2017年01月25日

切ったゾー!

八剣山出場者からの神の声「サイプ切れ」に従い、やりました。
TS3Y1607.jpg

前回バイアルスで登別準備時にやった時はノコでコキコキやって半日かかったから、今回はサンダーで

現場ゴムカスだらけ、本人顔もゴムカスだらけ・・・事務所からは「うるさい! くさい!」
TS3Y1608.jpg

なんとか終了しましたが、問題は・・・

無充電、バッテリー点火のG1で3時間は無理でないの?  まあ、空き時間のフリーライド用なんで。
posted by ぼんずやま at 12:56| Comment(7) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

動いたが動かない?

本日、前々から気になってた町道から我が家への入り口を車の腹がつっかえない様にユンボで削り (超真剣作業につき、画像無し)

その後G1始動

バッテリー充電、コック&キャブ解氷(何で凍ってんの?)
で始動はしましたが、大問題発生…

走らない!  そろっとアクセル開けて何とか発進、加速すると即空転でその場停止 or スピン

TS3Y1602.jpg

タイヤズルズル&パワーのせい

空気抜けば少しはマシか?タイヤに切れ目入れるか?

冬用にタイヤに切れ目入れたら、夏に使い物にならんしな〜

とりあえず結論 使えない…YBのエコパワーに期待
posted by ぼんずやま at 14:47| Comment(9) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

初イジリ

仕事を昼で切り上げて何をしてるかと言うと

相変わらずのG1いじり

お? ゼッケン?
170118_1234~01.jpg

1/29八劍山 スペアマシン?

あんまりウルサいのは走れないそうです…ん〜、21Mよりは静か…普通のモトクロッサー並みだよな、確か

キャブカバーの出っ張りがリニューアル、塩ビ管キャップ300円 またポンコツ風味UP!
170118_1235~01.jpg

ここにエアクリ直付けは冬の雪と夏の泥を考えてヤメ

極寒の中、アクセルワイヤ替えましたが、頭が働かず…アレを付ける前にコレを通しておく、みたいなのが全て付けてから気付くパターンで、やり直す事数回

凍死寸前で終了

バッテリー充電と始動は後日
posted by ぼんずやま at 13:50| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

ドラム固定

フロントフォークをミニタン用アルミボトム&インナースプリングに変更

当然フォークとドラム合わず

で、こんなん作ってみました
TS3Y1464.jpg

スパナちょん切って、スパナの一部をバチバチッと溶接

どこに使う何か?

ここです
TS3Y1465.jpg

新しく付けたFフォークはアルミボトム、しかし元は鉄ボトムの為にドラムブレーキを固定する凹凸が細い

アルミフォーク側の太い凸に14mmスパナあてがうと大体一緒

ならスパナにドラム側の凹に合う鉄板付けたらどうよ?と思った訳

TS3Y1466.jpg

フォーク側とドラム側でビミョーに角度が違い、最初平行に付けたらシャフト位置がずれて付かず…フィッティングは家、溶接は現場な為に数回覚悟してましたが2回目でドンピシャでした 後は何時まで持つか…です。
posted by ぼんずやま at 12:50| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

?を取ってもいーですか?

本日をもって G1M? (?を取りたい出来映えジャ)完成とします!
TS3Y1401.jpg

先週遂にエンジンが正常に動き、昨日エンジンかけたらスンナリ再始動 バッテリー無くならん限り大丈夫でしょう。

かかった原因もかからんかった原因も、色んな事をいっぺんにやるせいで不明です。
ついでに「何でこんなに馬力出たのか?」も、色々いっぺんにやってるので不明

もしかしたら、ポイントベースにフラマグ用のコイルを付けたままだったのが原因かも…
TS3Y1397.jpg
フラマグ点火時は電気の供給源ですが、フライホイール無しバッテリー点火でコレ残すとポイント部と並列に常時通電の配線がある事になり、ポイント部に行く電流は減るは常時アースで発熱や消耗がありそう。

本日行ったのは、折れそうな三つ又内の延長フォーク繋ぎ目 にゼッケン付けがてら補強
TS3Y1399.jpg

フライホイール無しを強調するカバー
TS3Y1398.jpg
 
フェンダー塗装、リアマッドガード追加、リアホイール少し引いてホイールベース延長

これで日曜へ向けた準備終わり

問題は…「出来んのか?」の一点…。
posted by ぼんずやま at 19:29| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

限りなくG1Mに近いG1

G1復活最終章(どっちに転んでも)
TS3Y1385.jpg

ポイント、コンデンサ、クランクシール交換済み…これでダメなら雑品だ!

バッテリーは13V、火は飛ぶか?

飛ばない…雑品へ一歩前進…。

ポイントの導通見ると、閉じてる様に見えて実は開いてる様で導通してない!

他車用のせいか、ヒールが高いみたい…カムに触れるか触れないかの位置でセット

おお!飛んだ! しかし異様だな、あるべき物が無いのは
TS3Y1386.jpg

すかさずキック

「バリバリーン!!!」

キターッ!

暖機後、試走してみると

吹け上がりが半端でナイ! この世のモノじゃない!

倍の加速! 15馬力は出てる? 125トレールは越えてる。

フライホイール無しでスカスカになると思ったら、そうでもない と言うか、下のトルクは恐らく減ってるが、回転スピードが下から一気に回るから直ぐに中速域に入って上につながってく。

またリアタイヤがパンクしてて、いつもなら構わず走れるのにコーナリング中にアクセルをバカっと開けれないビジネスバイクになりました
TS3Y1387.jpg

パンク直してキャブのアイドル調整棒付けたら完了

オフパラ間に合うゾ〜!
posted by ぼんずやま at 19:25| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

J1・・・出来る事はもう・・・

J1再生3日目

シリンダ外して ピストンとシリンダはM野さんの言う通り綺麗

からの続き

1日置いて、回るかな〜? 回んない

そうでしょうよ

ちょっとピストン外してクランク付近を見てみるか
TS3Y1380.jpg

ピストンピンがケースにギリギリ引っかかる高さでコンロッドが止まってる…ベースガスケット犠牲にして何とか外すと

ちょっと焦げてる…それより問題は、リング完全固着、ピストンと一体化

コンロッドはピクリともせず…30分位叩いてたら首振る様になったけど、引っかかる感じ

結論……「焼き付いてます」……

ふぅ
posted by ぼんずやま at 18:33| Comment(6) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

衝撃走る

前の記事は昨日の話

クランク回らんJ1、昨日はセルダイナモ下が錆びてたので分割出来ればクランク回るだろ、と外したトコで終了

外すと中は綺麗、クランク回らん原因は他に有り

クランクボルト回し…ダメ

キックペダルに両足載せてジャンプ…ダメ

ギア入れて後輪鬼回し…ダメ

じゃあ、シリンダ外して ピストンとシリンダはM野さんの言う通り綺麗
TS3Y1377.jpg

クランクウェブは…暗くてワカラン、CRCやエンジンオイル入れてキック&後輪回し…ダメ

ちょっと時間置いた方がエエナ、とセルダイナモ側に回って佇んでると…ポタッ
TS3Y1379.jpg

何? こぼさん様に一次圧縮室にオイルいれたよな〜

パークリ吹いてオイル再注入

ポタッ…

セルダイ側ケースをガン見

ネジ穴でもクランクシールが有るであろうシャフト中心部でも無いケース面からオイルがジワ〜…

ケースにひびか鬆(す)があるみたい=一次圧縮漏れる

なんかクランク回す気が失せてきた…ぞ。
posted by ぼんずやま at 21:42| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G1かと思ったら・・・

先日の樽前旧車会でウラウラしてるとCB750Fに乗った御方より「その後G1どうよ」と声がかかり

「雑品寸前ですわ」などと答えると

「あるから持ってけ」との事

話しながら記憶たどると、バイソン&ウルフ乗りで記憶してたM野さんでした

カッコ付けて雑品にするのもヤなので、有り難く頂戴する事とし、恵庭4スス親子とM野さん宅へ
TS3Y1374.jpg

そこで色々な名車と共に見た物は…

J1だった…

M野さん、「動くの楽しみにしてるゾ」

う…G1とニコイチ企んでたんですけど…

ま、それはいよいよ駄目な時にするとして「まず眺めてみよう」と観察

ピストンピンが1mm小さいのは情報としてあるけど

む? あれ?

なんかフライホイールカバーでかい…G1と違う

キャブカバーも小さい

ゲゲゲ…

フライホイール無ェ ブラシがある セルダイナモだ!
TS3Y1375.jpg

ポンプも無ェ、タンクも無ェ 混合だ! 
TS3Y1376.jpg

G1に使える場所が無ェ〜!

コレはコレで何とかするしか無ェ〜!

って、バッテリー付きさえ殆ど弄ってないワタクシに何とか出来んのか〜?

ヤバイです オバフロ君、出番です。
posted by ぼんずやま at 19:00| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

無音地獄

昨夜突如思いついてオバフロを夜襲、クランクシールを引き取って本日G1蘇生にかかる

クランクシールちゃんと入れて
TS3Y1359.jpg
フライホイールはクランクベアリングの負担軽減の為、外した状態でバッテリー点火で蘇生したい

ポイントベース長穴化で点火時期もいじれます(エンジンかかった状態でもいじれそう)
TS3Y1360.jpg

ビッグキャブ用吸気口はこんな感じになった(今はノーマルなので関係無いけど)
TS3Y1361.jpg

配線変更して、キック キック キック…

                       無音

火は飛んでる(弱い?)

ガスは…来てない?

キャブ掃除後、再キック

                       無音

面研ヘッドからガス漏れか? パークリかけて乾いた後キック…

                    無音(たまにケッチン)

さあ、わかんねぇぞ
TS3Y1362.jpg

12Vバッテリー電圧は…8V…これか?

違うわな、元々6Vなんだから…でも火が弱い気もする。

プラグか? 替えは無い…

そもそも、あんだけキックしてプラグがベタベタにならんのがオカシイ

火が弱けりゃなおの事

ヘッド〜シリンダの隙間は乾いてる  シールからか? うう・・・見たくない

う〜ん…腹減ったからヤメヨウ。
posted by ぼんずやま at 13:23| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

G1 危篤

カワサキの事なら俺に聞け〜!

という貴方へ質問です
「C2SSのクランクシールはG1に合いますか?」

形は限りなく似てますが、外径内径とも不明…時代的には合います

ちなみにクラッチ板は共通です、多分。

まさか会長のC2SSバラしてサイズ計る訳にもいかんしな〜

こんな部品です

ヘビーインダストリーになってからの部品は合わん様な気がするんだよな〜

60年代なんて大した車種作ってないんだから、大体大きさ変わらんバイクは全部同じ部品使ってんだべぇ、と楽観的に行きたい所ですが…

嫌な噂も

J1とG1とC2SS、ビストンピンの直径が1mmづつ違うらしい…。

「あ〜あ」と何の気なしにフライホイール取った後にコイルを見ると傷が…

クランクシャフト触ると…

動く…
TS3Y1340 (1).jpg
偏心回転で磁石とコイル当たってる…
ベアリングも逝きつつある…

片方動く=両方ヤバイ…

う…21M以来のクランクケース割り?  50年経ってパワーUPで各部に無理が・・・ナンテ!

見なかった事にしてC2SSのシールだけ駄目元で取るか?

あ〜、もう違うエンジン載せるか?

候補
@同じエンジン
AGA系
BAR系
CKX80系
D適当なエンジン

@は無い、ヤフオクにボロ一件有り35000円(バイクより高い!)
Aも程度不明が15000〜30000円
BCもソコソコ出てるがCDIやら専用コイルやら必要

Dだな?

いっそ世にも珍しい水冷プレス?ついでにユニトラックも?

という訳で、答え出るまでG1動かせません…。





posted by ぼんずやま at 21:23| Comment(7) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

なるほど、このせいか

先日のオフパラで

これは5/1の画像byルジャ〜ンさん
TS3Y1331.jpg

何か走る度に、いや違う、いつでも…妙にハンドルが曲がる…グニャグニャと

締め込み緩いんだベ〜、とか色々言われて

ま、あり得るな そうだな ガハハとか言ってたんですが

帰ってバラしたら

折れてました
TS3Y1333.jpg
自分で溶接した場所、色々(全部?)

ダメだ〜コリャ〜!

どうやり直すか考え中〜。
posted by ぼんずやま at 17:07| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

オフパラ終えて

昨日何とか普通にエンジンかかったマイG1

ならば普通に走れたか?と言うと…

こないだフォーク延長した時に抜いたオイルの補充を忘れてオリマシタ
TS3Y1270.jpg

5/3〜5は滝上、久しぶりにベータ240でも動かすか?

その前に、また忘れたら困るからフォークオイル入れとこ

なんか無いかな〜と倉庫あさるも…ユンボ作動油は現場だし…あ、なんかある

何々?コンプレッサー用?

いいや、これで

本日のミッション終了〜

しかし入らんなぁ、1回も溢れさせずに入れれる奴を尊敬するな

あ、固いのか?
posted by ぼんずやま at 15:51| Comment(3) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

やっと終わった(多分)

リアに付いてたらグニャグニャのくせに、フロントに付けてみるとピクリともしない原チャリスプリング

これはサスガにヤバいと、長さ調整して2つブチ込んでみようとヤフオクでK50のスプリングを手配した後に倉庫をガサると

あ〜、やっぱりあった 多分C92いじった時の残骸、何だったか? CL50? 忘れたけど割と長いスプリング発見

シメシメ、これでストローク伸びるゾ

あ、金無いのに無駄な買い物した…

気を取り直し、バネ交換

い〜い感じじゃないのぉ!
2〜3cmは伸びたべぇ
TS3Y1247.jpg

ここで質問コーナー「フォーク伸ばさんでスプリング長くしてもストローク増えんでしょ、逆につぶれた時の巻き数増えて減るんでは?」

半分正解 半分少女
以前
TS3Y1228 - コピー.jpg

現在
TS3Y1247 - コピー.jpg

リアサス流用
TS3Y1243 - コピー.jpg

実はノーマル状態で既にバネがへたっててフォークが2〜3cmボトムに入ってたの
同長のピンピンした奴入れれば直るんでしょうが、どうせなら長めの入れて思い切り突っ張らかしてみた訳(将来フォーク伸ばす事も考えて)

よし、G1M(?)終わり!
posted by ぼんずやま at 18:03| Comment(6) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

最終チェック

G1M(?)フロントサス完全リジット仕様
TS3Y1243.jpg

せっかく作ったのでエアスクリューいじりも兼ねて試走

冬場の懸案だった始動性は問題無し

低回転〜高回転間の気になる不調領域無し

もしかしたら、まだ入れてない超高回転域に何か有るかもしれませんが…

要するに、そこを使う必要が無い位の走りが出来ている

結論 「超大成功」
KIMG0095_20160410101305.JPG

見よ!フロントノーサス走り
KIMG0097_20160410101208.JPG

その代償は肩に来る?

既にここには来てました、振動によるものか
TS3Y1244.jpg

秘密基地オバフロでもらったB7HSの焼けは?
TS3Y1245.jpg
焼けてない・・・半熟・・・トライアルならこんなモン・・・薄いよりエエカ

さて、落としたスタンドでも探そうか
posted by ぼんずやま at 10:33| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

だめだ、こりゃ

リアサスをTY250Jのを付けていたG1、非常に具合ヨロシイものの、チト長過ぎでフォルムが前のめり

短いのに替えりゃいい事ですが、ナンカ悔しい

4大メーカーサス戦争に参戦すべく、フロントサスのロング&強化に着手

アウタースプリングのままで!
TS3Y1242.jpg

インナーチューブ延長はボトムケース内に吸収されて×

原チャリのリアサスが径ピッタリだったので入れてみると…

前のめりは解消、しかし…1mmも動かなくなってしまった
TS3Y1241.jpg

ハイ 御苦労さん!
posted by ぼんずやま at 14:48| Comment(0) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

まだ何か出来る?

速くなったG1M(?) もうちょっと何とかしようとエアスクリューいじる穴を新設したら…ずれて開けてしまい、とどきません。

気を取り直してお化粧を

TS3Y1238.jpg
カワサキ&キサワカ
TS3Y1239.jpg

ちょっと前に張りすぎた…もうクリアー吹いちゃった

後ろにも
TS3Y1232.jpg


あと何すっかな〜

フロントサスに下駄はかしてキャスター寝せて見ようか?
posted by ぼんずやま at 14:17| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

残るはワカサギステッカー

G1M(?)いじりも残り僅か

あとはエアスクリューを回す穴位か?

その前にガソリンこぼしてネロネロになったラッカー塗装タンクの塗り直しをしよう

要はこぼさなきゃいいんだから、またラッカーでネ

21M風にメタリック系にしてみるか

下地が全てと知っていても…バイクもいい加減、人間もいい加減につき…。

それでも作業は緻密に…なんて事になるはずも無く

垂れる前に乾けとばかりに片手にスプレー片手にドライヤーで、倉庫内なのに何故か強烈に入って来る風と戦いながら…

途中で足をタンクに引っ掛けてベロっとめくれて愕然としながら…

やっと完成
TS3Y1228.jpg

10m以内立ち入り禁止仕様です。

で、肝心の走りはどうよ? 先ずエンジンかかんのか?

かかります、不思議な事に

ちょっと暖機、時間かかるのが怪しいけど

走りは…正直に言います

                     バカっ速です!

ノーマル8馬力とすると…12位か?

プレスの加速ではない!

プレスモトクロの皆さん、さようなら〜!

俺に勝ちたきゃ80のモトクロッサー持って来い!

マジでプレスの方々にはヘッド面研&ディスク拡大&ビッグキャブを勧めます。

後はいつブッ壊れるかだな

小技を一つ

サイドカバー磁石止め
TS3Y1229.jpg

                       脱着楽〜!
posted by ぼんずやま at 13:11| Comment(10) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

ほぼ完成

リアサスとタイヤの隙間、左サスをちょっと削って装着 クリアランスは1mm…。
TS3Y1223.jpg

ミニクロホイールで14インチ化、ホイールにG1のドラムパネルがスポッと入ったのでシメシメとシャフト締めたら…タイヤが回らん。

ミニクロスプロケが何丁か多いせいでチェーンが何コマか足りなくなり、4ススさんに「雑品から420を5コマ、ジョイント付きでオクレ」と電話したら「チェーン位、新品買え」だって
TS3Y1225.jpg

雑品友の会、会長にあるまじき発言だ!

そして最終兵器
TS3Y1224.jpg

G1に比べてG1Mのヘッドフィンは倍位長い…これで同等でしょう、旧タイプ2ストK90のパクリですが

洗濯バサミはチューニングマシンにこそ相応しいと思うヨ
posted by ぼんずやま at 18:02| Comment(6) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ゴールが見えて来た

今日は何故かヤル気に満ち満ちている?

理由は昨日旧タイプ2ストさんからゲットした古タイヤのせいか?

先ず朝に長沼で白鳥を眺め
TS3Y1218.jpg

帰るとバイクを積んで現場へ

こないだの保安パトロール中、2番目に偉い保安統括者代理から「こんなに荒れてたらバイクがいいね」と言われたのを真に受けたフリをして、なし崩し的に現場でバイク使ってしまえ!というノリ

私の愛人とバイアルス250のツーショット
TS3Y1220.jpg

一部乾いて来てるけど、まだ少し早い…あっという間に泥だらけ

そして家に戻ってG1いじり

こないだ現場で溶接してもらったステップ
TS3Y1222.jpg

問題のタイヤは…やっぱり当たる
TS3Y1219.jpg

え〜い、組んでしまえ

こんな感じに
TS3Y1221.jpg

クラシック感が減ったかも…スプロケ枚数増えた為、チェーンも足らん。

さて、当たってるサスをどうするか?

リアサスを外に出すには何通りか有り
@スイングアーム側の付け口がプレートで、現在内側に付けてるのを外側に変更

Aプレート内側削ってそのまま付ける

Bリアサスの下部のリングを削る

Cタイヤを削る

んーん、ほんの5mmだから一番金がかからずに復旧可能なCでないかい?

ここまでやって、エンジンかからんかったら…こないだはかかったけど…あり得る…怖い。
posted by ぼんずやま at 19:18| Comment(8) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

復活?

3連休中にやってる事

@G1関係
連休前に溶接してもらったフライホイールを取り付けて、デカいキャブのままニードルで薄くして始動(会長にフライホイールネジ止めしてもらったが、始動の繰り返しでネジ全部飛んだ…)

結果→成功、苫小牧では濃過ぎでブボブボだったがエンジンちゃんと回ってマス!
TS3Y1215.jpg

問題は「何故かかったのか?何故こないだはかからんかったのか?」

                  答え「わからん」

栗山だとかかり、苫小牧だとかからん?それでは困る、栗山から出れなくなる…。
ニードル一番薄くしたから?でもチューニング方向は多分「混合気量をデカいキャブとディスク開時間を長くしてガバガバ送り、ギューッと圧縮してドカンと爆発した後にサッサと排気」だから、入っていく量を変えずに混合気の混合割合を薄くしてもどうなのか?
たまたま合計が合ったという事か?
始動時チョーク引く時間が短い感じなので、まだ濃いのかも…夏ヤバそう。

切るスイッチも、たまたま残ってたホーンボタンで作りました、頭いいねオレ!

あとゴムステップから鉄に変更も少し

Aユンボ関係
作動油ゲージ(タンク横に上下2つのバンジョーボルトで止めてあり、下ボルトを通った油が油面を表示するタイプ)、白濁して見えないので磨くか裏返しに付け直そうと外したら、ボルト穴から油が出てこない…=油面が下限切ってる…。

慌てて会社にあったペール缶を補充(殆ど全部入った)

結果→油圧強くなって?超信地旋回も出来る様に!
燃料漏れ系まではたどり着けず…ちょっとややこしいので、寒さを堪えなくて良くなってからにしよう。
posted by ぼんずやま at 20:50| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

地獄行き

いじった後、何故か普通にエンジンがかかってたG1、調子こいてフライホイール取っ払ってポイントカムだけ付けた状態で始動すると…

ブベ…ブベ…プスッ

あ〜あ、遂に…

なんかキチキチ音も…(ピストン打音?最初はしてなかったが)

ブルタコ&モンテッサでも似た状況があった気が。

ブルタコは点火時期早すぎ

モンテッサはポイント減りまくり

さてG1は?

何となくポイント見れば、妙にギャップが広い(点火時期早)様な…

聞けば、フライホイール軽量化するとエンジン回転速くなるせい(?)で点火時期が早くなるらしい

軽量化どころか無しですから

フライホイール取ったせいで位置関係が変わる訳じゃないから元から早めだったんだろー

先ずはギャップで遅めてみよう

駄目か…ならばプレートずらすか

むむ?

あ…
TS3Y1208.jpg
プレート動かない…

「チィーン」終了

長穴加工までする気力無し

さあ、フライホイールとポイントカムをくっ付け直さねば…
TS3Y1209.jpg
どん底行き、雑品になる日も近い?
posted by ぼんずやま at 13:38| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

敗戦 もとい 配線

あちこち適当に削って組み直したG1、何故か普通にエンジンがかかり、ちょっと速くなった気がした勢いでフライホイール取っ払ってポイントカムだけ付けた状態に。

次は点火、現状では点火時期があるだけで発電はしないので火は飛びません。

NO充電のバッテリー点火にする訳(充電は充電器で)

巷ではポイント式とCDI&フルトラでコイルは変わるとありますが、同じポイント式でフラマグとバッテリー点火の場合もコイル構造違うかは謎

内部的にはフラマグ用は高回転時のコイル焼け防止の為に抵抗があるらしい(フルトラ用は流れる電流一定だから要らないらしい、CDIはコンデンサから流れるからやはり一定らしい)。

バッテリー点火も一定だからフルトラ用でOK、とはならないらしい

ポイント断続時の300Vが問題らしく

「らしい」ばっかりだな

わかんないので、素直に+−あるポイント式コイルを使うか

その前にちょっとイタズラしてみよう

フラマグ用のコイルの1本配線を+に見立てて、ボディアースをボディから絶縁して線を1本出して−に見立てる

で、バッテリー+とコイル+繋いで、コイル−とポイントからの配線を繋ぐ

これで動けばタダだ

あ、でも6V用のコイルだ…バッテリー12V買っちゃった…。

いいや、やっちゃえ。
TS3Y1194.jpg

という訳で本日挑戦中ですが、クソ寒い…脳が働かねー!

昨日やりゃ良かった…でも昨日はルスツ行っちゃいました。

鼻水垂らしながらコイル外すと「あれ?線が2本ある」

フラマグ用って1本だよな〜、どっちかアースか? 黒と白緑線が…。

普通は黒がアースだよな〜、でも白緑って…ニュートラ?

わかんねー、頭働かねー 適当にやるゾ〜

黒繋ぎっぱなし、エンジンからの白緑をバッテリー(−)、バッテリー(+)からコイルの白緑に、コイルはボディに付けたまんま

これで火は飛びます

その状態でコイルをボディから外すと…やっぱり飛びます。

黒線を離すと飛びません。

結論 ボディアースは無し 黒線か白緑のどっちかは(−)。

元々交流点火だから、どっちが+で−では関係ない気がする…わかんないけど。

きのせいか、コイルをボディに付けない方が火花強い感じ…わかんないけど。

「らしい」「だよな〜」 「わかんねー」だらけの記事でした。

大問題「12Vバッテリー取り付け場所が無い」は先送り。

あ〜、こんなんで良くやってるわオレ
posted by ぼんずやま at 11:36| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

もはや前進あるのみ

遂にやってしまった…もう戻れない

会社から持って来たインパクトでブルンとやってフライホイールをプーラーでガコンと外し

外側のカシメをサンダーで削り

フライホイールと面になった時点で裏から叩く

あれ?取れない

これ以上叩くとカム潰しそう、ご臨終雑品確定

ドリルで面になった部分を揉んで

おお、取れた
TS3Y1191.jpg

ちょっと揉みすぎてでかくなった穴がある…バランス狂ったな

ま、軽いからいいか!

で、付けてみた…違和感アリアリ
TS3Y1192.jpg

さ、次はバッテリーとIGコイルだな

んー、6Vで行くか12Vにするか?

今のコイルのボディアースを浮かしてポイント配線を間にかまして使えるなら6Vの方が金がかからんが…

噂ではバッテリー点火用のコイルは抵抗入りで熱もたんらしい

ポイント式バッテリー点火はポイント閉状態はショートしてるはず

クランク1周の五分んの四はショート…いいのか?って感じ

やっぱりバッテリー点火専用が良さそう、我が家には無い(バッテリー自体が無い)

どうせ買い直しなら12Vだべなぁ。

充電器も要るなぁ。
posted by ぼんずやま at 17:22| Comment(3) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

そして またG1を・・・

連日の1日2回投稿 いっぺんにやれば良いんでしょうが、微妙に時間おいてやったりするもんでね。

冬にしてはネタ困らんな〜、そりゃ除雪までネタだもな〜札幌では考えられん。

除雪終了後、G1の掃除でもしようかと倉庫へ

掃除はあまりの汚さに10分でギブアップ、眺めてる時間の方が長くなり…

ちなみに今回のイジリで外見の特徴

でかいキャブ入れたら閉まらなくなった蓋を出っ張らした図
TS3Y1182.jpg

眺めてる内にエンジンかけたくなってキック!

「バリバリ〜ン」おお、まぐれじゃない

しかしこの音…もしやと下を覗くと

やっぱり

エキパイから漏れてた

DT125M用の元々やってあった汚い溶接跡ごと移植した部分から盛大に

雑巾で塞いだら大人しくなりました

「お〜いオバフロ君、雑品だったから文句は言わないからナ〜」
posted by ぼんずやま at 16:50| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

実はやってました…(やばいタイトルか?)

ユンボ遊びの後、時間あったのでやってしまいました

「恐怖のG1始動」
TS3Y1174.jpg
キャブからはお約束のオバフロ気味

かまわず蓋を閉め、ミッションオイルを入れ

何となく少し重くなった気がするキック(圧縮抜けてない?)を踏むと

「バリバリ〜ン」

エキパイ少し短くしただけで、こんなに音が変わる?

21M的な音でない?

ちょっと走ってみるか

うーん、速くなった様な 変わらん様な…ナンテ!

確実に速くなりましたヨ

今まで良かった下のツキは悪くなりました。

証拠画像
TS3Y1175.jpg

TS3Y1173.jpg

タイヤに付いた雪が使用後という事で


引き換えにアイドリングが安定せず、煽ってないと止まっちゃう…キルスイッチ要らずのニクイ奴

キャブ調整で治りそうですが、そんな事やってる内に焼き付いて終わったりして

ま、そこら辺上手くいったらフライホイール取り&バッテリー点火化に着手しましょう。

帰り道にこんなのが
TS3Y1176.jpg

雪ってこんな解け方するのだね
posted by ぼんずやま at 16:17| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

エキパイ良くなった

本日言うほど暖かくない雨の中、HVMX会長を訪問

お題は「G1マフラー溶接」

ビロ〜ンと長かったエキパイを昨日、勢いでチョン切ってしまってエンジンかけられん状態にしてしまった為。

爆発防止の為タンク取った後は切ったり叩いたりしながら現物合わせロウ付け
TS3Y1159.jpg

完璧ですな、オホホのホ 
TS3Y1160.jpg

果たして動くのか?わかりません、わかりたくない?

始動させずにこんな事やったり
TS3Y1162.jpg

14インチ化計画の下調べ 計測するとギリいけそう、外径2〜3cm小さいけど、元々ケツ上がり気味なので調度良くなりそう。

パワー上がったらタイヤも替えた方がね〜、なんて

動かんかったら意味無くなるので、手は付けない方が良いよな〜
posted by ぼんずやま at 19:10| Comment(13) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

ちょっと進んだ

偽G1ーM クラッチも何とか復旧 (どうやらC2SSと同じ物らしい、リプロあるゾ〜)

K125用 21mmのビッグキャブ付けるとこんな感じ
TS3Y1158.jpg

ワイヤーの長さ足りるか?とか、ヘッド周りが90度横向いたのでヘッドカバー合わないとか色々有り

マフラーのエキパイ形状変更もあるし、フライホイール取っ払い〜バッテリー点火化もあるし

何よりも…

                       寒いし

今日はプラスだと天気予報で言ってたのに全然あったかくない

なかなか進まんな。

posted by ぼんずやま at 11:25| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

ここまで来た

ええ、やりましたよ やりましたとも

お約束の「壊し」ですよね 予想外の1個のみでした
TS3Y1147.jpg

ショックドライバー、+で潰して−で回す、なら最初から−ぶち込め? さすがにそれは…。

めでたくディスクとご対面、あれ?鉄じゃ無いのネ
TS3Y1148.jpg

カバーに付いたクランクシールは機能してる様子 ディスク周りにミッションオイル付いて無いんで

カバー外すと吸気口がコンニチハ あれ?何か削ってネ?
TS3Y1149.jpg

購入時の佇まいはビジネスそのもの完全ノーマルだったので、前オーナーがやったとは思えない。

やったな、カワサキ?

妄想 工場にて「もうトッツアンバイクの組み立て飽きたわ よ〜しチョット削って出したれ! ビックリするで〜、コレ買うたヤツ、ククク」みたいな?

              ぜんぜん効果出てなかったぞぉ〜!

               どうせヤルなら全部やらんかい!


とりあえず、このディスクをガッパリ広げてやるゼィ!
posted by ぼんずやま at 13:10| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

チビチビやってます

こないだの大雪時に何故か除外された南空知 昨日45cm降ってチョンチョンにされました

今日、バードテーブルまで開通
TS3Y1144.jpg

G1いじりの倉庫入り口も開通
TS3Y1146.jpg
ぼんず山と大した変わらんじゃないか!

せっかく開通したのでシャッターを開け

プライマリーギアとクラッチセンターナットを後輪ロックさせて緩め

やっと出てきたロータリーディスクカバー
TS3Y1145.jpg
しかし+ネジが緩まん

う〜ん…一時撤退だぁ

粘り強さ無いのでサッパリ進まんな。

ここで今私がやってるG1→G1ーM計画、そもそもG1ーMって何よ?という方に説明を

G1ーMとはコレです
s432650184_1.jpg
………。
posted by ぼんずやま at 15:14| Comment(2) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする