/9 江別
9/16 日高
10/7 白老
10/21 長沼

これにルスツのベテランVMXが入るので、どこかでバッティングの可能性アリ

一応ヨロシク

そして本日は炎天下の中…火炎地獄…つなぎが燃えてるのも気付かずに…

チョー薄物とソコソコ薄物の合体、ちょっとでも炙りすぎると出来る穴との戦いを制して完成!
TS3Y2354.jpg

元の中身はこんな感じ
TS3Y2353.jpg

2重構造で外身よりキツいテーパーが中に、そして外皮の裏にはパンチング有り

これでG1M製作マニュアルとチャンバー寸法が限り無く合致!

何か、チャンバー全部をオイル缶で作れそうな気がしてきた…潰れたら直しゃ良いので。

そして装着、ん〜ん 今までの変なケツ下がりが解消、イイ感じ!
TS3Y2355.jpg

すかさず始動! おっ?遂に来たー!

バリバリパンパーン! 80モトクロッサーの音だ! こりゃさぞかし動力性能も…今日はここまで、フフフ! 皆様スミマセン、また速くなったかも
posted by ぼんずやま at 18:35| Comment(7) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

後はチャンバー絞りテーパーだけか

G1リア16インチ、スプロケもちゃんと噛まさって何とか付いたが…
TS3Y2307.jpg

やはりズレた? リアハブとスプロケが離れてるせいで、スプロケ同士の前後を合わすと車体中心よりタイヤが右に行ってる様な…

何か気持ち悪いので、見た目なるべく中心に寄せてみた
TS3Y2306.jpg

な〜に、よっぽどズレてなけりゃ大丈夫 ダブルリアスプロケなんてのもあった位だから あまりズレてりゃチェーンが外れてわかるんだろう!
TS3Y2305.jpg

トルクロッドがタイヤに当たるのを対策して走る状態になったー!
posted by ぼんずやま at 18:47| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

やはり50cc用にすべきだった

長沼コースこけら落としに間に合わすべく、G1リア16インチ化に着工

帯広にKC125のリアが出てたので、本州のMRやTS50のを買うより安かろうと買ってみれば

重い…ブレーキでかい…せっかく上がったパワーが帳消しか?

買っちまった以上、付けるしか無いので

あ…スプロケ428だ…どする?

方法@フロントを428にしてチェーンも428に

Aリアに420をピッチ穴開け直して装着

Bリアスプロケを420チェーンが掛かる様に削る

昨日スポンサー回りを行い、CRF125殆ど新車外しの19&16タイヤをレジェンドF氏から恵んでもらった乞食レーサー、ダッシュ0円チューンの私、まよわずBで
TS3Y2304.jpg

ピッタリはまったヨ!

荒削りですが仕上げはチェーンがやってくれるでしょう。



問題は走りとセンター出しだな…。
posted by ぼんずやま at 18:57| Comment(3) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

溶接だいぶ出来てきた?

先日パイプスイングアーム化時にタンデムステップ取り付け部を切ったら、少しパイプ部も削っちゃったので肉盛りと、チャンバーテールパイプをG1M化マニュアル通りに200mmに延長
TS3Y2285.jpg

手頃な19mmパイプ、これしか無く(何かの荷台)メッキになってしまった。

もうイジる所が無い! いや…ケツ下がりを何とかせねば…400mmリアサス? 16インチホイール? 点火時期…今何度か計って23度に近づける!

これで世界最速G1計画完了。
posted by ぼんずやま at 11:40| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

完成

色々用事足しては触りを繰り返して、チーフメカの指示通りにエンビ管を駆使してほぼ完成
TS3Y2278.jpg

やはり、かなりリアが下がった・・・フェンダーとのクリアランスから見れば、当時こんなモンですが

フロントフォーク伸びた分リアさがり。

結局リア16インチにするしか無さそう  「おーいkyonチャン、14インチとバクるからMR50リア探してくれー」
posted by ぼんずやま at 15:05| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G1最終段階

GW後半、天気サッパリにつき 兼ねてから秘密裏に行われている「G1パイプスイングアーム化」を記事に
TS3Y2276.jpg

これやれば、1次圧縮UP以外はG1Mと同等になる(はず)

しかし時間かかってる…スイングアーム決まるまで3本を費やすに始まり

やっと形が合うのを見つけても

径が違う、幅が違う、穴が違う…ア〜ンアンアン、イミテーションゴォオ〜オ〜♪

ストロークするとフレームに当たる…

こっちのシャフトをあっちに付けて
シャフト内径換えるのにカラー入れ替えや二重にしたり

リアサス当たるチャンバー出口切ったり、何やってもウマくいかなかったり、やる事全てハマったりしながら何とか物になってキタ?
TS3Y2277.jpg

もうちょっとアクスルシャフトにカラー出し入れして、ハの字になったリアサス動けば終了。
posted by ぼんずやま at 10:11| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

チャンバーカット



先日の点火時期変更で効果あったG1、ばらつきケッチン&始動不能のチョイ手前まで追い込みたい所を保留して、G1M化プロジェクト最終段階「チャンバー寸胴部短縮」

オバフロ資料によれば、ずん胴部160mmで3〜4cm長い…四の五の言わずに即カット

お? 中はカラッポだったが最終絞り部が2重になってる…見た目より絞りがキツいと言う事か…新しく作り直せばいいんだが…金がかかるので…カネナシー効果(ベタか)を期待して無視しよう。

さあ、ガス溶接開始

中に溶けてかないように横で付けながら回す様にやってみよー。

最初は火加減判らず、長い火でやったら全然溶けず…ねばってたら変な所暖まって穴が…横から「5cm位の火でやれ」との指令有り、なんとか1周。
TS3Y2261.jpg

なんか掴んだ気がする!

さあ、ここを詰めれば高回転型とあるが、既に発進時に初エンスト&柴チャン試乗時エンジン一瞬かからずという低速痩せの兆候見られるG1

どうなるか?
posted by ぼんずやま at 09:28| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

G1いじり2018 第1回

そろそろ昨年秋に迷路にハマって投げたG1「春のMJ交換祭り」をやるか

確かチャンバーエキパイ部短くして終わってたはず・・・イヤ違う、排気ポートもやってるし吸気もやってる

秋のMJ交換祭りはその前だから、変更した分変化ある?

現在付いてるのが♯145 他の手持ちは130、160、180

145は冬にちょっと乗った感じでは特に問題無かったが、吸気も排気も換えてるので薄い可能性アリ

な訳で180♯からスタート!
TS3Y2232.jpg

ん?エンジンかかるが発進しない・・・あ、チェーン外れてる・・・掛けに行くと・・・アジャスターが片方付いてない・・・。

応急処置でなんぼシャフト締めても戻ってしまうので、静止空ぶかしでチェック…あてにはならんが、空ぶかしで調子悪いのが走ったら調子良いなんて有り得ないので良しとしよう。

180♯は何か大人しい感じで上もフン詰まり、即160に変更

こっちの方がバリバリと乾いた暴力的な感じで上も180よりカン高い音をたててる

とりあえず160♯の勝ち!

雨も降って来たのでアジャスター付けて実走は後日。

そ言えばキャブの刻印 64 08 412とあるけど、オバフロ様、これでわかる?
TS3Y2230.jpg

posted by ぼんずやま at 13:04| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

19インチ化

ありそうで無かった組み合わせ

フロント19インチにリア17インチ
TS3Y2123.jpg

フロントノーマルなのでMXタイヤにすると少々フロント外径増えるが・・・

これはこれでイケましょう(16ホイール無いし、17余ってるし) バランス的に5cmロンスイにしたくなってきた。
posted by ぼんずやま at 14:28| Comment(9) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

ひとまず現場から家に戻す

苦節1週間、遂に溶接したマフラーと削り増ししたシリンダがバイクに戻されたので引き上げ

漏れは? う〜ん、汁が…若干エキパイから微風が…本体からではなく取り付け口から
TS3Y2115.jpg

ま、良しとしよう

んじゃ、性能は? う〜ん、あまり変わらん様な…。

走らせてみても雪の上じゃ滑ってわからん、MJ145だからあまり上回すのもオッカナイ

走るだけ大したモン、キャブ凍って全開になったりするので、春に180番付けてから確認しよう。
TS3Y2116.jpg

これでダメなら、ストーブの煙突切って作ってやる!

巷じゃH3焼き付き? G1は適当にリング絞ったらスッポンとシリンダが勝手に入ってしまう緩さ!
焼き付きようが無いかも(圧縮・・・)
posted by ぼんずやま at 12:05| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

いやー忙しい

今週の仕事

溶けたマフラーフランジ再生は2分割のものを作って両側から挟む

排気ポート
無題.png

三角だと開き始めの開口部が小さい=出が悪い、ここを四角に
TS3Y2112.jpg

そこそこなったか? これ以上は出来ん

掃気はヤスリが届かんので上部面取りレベルで1mmも削れず・・・でも計ったらデータとイイ線いってた?

外した色々を元に戻すのがキツイ・・・。
posted by ぼんずやま at 09:27| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

事件解決には時間が・・・

なんかオバフロ止まらんの悔しいので、こんな事を  
TS3Y2099.jpg

フロートがサッパリ上がって来ない! あ〜溢れる〜と焦ると「カコン」と上がって来たり、来ないで溢れたり、最初からスーッと上がって来たり…。

フロート内チャポチャポではない

オバフロ様、どうしたら良いでしゃう?  ポンコツレーシング協会、自浄能力無いのでお任せします。
posted by ぼんずやま at 17:17| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

昨日は積雪0だったのに

高1のクラス会も終わり、酔拳女子の鑑賞も堪能した本日

現実に戻ってG1いじり、先ず昨日オバフロで買った新品フロートバルブセットを付けたVM21をセットしてコックON
TS3Y2096.jpg

サイドスタンドの状態でまだ漏れる・・・車体立てると止まる・・・もういいや、これで

エンジンは…かからん・・・火花飛ばず・・・ちょうどバッテリー切れたみたい

充電後は一発点火

エアクリを大幅に改修してこんな感じに
TS3Y2097.jpg

かなり空気吸いがよくなった様で、回転落ちが悪い・・・MJ上げたい所ですが、落ちが悪いのは中速域なのでニードル段数いじる方がいいのか?

一応仮説としては、空気を送れる様にしてもエンジン側が要求してなければそれ程の変化は無いはず。
にもかかわらず薄い症状出たという事は、エンジン側が混合気を要求してても今まで入ってなかった所に空気多目の混合気が入ってるんでは?って感じ。

ニードル1段下げて少しマシになったが、以前程の切れが無い…又MJ上げてみよう。

チャンバーはどうやらハリケーン製、そんなにインチキなモンでも無さそうなので切開は中止

残るはポート再拡大か・・・たまたま削ったポートにチャンバー相性が合う、という偶然に賭ける!

イレ様にお宝画像送ったら電話が来て、走るべ走るべとウルサイ
TS3Y20950001.jpg

G1は走れる状態に無いのでマックスJ1も動かしてみた
TS3Y2098.jpg

クラッチ滑り気味なのと、氷上では結構滑る(空気圧バカ高)のを確認して寒〜ぃので終了。



posted by ぼんずやま at 14:51| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

クイズダービー

先日のオフパラでの不調 最高回転時に突然失火した様に排気音がしなくなってオットットォみたいな感じ。

でアクセル戻すと再び排気音が出て加速して、全開すると繰り返し。

バイク止めて全開にすると少し回転が落ちるが失火はしない。

原因は五択?
@濃い=空気が足りない
A薄い=燃料が足りない
B薄い=空気が多すぎる
C濃い=燃料が多すぎる
Dその他、ポイント限界やリーク、ご臨終など

んー、竹下景子に5000点! さらに倍

@は大いにあり得る
VM21空気吸い込み口とキャブカバーの隙間が狭い…高回転で影響大らしいが、ビッグホーンも狭いが大丈夫らしい

Aは結構MJデカいけどNJとJNが小さいので、入良くても出が悪い可能性は有る

Bは無い

Cは、MJデカい方がレーサーっぽいからデカくした的なノリがありがち…お調子者だと特に(正にオレ) けど、プラグ見る限り失火するほどの煤けは無し(碍子はこげ茶、先っぽ黒っぽいがカラッと煤は無し)

Dは…リークは前科あり、でも色んな状況で出そうなもんだが今回はパターン決まってる

ポイントも1万回転ならあり得るが、そんなに回ってない

ご臨終…焼き付き…排気煙少ないな、CCIS35:1だけど…考えたくない…音は異常無し

さて、何からやるかと朝見たら
TS3Y2079.jpg

ゲゲゲ

や〜めた
posted by ぼんずやま at 09:14| Comment(9) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

しつこいね

G1M(?)2017バージョン最後の挑戦

キャブ色々やってみて今イチ変化が無い

何を意味する?

エンジンが混合気を要求する訳だから、キャブ側がそれに答えた時点でそれ以上デカくしても何も起きないよな

一次圧縮上げたり、ポートもっと削ればまた変わってくるだろうけど、現時点でソレはやんない

あと高速に効く所は…ここ
mahura.jpg

G1M改造マニュアルによれば200mmらしい

トライアルマシンが低速出すのに、わざと長くしてた

という事はやはり・・・

え〜い、切ってしまえ!!! で、こんな感じに
TS3Y2067.jpg

でも、どうやってくっつける?

それは後回しにして、果たして走りは?

ウ〜ン変わらん?・・・排気漏れのせいか?

ついでじゃ! ニードル一段薄めはどうよ?

ウ〜ン…低中速が多少軽くなった? でも「持ってかれる感」が減った気も・・・高回転詰まり感は薄れた気がするが、ただ回ってるだけっぽい。

んならプラグは? ウ〜ン大した変わらん
TS3Y2068.jpg

                     結論 「何も変わらず」

整備性は悪くなった、バンザ〜イ!
posted by ぼんずやま at 17:00| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

また長い 画像も無いし

VM21−MJ180でソコソコにセッティング?の出たG1M(?)

本物G1MがVM22−MJ180番だから、ポートタイミングをG1Mに近いが同一ではない数値に留めてる現状からすればイイ所に収まってる気がする

口径1mm小さいのにMJ同番では濃い?

いやいや、K125のニードルセットはG1Mより細いので燃料の吸い上げは少ないはずだからMJ大きめでもOK

しかし高速域は不満、プラグ焼けは?・・・普段ベチョ濡れで平気に走るワタシ、よくワカラン!

オバフロ先生に判断仰ぐと「濃くね?」

判断の前に、こないだオバフロ居座りをやった時に発見してもらい、掃除もしてもらったニードルジェットの汚れの効果見る為に一度MJ145番に戻してみ、と言われて戻してみると

普通に動く!・・・番手が小さいと不調だった原因はココでした

前回のチェックは意味無し&総廃棄決定、ハイやり直し〜

で、やり直してみると145〜180番どれでも走る・・・違いは・・・ワカラン

全開フン詰まり時にチョーク少し開けると余計悪くなるので、濃くする必要は無さそう

じゃ何番にする?とりあえず160番にする事に

どうやら高回転不満(不調ではない)の原因は燃料では無い?・・・もしや…チャンバー?

車種不明、おそらくNSR用を切った貼ったで無理付けしたもの・・・50cc用ってどうよ

しかもエキパイ部がまだ長い・・・一度詰めたが、そん時も性能上がった・・・また詰めたらどうなる?

よ〜くチャンバー見ると、スポット跡がある・・・中身スッカラカンじゃなく遮蔽板が入ってる?

なんとなく、ポートは加速でチャンバーは高速というイメージからして

やはりチャンバー見直しの時期なのではないか・・・でも、それやってロードレーサーみたいになるのも困る

悩むな〜。
posted by ぼんずやま at 17:20| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ひとまず終了

昨日イーハトーブ反省会をQQSC会長、旧タイプ2スト、DON、N山、私の5名にて行い、来年の計画が決まったような決まらんかったような…ま、飲んで食っただけ

そして今日、会長から渡されたブルタコRブレーキを交換、無事復活となりました
TS3Y2060.jpg

飲み会前にオバフロ襲撃&居座りを行いゲットした、ミクニ用MJ180番
TS3Y2061.jpg

これをビッグキャブで試さねば

半径×半径×3.14で比べると面積1.5倍でビックリ
TS3Y2062.jpg

先ずバッタもん180番で始動 お?普通にかかる!

レーシングではギャンギャン上まで回る

走らすと・・・そうでもない・・・ノーマルよりはマシか・・・3速満開時に上で一瞬パスっと失速したり・・・多分暖まってないからか

プラグの焼けは?・・・実は良くわからない・・・いつもは濡てなきゃOKなもんで
TS3Y2063.jpgいわゆるキツネ色

ではないな タヌキ色?
TS3Y2066.jpg

とりあえず走るんで様子見って事にしよ〜  しかし、こう前から見ると・・・やっぱり排気出だしが長い!
ここ詰めれば高速出そうな気がする。
チャンバー部にもスポット跡が有り、遮蔽板が入ってそう これ抜けば・・・

posted by ぼんずやま at 15:47| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

キャブセッティング

G1M? 2017バージョン最終型、と言いましたが

イマイチ納得いかん!

何でノーマルVM17にMJ160番だと調子イイのにVM21に160番だとまともに動かん?

ちょっと整理

今までの状態

@VM17 MJ130 ニードル段数上から2段目  まあ好調

Aキャブ交換前にキャブ付け口をテーパーに削る 付け口内径17mmから21mmに

B昨年VM21を付けた時
MJ145 ニードル段数5段目(多分)付け口17mm まあ好調

C今回VM21 MJ145 ニードル段数3段目 ダメ チョーク引いたままで何とか走る

D150でも160でも同じ感じ

EVM17に戻してMJ160 ニードル段数3段目 絶好調!

F再度VM21 MJ150 ニードル4段目 ダメ、ちょっとマシな気も…

気になるのがAの後のCで調子良くなかった事

Aをやらんかった昨年Bは動いてた

Aで吸気抵抗減ってCが薄くなった?

でDでも薄い?

Eの状況をVM21で再現するなら180番付近が必要?

もっ回やらにゃならんなぁ。

posted by ぼんずやま at 21:40| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

11月3日 美沢 準備完了

G1M? 2017バージョン最終型
TS3Y2055.jpg
キャブMJ 130から160に

フロントスプロケ 12から15に
TS3Y2053.jpg

フロントサス アウターにスプリング追加、オイルで固くすると戻りが遅くなりそうでヤな感じなのでコレ
TS3Y2054.jpg

去年やってイイ感じだったのに、冬レースには固すぎるので外して、1回走って「やっぱ無理」となって放置してたんでした

試走 やはりスプロケ変更による加速影響は気にならん程度  逆に空回り感(クラッチ滑った?感)無くなり、全ギアのカバー範囲が上に上がり、1速が走行に使えて各ギア引っ張りがいが出来た!

極低速無くなったけど使わんもんな〜

サスは・・・固い・・・停止で揺すっても2〜3cm動くだけ
これが高負荷の時に丁度良いと信じよう。

舗装路ではフ〜ラフ〜ラと猛直進しますが・・・土の上なら気にならんと思うヨ

posted by ぼんずやま at 11:06| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

話が長いな

VET北海道最終戦の疲れも取れ、残すはオフパラ最終戦in美沢

あ、案内まだだった

11/3 美沢にてオフパラやります

時間その他はいつも通りです

イレ様、気合い充分で大挙にて押し寄せるとの事

晴れりゃいいんですが

という訳で、ワタクシも他の出場者を全て蹴散らす準備を

G1に昨年日高で付けたビッグキャブを再装着

前回日高でプラグリークで絶不調になり、少しはマシになるかと現場でノーマルキャブに戻してそのまま放置してたが、確か下が少し無くなって上が少し伸びてたはず

今回は

下チャンばりに吸気口も広げて
TS3Y2050.jpg

メインジェットも換えてみる 現在145で口径21
TS3Y2051.jpg

コレK125のキャブなんだが、アレはノーマルでMJ125〜135との事…何で145付いてるのかは置いといて

何故かニードル一番濃い段数になってるのも置いといて

G1Mは180で口径22

ポートは甘めに削ってるし、21mmだし、吸気口もG1加工なのでモロG1Mの数値では濃いと想像

多分145〜160じゃね?
TS3Y2052.jpg

先ず145試して、頭打ち状態でチョークをガバ引きだとカブるに決まってるのでチョイ引きして、MJ上げと同じ効果を出してみる(ハンドルに付いてるから楽チン)

これで車速伸びればジェット拡大、かぶれば限界

と思って、とりあえずニードル真ん中にして走ってみると…アレ? チョーク引かんとマトモに走らん 薄い訳無いんだが…。

160番も150番も変わらず

ヤケクソで140番に落としてもダメ…イレ様を笑えない状態。

チョーク戻したら始動も出来ない

見ればオバフロ気味、なんだ濃過ぎか?とオバフロ止めてニードル一段上げ…た当たりで濃いんだか薄いんだかわからなくなり

ノーマルに戻すと平穏、MJ130番

ここで弱気が出て、ノーマルキャブでMJ140番はどうよ?という方向に

ビッグキャブニードル下げを試してないのに

でも、あんなにイジったのに10番上げではクヤシイ!という訳でいきなり160番をノーマルに装着

普通に発進でフロント軽くなる加速!

そのまま中速に繋がり

上は…多少マシ

その後やっぱりビッグキャブへの執着で150番&ニードル一番濃いまで試すも、一番良いのはノーマルにMJ150番という結論

やはりビッグキャブ入れる程のチューニングになってないのネ

前述の通り、下は全く犠牲になってないのでフロントスプロケを12から元々の15に戻す事に

加速充分につき、トップスピード稼ぎに振って頭打ち感減少=プレス最速

いいんでな〜い?
posted by ぼんずやま at 17:09| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

G1蘇生

先日のオフパラで不調だったG1

症状は火が飛ばない・・・たまに飛ぶ・・・。

ケースカバー開けずに一回り小さく開く点検口からポイント磨いたりして、一瞬100m復活したりしてました。

我が家にて再チェック、テスターでポイント接点の導通見ると・・・無い。

あんだけ磨いたのにおかすぃのぉ〜、とカバー開けると中が砂だらけ・・・
TS3Y1901.jpg

どうやらココから入るみたい、それが撹拌されてポイントにひっ付く?
TS3Y1903.jpg

接点外して再磨き、黒焼けはしてないけど白い粉が結構出る
TS3Y1902.jpg

めくらをして始動
TS3Y1904.jpg

何事も無かった様に好調であります。
TS3Y1906.jpg

ちょっと固定の怪しいバッテリー、少し揺れても屁でもありませんが(バイクの方がよっぽど揺れてるので)擦れて穴が開いたらヤバいので養生と固定強化して終了

さ、やすらぎのさと見よっと!
posted by ぼんずやま at 13:12| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

G1に信頼の日本製バッテリー

8/10 19時より美沢にてキャンプ後、11日に行われるオフパラは「プレスフレームマシン 全道大会」との事

ならばG1で行くしかない!・・・2台目は2本サスなら何でも良いらしいが、そんなに積めない。

イレ公に先日ハスラー400(TMかも)用のリアスプロケを提供したが、代わりに要求した 小型開放式12Vバッテリー、14インチ新品MXタイヤのどちらか は届くのか?

どうもウチにあるバッテリー、全滅臭い…中国製密閉12V・・・。

一つ目 電圧8V、二つ目 電圧0V!

充電器繋いでも電流流れ出る感無し

しかし肝心要のテスターも一晩雨ざらしにしたヤツで怪しい…このまま充電続けても埒があかんので一つずつ生存確認せねば

先ずテスター、車の電圧計ると・・・8V…ハイご臨終

充電器・・・わからん

バッテリー・・・わからん

秘密基地へ駆け込んでチェッカーかけると…バッテリーもご臨終

まともだったのは充電器だけでした。

しかしここでイレ公グッジョブ!

ハスラースプロケと交換用のYUASA開放式バッテリーが届いてた!
TS3Y1879.jpg

これで11日は何とかなりそう

大挙押し寄せそうなイレ公軍団、全部まとめてG1で面倒見たる!


posted by ぼんずやま at 18:32| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

パンク?

さあ、極暑の中で楽しい楽しいバンク修理ダ!
TS3Y1850.jpg

昨日オバフロでイレ公より「明日走りましょーよ〜」と言われ、しゃあなくG1のバッテリーが12Vまでは上がらんが何とか始動する事を確認し、後はナンダ?とリアタイヤを見ればペシャンコ

トレッド剥がれないことを祈りながらチューブを出すと何じゃコリャ

穴? ではない…
TS3Y1851.jpg

誰かハサミで切ってソォ〜ッと元に戻したな?

14のチューブ無いので撃沈終了、ううう…片付ける気力が出ねぇ〜!

そして本日の続き

「今日は走んない」とイレ公に連絡すりゃいい所なんですが、いっぺん広げた店を中途半端に片付ける気にもなれず

ああ、栗山のバイク屋にチューブあるやろ、と行ってみれば

休み

ううう…長沼にもあったな、でもスズキオートバイって書いてたが

長沼 世羅サイクルで14インチチューブをGET!

んでチャチャッとやって江別へ

言い出しっぺのイレ公登場で練習開始

と言っても「来なきゃいいのにな〜」という感じのテンション、半袖半ズボンだし…。

案の定2周が限界、走っては休み、休んでは休み

途中でDT200とNSR(?)が合流
無題.png

しかもNSR、コースイン!
TS3Y1854.jpg

しかし程なく帰還、そして修理
TS3Y1856.jpg

あまり暑いとヒトが変になる様なので注意が必要と思ワレ

posted by ぼんずやま at 09:33| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

切ったゾー!

八剣山出場者からの神の声「サイプ切れ」に従い、やりました。
TS3Y1607.jpg

前回バイアルスで登別準備時にやった時はノコでコキコキやって半日かかったから、今回はサンダーで

現場ゴムカスだらけ、本人顔もゴムカスだらけ・・・事務所からは「うるさい! くさい!」
TS3Y1608.jpg

なんとか終了しましたが、問題は・・・

無充電、バッテリー点火のG1で3時間は無理でないの?  まあ、空き時間のフリーライド用なんで。
posted by ぼんずやま at 12:56| Comment(7) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

動いたが動かない?

本日、前々から気になってた町道から我が家への入り口を車の腹がつっかえない様にユンボで削り (超真剣作業につき、画像無し)

その後G1始動

バッテリー充電、コック&キャブ解氷(何で凍ってんの?)
で始動はしましたが、大問題発生…

走らない!  そろっとアクセル開けて何とか発進、加速すると即空転でその場停止 or スピン

TS3Y1602.jpg

タイヤズルズル&パワーのせい

空気抜けば少しはマシか?タイヤに切れ目入れるか?

冬用にタイヤに切れ目入れたら、夏に使い物にならんしな〜

とりあえず結論 使えない…YBのエコパワーに期待
posted by ぼんずやま at 14:47| Comment(9) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

初イジリ

仕事を昼で切り上げて何をしてるかと言うと

相変わらずのG1いじり

お? ゼッケン?
170118_1234~01.jpg

1/29八劍山 スペアマシン?

あんまりウルサいのは走れないそうです…ん〜、21Mよりは静か…普通のモトクロッサー並みだよな、確か

キャブカバーの出っ張りがリニューアル、塩ビ管キャップ300円 またポンコツ風味UP!
170118_1235~01.jpg

ここにエアクリ直付けは冬の雪と夏の泥を考えてヤメ

極寒の中、アクセルワイヤ替えましたが、頭が働かず…アレを付ける前にコレを通しておく、みたいなのが全て付けてから気付くパターンで、やり直す事数回

凍死寸前で終了

バッテリー充電と始動は後日
posted by ぼんずやま at 13:50| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

ドラム固定

フロントフォークをミニタン用アルミボトム&インナースプリングに変更

当然フォークとドラム合わず

で、こんなん作ってみました
TS3Y1464.jpg

スパナちょん切って、スパナの一部をバチバチッと溶接

どこに使う何か?

ここです
TS3Y1465.jpg

新しく付けたFフォークはアルミボトム、しかし元は鉄ボトムの為にドラムブレーキを固定する凹凸が細い

アルミフォーク側の太い凸に14mmスパナあてがうと大体一緒

ならスパナにドラム側の凹に合う鉄板付けたらどうよ?と思った訳

TS3Y1466.jpg

フォーク側とドラム側でビミョーに角度が違い、最初平行に付けたらシャフト位置がずれて付かず…フィッティングは家、溶接は現場な為に数回覚悟してましたが2回目でドンピシャでした 後は何時まで持つか…です。
posted by ぼんずやま at 12:50| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

?を取ってもいーですか?

本日をもって G1M? (?を取りたい出来映えジャ)完成とします!
TS3Y1401.jpg

先週遂にエンジンが正常に動き、昨日エンジンかけたらスンナリ再始動 バッテリー無くならん限り大丈夫でしょう。

かかった原因もかからんかった原因も、色んな事をいっぺんにやるせいで不明です。
ついでに「何でこんなに馬力出たのか?」も、色々いっぺんにやってるので不明

もしかしたら、ポイントベースにフラマグ用のコイルを付けたままだったのが原因かも…
TS3Y1397.jpg
フラマグ点火時は電気の供給源ですが、フライホイール無しバッテリー点火でコレ残すとポイント部と並列に常時通電の配線がある事になり、ポイント部に行く電流は減るは常時アースで発熱や消耗がありそう。

本日行ったのは、折れそうな三つ又内の延長フォーク繋ぎ目 にゼッケン付けがてら補強
TS3Y1399.jpg

フライホイール無しを強調するカバー
TS3Y1398.jpg
 
フェンダー塗装、リアマッドガード追加、リアホイール少し引いてホイールベース延長

これで日曜へ向けた準備終わり

問題は…「出来んのか?」の一点…。
posted by ぼんずやま at 19:29| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする