2017年07月26日

ユンボ修理

1年以上放置してたユンボ燃料漏れ、突然思い立って修理開始
TS3Y1869.jpg

噴射ポンプなんて言う名前だけに、燃焼室にプッシューと高圧で噴射してるのかと思ってたが、そうでも無さそうなだって燃料ラインに空気入ると抜けるのに時間かかるもん。

逆に考えると、途中で漏れがあると噴射ノズルへの圧力は落ちそうなので、やっぱり漏れは止めた方がいいんでは?と思う訳

漏れ止め後、パイプユルユルでセル回しても、しばらく回さんと漏れて来ない…当然ウンとも言わず…やっと漏れ出した所でセル回すと1発始動

なんかイイ感じ!
posted by ぼんずやま at 18:33| Comment(5) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

バイト

G1を雪原に放ったらかしで何をしてるかと言うと
TS3Y1628.jpg

例のコレ ハウス倒壊防止、縦一列貫通で5千円也
TS3Y1627.jpg

こないだより雪は多くなってるわ、日当たりいい分凍ってるわで5時間近くかかってしまった…

あんまり早く終わらすとケチりそうだし、燃料も貰ったからイイカ

コレやる前に、大家どうやら自分でやろうとしたらしく、埋まった3tホイルローダーの引っ張り出しが
あったけど、それはサービスしてやろう!

posted by ぼんずやま at 15:25| Comment(2) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

12/31

毎日10〜20cm雪が降って陸の孤島となりつつある我が家周辺 私有地につき除雪が来ない 大家のボロショベルはどっか違う所に行ってるらしい…

敷地全部はやってられないので自分の車付近を雑に除雪して

とっとと冬囲い
TS3Y1586.jpg

吹雪くなよ〜、飛んじゃうぞー

何とか死なずに2016年クリアのユンボちゃんでした
posted by ぼんずやま at 15:54| Comment(2) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

サイドビジネス

女子高生の駅伝でも見るかとまったりしていると、大家より

「このままだと潰れてしまう〜、ビニールハウスの横の積雪をどけてくれぃ」だと

見殺しにしようかと思ったけど、冬軽油いれてくれるのとバイト代につられて出動

しかし、これを直さねばならない サクッと直して
TS3Y1578.jpg
ビニールハウスにたどり着いて

んー、長いな
TS3Y1579.jpg

考えるな 感じるのだ! 戦闘開始

どんどん突き進んで
TS3Y1580.jpg

Uターン時にお約束の不調に陥るも(なんかオーバーヒートかも…水温は上がってないけど、ガンガンやる時に限って止まる)

めでたく貫通
161225_1532~01.jpg

よく頑張りました、オレ
TS3Y1581.jpg

とりあえず冬軽油入ったから凍結を気にしなくてイイナ!

posted by ぼんずやま at 16:01| Comment(5) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

壊れた・・・内には入らんな

昨日仕事でしたが抜け出してクリカン鑑賞

その後、さっぱり大家が敷地除雪やらんのでユンボ除雪スタート

燃料まだ凍っておらず、暗くなるまで頑張っていると

ブラーン
TS3Y1577.jpg

バケツのシャフトが…

ひぇ〜 シャフトどこ行った?

あったワ〜 とりあえず終了終了

ピンは…無い

ま、何でもイイナ

posted by ぼんずやま at 08:41| Comment(2) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

凍結防止

今日から暫く暖かいらしい

先ずやったのが

ユンボ、燃料側を日の当たる方に向ける
TS3Y1569.jpg

実はまだ燃料が夏用 いつ凍るかビビりつつある状態

寒い日は昼にならんと動かんかも

ついでにバードテーブルまで道をつける
TS3Y1571.jpg

今年は鳥が来ない…1羽も来ない…

もしかしたら、鳥能力で「今年この辺ヤバいから行くのよそうぜ」エリアに該当?

豪雪?????
posted by ぼんずやま at 16:25| Comment(3) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

ユンボ撤収



金曜日の雨は大した事無かろうと勝手に決めて火曜日にダンプ予約

して金曜日、一日中雨…

土曜日にダンプ取りに行くも、さすがに雨の翌日に森野に行く気にはなれず、1日置いて日曜日に森野へ

道中舗装道路が微妙に塗れてる…

着いてみれば、いつもの森野と言えば森野
TS3Y1485.jpg

前に盛っておいた土は上に乗るとズンズン沈んでいき

沈んでは盛りの繰り返し、もう土無いぞの段階で無理矢理載せを試みれば、多く沈んだ方に傾いて、斜めに登らさって…

小一時間がかりで搭載完了〜 途中経過は恐ろしくて画像撮れず
TS3Y1486.jpg

無理クリ油圧かけたせいか結構作動油も漏れ…

我が家ではスンナリ降ろして終了
TS3Y1487.jpg

作動油足してから各部チェックだな〜。

posted by ぼんずやま at 15:37| Comment(3) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

外れた〜

朝にダンプを返す前にG1いじり どうも濃い様なのでキャブをノーマルに

これでイイベと始動すると火が…プラグ全滅

ま、白老の帰りにプラグ買って終了〜と、軽い気分で白老へ

先ずは駐車場から 5台位は止めれるか?
TS3Y1259.jpg

コース上の枯れ草取りながら走行しますが、あまり削ると水がたまりそうなのでどうするか?
TS3Y1261.jpg

TS3Y1262.jpg

11時から始めて、もう3時 早く1周してG1いじりやらねばと急いだら

あ…
TS3Y1260.jpg

どうせ置いて帰るんだからイイヤ crevoさんを酔っぱらわして拉致して直してもらおうと帰りかけたら、会長からTEL

結局会長と二人で修理開始

と言っても二人ともやった事ナシ

バールと鉄筋でクソ重いキャタをこじる事2時間超、スプロケに最初に掛けてしまってやり直したり…

なんと直ってしまった
TS3Y1265.jpg
でもG1いじる時間が無くなった…

明日は不動車積んでいくのか? どうせ人間も腰痛で不動だからいいか!
posted by ぼんずやま at 22:08| Comment(4) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

ブルーサンダー ARE GO!

さあ、マイユンボがいよいよオフパラの役に立つ日がキター?
TS3Y1257.jpgしかし…天気最悪の予想…一応前日にダンプに積み込み(一人で積めず、師匠に周り見てもらいながら)…やっぱり狭い…でも平トラックより安い。

途中でひっくり返らんか?

着いて降ろせるか?

雨でグジュグジュで作業は出来るのか?

不安抱えながら、師匠と白老へ

何とかかんとか、埋まりながらユンボ降ろし成功
TS3Y1258.jpg
今日はチョコッとだけ、急坂崩しなど

明日も行くぞー、3日連続白老通いじゃ!…と言いたい所ですが

バイク触る暇が無い…G1、キャブ元に戻す作業が途中…5月1日のバイクが無〜い。
posted by ぼんずやま at 21:27| Comment(2) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

練習

雪解けで現場が秋同様に泥だらけ、麻雀?バイクいじり?ユンボいじり?タイム さあ、どれにするかはワタシ次第!

バイクはG1がちょっと大変な事になってるので置いといて

麻雀もメンツいるので置いといて

ユンボ練習 お題は「鉄板上にある、ダンプタイヤをすくう」
TS3Y1211.jpg
キャタにぶつけたり、穴に引っ掛けてやるのは簡単

しかし、なにも無い所ですくうのは…
TS3Y1213.jpg

鉄板とタイヤの僅かな隙間に爪を入れてバケツで起こす ただ起こすんでなく、アームたたみながら
大分起きて角度がついたら、タイヤの角度が戻らん様にバケツ寝かしたりアームたたんだりブーム上げたりしながら態勢をこの状態に

ここからコソッとバケツを起こせばハイ完成、と言っても確率50%
TS3Y1214.jpg

ちょっと強く油圧かけるとタイヤひっくり返ったり、半分以上バケツに乗ってても滑り落ちたり

3日がかりのお遊びでした!
posted by ぼんずやま at 19:12| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ライト

こないだ直った水温計で遂にマイユンボに電装品が付きました(それまではセルとグローのみ)が、引き続き電装品第2弾
TS3Y1184.jpg

VMX新年会で会長からもらったヘッドライトが付きました! ついでにワイパーも動く様に!

と言っても夜に何かする訳では無いけど、あった方がいい気がしたもんで

しかし、キースイッチのACC電源から線を引いたのに、何故かキーを抜いても光る…これじゃ直結と変わらん。

バッテリー上がりには注意せねば。
posted by ぼんずやま at 16:59| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

除雪が楽しい「幸せ者」

朝起きてみれば雪が
TS3Y1177.jpg
これは大変だ、20cmも降ってる!

サンダーバード アーゴー!

先ず庭から あ、また土が出た 要するに大した降ってない
TS3Y1179.jpg

車庫前もギリギリまでバケツを近づけて…削!
TS3Y1180.jpg

なんて色々やってもしきちが広過ぎ、ユンボだと1日じゃ終わらんので

結局はタイヤショベルの出番
TS3Y1181.jpg

なら最初からやりゃいいんですが、趣味の除雪ですから

法バケツ、せめて爪隠しありゃ完全フラットにできるんだがな〜

しかし広い道内、除雪楽しいと思ってんのは元気なジイサンとオレ位だな?

posted by ぼんずやま at 12:48| Comment(3) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

久々にユンボ

本日は、言うほど暖かい! ならば乗るか

大家の肥料臭い倉庫からユンボ救出
TS3Y1170.jpg
入口は雪満載、除雪&ならしをやってサヨウナラ、爪付きでバケツの腹もリブ付きでフラットじゃないので、まっ平らにはならんな

ここで気付いた「水温計が動いとる!」
TS3Y1168.jpg

気分上々でテコテコと元いた場所へ

ブームスイングも使ったりして除雪ごっこ、現場の今時ユンボと較べると押し付けが特に弱い(ウソウソ、全部弱い)。
TS3Y1171.jpg

お? ライト?
TS3Y1172.jpg
まだ点きませんが、カッコだけ

明日はG1だな
posted by ぼんずやま at 14:14| Comment(2) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

仕事?

仕事? これも仕事と認められるなら、ちゃ〜んとやってますヨ〜!

炭鉱長からは「お前になんか任せられん」と言われてるんですが、本日昼から今週いっぱい休むとの事。

「何にも心配しないで、ゆっくり休んでね」と言って送り出した後、即出動!

本日のテーマ「法面状に出した石炭露頭から石炭を削り取る練習」

石炭と岩石や粘土が層になってる為、石炭だけ削り取ります

mm単位の作業(多少大げさ)
TS3Y1157.jpg

先ず一発法面の雪をしたまで掻き出し、その後となりの雪を同じ角度で連続して削ってます

実際は石炭の感触を感じながら削り、それより固い岩石や柔い粘土に当たった瞬間に止めて、薄めに削ったりします

雪相手なので感触の練習にはならんけど、隣の角度に合わせる為にバケツ角度を微調整しながら下に下ろすのが基本操作でしょう

これで熟練オペレーターが、いつ酔っ払ってコケて入院しても大丈夫だナ!

炭鉱早めに閉まっても、夕張のズリ再活用現場で使ってもらえる技術を習得しとかんと。
posted by ぼんずやま at 18:52| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

こんま7

前夜の飲み会で我が社のバックホーのオペレーター、泥酔の末にコケて口を切って病院行き。

シメシメとコンマ7、ZH200ハイブリッドを乗りまくり
TS3Y1151.jpg

ちょっと前まではデカさ(20t)にビビっておっかなビックリでしたが、いつの間にか慣れてしまいガンガン行くワタシ

ダンプの荷台を立てて、くっついた雪を「バケツと荷台の隙間が常に同じになる様に直線で引く」

なんて事も大分出来る様に

沢に埋まった雪をひたすら掻き出す時は、雪を掬っている時は無抵抗にバケツが寄って来ますが、地面に刺さった瞬間、バケツが止まって機体が負けて沢側に寄って行く…(怖)

なんか機械の特性なのか雑なのか、ブームがやたら勢い良く下がり、調子に乗って下げて止めるとキャタが浮いて機体ごと前のめりに…(怖)

旋回を勢い良くやると、止めた時に慣性でスピンする…(怖)

といった調子でしたが、最後はそれらも織り込んで動かせる様になった…かな〜?
posted by ぼんずやま at 20:43| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

振動で疲れた

本日はユンボを屋根付き車庫に入れてくれた御礼を兼ねて、肥料屋のバイト
TS3Y1139.jpg
ミッションは「車庫内で凍った肥料を潰す」

ユンボで肥料の山の上っ面50cmを削り、バケツで叩いたり潰したりします

快調にやってたら、どうやら不満気…聞くと、噴粒機を通す為に砂の様にしなきゃならんとの事

ユンボじゃ小石大位がせいぜい

作戦変更、つぶさずに溶かす 凍った肥料をビニールハウスに移動

タイヤショベルに乗り換え、しかし3tクラスじゃ…200mを何十回か往復
TS3Y1140.jpg
疲れる割に効果が…

ま、確実に減ってはいるんでしょう

15時、途中でしたが終了

時給1200円だって

ハイテクをエンドレスでなく、そこそこの技術をそこそこに発揮出来るバイトなんて、そうそう無いのでイインデナイ?

posted by ぼんずやま at 15:36| Comment(4) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

今年のLAST RUN

やっと日中氷点下を脱した様子、しかも積雪20cm

これは除雪でしょう

根雪になる迄は、敢えて雪を削らずに潰すもんだ、という機械除雪のセオリーを無視して雪を削りに行ってムチャクチャにしたのが前回

今回は雪を一枚残す感じで排土盤メイン
TS3Y1122.jpg

昨日会った熊ちゃんが、今年買ったタイヤショベルで同じ事やらかした話を聞いて、ちょっとホッ

ひとしきり走り回ったり掬いまくったりした後、水温計修理

スイッチON時に通電するACC端子に何も繋がれてない…これじゃ何も動かんわな〜と水温計のバッテリーから来る端子とACC端子を繋ぐと

水温計振り切り!

オーバーヒート?

ヤバいとエンジンルーム開けると、何か平穏

水温センサー引っこ抜くと針はゼロに

水温計チェックで「センサー配線アースでメーター振り切り」だったはず

センサーご臨終でアース状態かオーバーヒートか?

冷えた時またやってみよう。
posted by ぼんずやま at 14:21| Comment(7) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

もっと派手にやりたいが

荒技、フローティングターン(?)に挑戦

静止状態からバケツを地面に差してフロントアップ
TS3Y1111.jpg
右に旋回させながらキャタの右側だけ走らせると
TS3Y1112.jpg
地面に差したバケツとキャビンはそのままで、下の走行部は左に曲がる

着地してキャビンを下に合わして終了
TS3Y1110.jpg
車内では少しビビる位傾いてるのに写真じゃ大したこと無い…。

「ううう…」と異常に考えながらやって、たまに逆操作になってシャレにならん動きを始めて更にビビったり

熟練者が新しいのでやると1回転位出来るらしいが、マイユンボだと45度、2アクションで90度がいいとこ

ま、そんなモンだな
posted by ぼんずやま at 13:12| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

おー危ないねぇ(後半の話)

まだまだ続くユンボメンテ月間 しかし、この俺様が「メンテ」などという言葉を使う事になるとは

先ずは先週片方分しか無くて放置していた走行減速機にオイルを入れ
151212_1347051-2.jpg

ポポポ〜イドギア用しか用意出来なかった、硬さは同じシングル90番

入れて走らしたら、いいオイルの方が速く動く…なんて事は無く、大丈夫でアリマシタ

次、グリスアップ

まあ数の多い事、軽く10箇所超え それでも理屈的にあるべき所に無かったりする…大丈夫か?
151212_1412101.jpg

現状で旋回モーター減速機のオイル入れ口がわかんないので、旋回部3箇所のグリスは入れた方が良し

しかし、数あるバイクのスイングアームのグリスニップルなんて触った事も無い俺様がグリスアップとは

動かしてみると、限界部で引っかかって動かなくなるバケツが引っかからなくなった様な、ならん様な…

さすが現状販売、触っただけ良くなる様な、変わらん様な…

明日は荒技やってみよう

話変わって

本日国道337号走行中、ねずみ取りを全く気付かずに70km/h以上で通過…しかし何故か止められず

ホッとして500m位走り、遅い2台を抜いたら先頭が覆面!

赤灯グルグル〜!

慌てて同じスピードにしたら赤灯が止まって、その後追跡されず

交通関係の運は使い切った様です。
posted by ぼんずやま at 19:27| Comment(3) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

ギアオイル交換

最近はオフパラ以外さっぱりバイクネタの無い「ぼんず山通信」

どのバイクより高い金払ってますので(KLXといい勝負)元取らして頂かないとね

その内G1いじりネタやりますが、それまではユンボネタです(トライアルネタはどこ行った?)

と言うワケで

昨日やろうと思ったら大家に呼ばれて「いい車入れる車庫使っていいから中を片付けろ」と言われて出来ずじまい。

なら今日と、ユンボ暖機してるとまた呼ばれ「国道沿いの看板はがしたいので、フォークリフトのパレットに乗って4m上がってくれ」だと

おっかなかったけど、今後もイイ事ありそうなのでホイホイと服従

やっと昼からユンボ走行減速機のオイル交換に着手

先日現場に来た日立サービスからせしめたギアオイル、隣に置いてオイルを抜くと、同じ量が抜けてきた…まだ片側なのに…。
TS3Y1104.jpg

「ガッポリ入れてたな?」とオイル入れると、使いきりで適量

せっかく暖めたから抜くだけ抜いて、また用事作って呼ばなければ、それまで使用禁止!
posted by ぼんずやま at 17:07| Comment(9) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

お仕事ネタ ?

ようやく…石炭を出荷 微量ですが

こんなのを用意してウレシがったりして
TS3Y1101.jpg

ダンプと一緒に混炭会社へお邪魔すると、出迎えてくれたのは

30tクラスのタイヤショベル
TS3Y1100.jpgウチのは16t位だから倍?

ドバッとすくってガバ〜ッと入れれば2回でダンプ満載か

そしてユンボ、いや、この新しい感じはバックホー
TS3Y1102.jpg
87t…コンマ…じゃなぃ、3m3位あるか バケツに4人は乗れそう

オレのユンボの…15倍

見渡せばそこら中石炭だらけ

どの一山見ても、ウチの全産出量以上?

いいもんね〜、細く長〜くやるんだもんね〜!

細く短くならなければ良いのだけれど…
posted by ぼんずやま at 17:36| Comment(12) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

わかった

昨日は雑品友の会の会議

出がけにユンボ走行モーターのギアオイル出入り口を再確認

TS3Y1096.jpg
多分ありました!

会議場はココ、何やら怪しいのが奥に
TS3Y1097.jpg

議題は…無し…(いつもの事)でした。

でも第2会場経由で帰りは18時過ぎ…何やってんの俺達?
posted by ぼんずやま at 21:10| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

良いオモチャ

11月はユンボメンテ月間という事で

「いいだけバイク集めといて、さらに4輪に手なんて出せないな〜」なんて話をする事ありますが、これはどうなのか?

TS3Y1090.jpg

オイル交換すると、イイ感じで回る様になり クーラントは綺麗なのが入ってたので5リットル新しいのに入れ替え

残りは作動油と走行モーターのギアオイル しかし…入れ方が…どこで抜いてどこから入れる?
TS3Y1091.jpg

revo様 指示願います

国会図書館から仕入れた2段変速をワクワクしながら試してみると

ペダル踏むと加速するはずが…前より遅くなった…デクセルか?

しかも旋回も一緒に遅くなった…。

小一時間で旋回は元に戻ったけど、加速には至らずガックリ

ま、そんなモンか…その内全てのホースを把握して再チャレンジしよう


話は変わって


登別雪上レースが来年1月10日開催との事

http://blogs.yahoo.co.jp/mx_0326_ichi/55145380.html

現状マシンが無い、バイアルス売っちゃったし

あ、ノ〜ティ125cc!

11月23日の議題決定!

問題はメンツだな。
posted by ぼんずやま at 14:40| Comment(2) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

初自力搬送

4tともなると視界が大型トラックなみ
TS3Y1079.jpg
一番星でる頃にゃ〜♪

そんな簡単ではなかった…

借りて運転開始、何かピーピー鳴ってる…

たまにファン関係みたいな警告ランプ点いたり、HSAって表示出たり

何なんだ?俺か?俺が悪いのか?
TS3Y1078.jpg
シフト見ると6速まである、でも巡航まで3回しかシフトしてない…何だコレ、6速まで書いてあるのに4速までしか無いぞ、ガッセ〜!と思ってたら4速発進してた…その警告でした。

しかも、こんなシフトノブなのにクラッチペダルが無い

5分位、足元やハンドル周り探しても見つからず、いよいよになってブレーキ踏んだままシフト入れると…エンストしなかった。

なんて事をやりながら何とかぼんず山〜自宅に無事帰還
TS3Y1080.jpg

美沢オフパラに行ってコース整備の計画は…入場許可無いとダメとの事でパサラです。

ぼんず山で積む時に土盛りの登坂台で身動き出来なくなって2時間かかってしまったので、どのみち辿り着けなかったんですけどネ
posted by ぼんずやま at 19:08| Comment(0) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

調べても…謎

車体にある番号っぽいのはこれ位

TS3Y1064.jpg
KH20−10492  833−0156

TS3Y1065.jpg
V1902 BH6815

TS3Y1066.jpg
1861cc 86R ー ス?久?H

ブームにKHの刻印、エンジン型式V1902という事は、車体もエンジンもクボタという事か?

この時代はデカいユンボは日立がクボタに供給、ちっこいのはクボタが日立に供給なのかも

とにかくネットに情報が無い…。

国立国会図書館にKH20の構造説明の論文があるらしい

取ってみるか?

クボタ、調べてみるとKHシリーズの名前の付け方が変

最初のモデルがKH1なのは良いとして(大きさ不明)
kh1.jpg

マイユンボは形から見て、その派生っぽいんだけど、数字がバケツ容量を表すみたい(マイユンボはKH20だから0・2m3、他にどんなモデル有るかは不明)
TS3Y1045.jpg

その後(多分)ブルペットシリーズというのが出たみたいだけど、そのモデル名はKH10〜120位まで有って、全然数字から大きさが読めない(例 KH30で1・5tとか 60で3tとか)
kh60.jpg

同じ車名でもデカイの有ったり
KH60-1.jpg

マイナーチェンジ後はKH014とか030の表記になり、数字はt数を表す様になる
kh030.jpg

クボタの定年間近のオッサンに聞くしか無い?

日立の若いサービスマンに古いUH系の事聞いても、いや〜見た事無いのでわかりませんとか言いやがるしなぁ。

クボタも似たようなモンなんだろうな(微かな期待として、農家の方が土建屋より古いのをしつこく使ってるので、メーカー社員も結構詳しかったりして)

その点バイクや車はマニアが沢山いるからイイネ

「ナニのあの部品はアレにも合う」的なのが確立してるもんな〜。

こんだけ古いの残ってる業界なんだから、メーカーも「古いの=中東、東南アジアにまかす」じゃなく、懐の広さ見せる為に「どんだけ古くても何でも聞いて」と言える体制を作りゃいいのに。
posted by ぼんずやま at 10:23| Comment(10) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

本格稼動は来年からが吉?

今回も写真撮るの忘れたので、南空知で活躍中の同時代の遺産をご覧下さい

TS3Y1008.jpg
UH02(バケツ容量コンマ2〜3、重量6t)

TS3Y1063.jpg
UH04(バケツ容量コンマ4、重量11t)

マイユンボはコンマ2の4・5t、バイクで言えば90cc位か?

ぼんず山にて作業した途端、不調出まくりのマイユンボ

会社の強力オペレーター連れて修理開始

いきなり暗礁「液体ガスケット、カピカピで使えない…」
漏れ部とエア噛み部わかったのに

ならばと燃料フィルター見ると「錆&水だらけ〜」
こないだ開けた時は底にサラッとあっただけなのに

タンクのドレンから燃料抜くと「錆(強烈ではない)と水と…」

カメムシが数十匹!

前から入ってたのか、ここで入ったのか?

油焼け具合を見ると、昨日今日では無さそう…だけど、元々油っこい虫だし…ワカラン。

軽油の潤滑成分に頼っているジーゼルエンジン、水が行くとポンプが焼けるとか

水にカメムシの油が混ざってセーフだったかも?

とりあえず水を全部抜いて、ポンプ手前のエアも抜いて始動

最初かからんのはポンプからノズルまでのエアのせい、抜けるまでセルモーター回すのみ

数回に分けてセル回すうちに力強く始動

なんか音が違う?

操作はどうよと色々やると

いつもなら、バケツを限界まで動かすと引っかかって戻って来ないとか、いきなり深く地面に刺すと油圧負けとかあるので加減して動かすのに

何かあんまり気を使わんでいい感じ

それでもついつい加減してしまいながら動かしてると

「そんなヤワイやり方でわかるか、貸せー!」

と、剛腕オペレーターヒロさんが強奪

現場の新車並みにガツンガツンやると

おお、バケツを地面に叩きつけても浮かなかったキャタが

「50cm位浮いているー!」

どうやら動きの弱い原因の一部はエンジンの弱さにある様子

油漏れで燃圧落ちてるであろう、エア噛みも治ってない現状でこれなら、そこ治せばもっと良くなるんでね?

希望に満ちた所で終了!

さすが現状販売 触って悪くなる所が無いなぁ〜

まあ考えてみれば、何年ほってたかワカラン重機をいきなり山で使うってのは、10年位外にぶん投げてたバイクがたまたま動いたからいきなり山で乗ってみた、に近い暴挙かも

バイクなら止まって押して帰って来た、で済むけどね(しょっちゅうやってるな〜)

次回は現状完璧になりそうな気が…急ぐこと無いか、一生使うんだから。
posted by ぼんずやま at 20:49| Comment(9) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

地獄から這い上がったか?

本日こないだの強風で飛んだ小屋の戸を直し、その勢いでぼんず山へ

先日の台風で撤退の帰り、元カフェハリウスオーナーの所へ寄り、クラシックカーならではのトラブルの話を聞きながら原因を話し合った所

「バッテリー弱りか接触だろ」という結論

旧タイプ2ストさんにジムニー用意してもらってチャレンジ
TS3Y1051.jpg

ジャンプスタートでは…効果無し

いよいよセルモーター直結しか無い

エンジン上から覗くと、セルモーターの端子が下に隠れてる…

下に潜るのに排土盤が邪魔でしたが、何とか潜り

端子探ってると、バッテリーから直でセルに入る太い線が手で動く!

「これか」と一回外して磨いて再締め

「頼む!」とセル回すと

「キュルキュルキュル〜」

おー、かかったぁ!

やはり接触か、と1回止め、ジャンプコード取って再始動すると

無音

ヤバイ

慌てて再びジャンプ

無音

何でやねん!

途方に暮れながら考えるワタシ&2ストさん

セルモーター逝ってた訳じゃ無いんだから、他の接触見るしかないな…ハーネス内だったら今日のモンにならんけど

外から触れる接触部…基本中の基本、ボディアース

バッテリー〜ボディ間を磨き
ボディ〜エンジン間を磨き
ターミナルを磨き

再チャレンジ

キュルキュルキュル〜!

おー、かかったぁ!

なんかセルの回りが速い、圧縮抜けてるみたい!

本来の速さだな

勇気を出して、ジャンプコード取って再始動

キュルキュルキュル〜!

おー、かかったぁ〜!
TS3Y1052.jpg

何回繰り返しても大丈夫

バッテリーも全然減った感無し

直った…のか?…直った…よなぁ。

燃料と充電は後日にしよう

TS3Y1053.jpg
あー、いい景色だな〜

明日の富良野でバカにされなくて済むかな〜
posted by ぼんずやま at 19:33| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

地獄の底にいるらしい(ショックで画像無し)

Message body

先日のセルが突然ウンともスンとも言わなくなり、遺物となったマイユンボ

色々勉強して本日リベンジ

事前につけた当たりは
1.バッテリーとキースイッチの間にバッテリーリレーってのが付いてるらしく、そこの不良or断線

2.キースイッチ裏の端子B(バッテリーから来る線)、C(セルに行く線)、R1と2(グローに行く線)の断線orスイッチ接触不良

3.各アース線の不良
位だろと

セルモーターご臨終は考えない事に(理由:セル回らんのとグロー効かんのが同時に起こったから両者共通の何かが原因だと思うワケ)

台風来てるので朝からやって昼までが勝負?

まず無負荷でバッテリー電圧 12.6V…低い?ちょうど良い?…わからん。

スイッチ切り替え正常

バッテリーからの線にも12.6V

各配線とアース間の抵抗は0Ω

何でもないじゃないの

気になるのが、電圧も抵抗も髪の毛1本分の導通あればそれなりに数値が出る気がする所

セルもグローも電流が必要な負荷

日本一のコシヒカリ一粒より茶碗一杯のキララが必要なのだな、今は。

いよいよやる事無くなって、電圧降下はどうよとテスター当てた状態でセルまわすと…。

無負荷で12.6Vが、オンするとテスターの針が0に向かって急降下(グローも同じ)

なんだなんだ?

まるでオンがオフみたい

新品韓国バッテリー死んでる?

電気溜まってなくても無負荷ならそれなりの電圧示すと聞いた事がある様な無い様な…?

でも旧タイプ2ストさん家のランクル60についてた、エンジンかかるバッテリー繋いでも同じだった。

しかし相手はトヨタ、多少へたっててもかかるかも

しかもマイユンボ、バッテリーリレーの類はどうやら付いてない感じ(なんとヒューズも無い!)、バッテリー電圧直でセル回してる。

もしかしたらオルタネータから充電されてない状態で、油圧負けや燃料トラブルで結構エンストさせては再始動してたので、たまたまバッテリー使い切った?

でもそれなら「ギュ…ギュ…」と弱々しいセル回りの状況を経由するよな

充電はエンジンかからんとやってるかどうかワカランから、先ずは1回ジャンプスタート&セルモーター直結やらんとダメだな…。
posted by ぼんずやま at 21:35| Comment(5) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

天国から地獄への繰り返し

昨日のリベンジ おっとっと〜となりながら何とか完了…と言っても地面に下ろしたという意味

歩くより遅いスピードで山中へ(こんなスピードでコース1周出来んのか?)
TS3Y1050.jpg
ハウス近くのガレ場で岩を掬う事20杯、30杯、何も変わらん様な…ただ地面が掘れていく…あと20cm掘ったら石が無くなりそう?

でも、もう20cmは掘ってるから最初の高さより40cm下がってしまう…これを何十mやる?

3年かかりそうだし、雨降ったら水路になる?

止めました

排土盤でならして凹凸を直すだけにします

と決めて、移動を始めると程なくエンスト

「また燃料か?」と再始動する為キーひねると…

無音

バッテリー上がり?

なら、弱々しく回る状態を経由するはず

適当な電球付けたら光ります

他の電装品は?

ワイパーは動く(たまに…)

あとは…グローのみ(ホントにこれだけ、警告ランプ無し照明無し水温計不動)

グローは…動かない!

ワイパーは、辿るとバッテリー直なので、推測として

・キーご臨終
・バッテリー〜キー間にリレーあればリレーご臨終

キーご臨終は始動と余熱は逆方向に捻るので、両方とも逝くのは…違う感じ

ならばリレーか配線切れ?

テスターでキースイッチの電気見るか、バッテリーとセル直結か

考えてたら疲れて来たので再び一時撤退…次回は…

結局バイクいじりの延長になりそう。
posted by ぼんずやま at 18:34| Comment(7) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

ユンボ来た〜!

昨日遂にユンボ納車完了
TS3Y1038.jpg
結構巨大、ユンボ屋では国道沿いで他にも並んでたので気にならなかったけど、家で見るとなんか違う。

裏の草取りで試運転
TS3Y1039.jpg
ガタガタです 最初はバケツのみで草取り&整地のつもりが、やればやるほどグチャグチャになるので、途中から排土盤に変更(あまり変わらず)

窓からユンボが見えるby池田満寿夫  うーん、マイ・ユンボイライフ
TS3Y1041.jpg
一家に一台、皆さんもどうですか?

世界の日立 FOR BEAUTIFUL HUMANLIFE じゃね INSPIRE THE NEXT 車内プレートではUH−M20
TS3Y1040.jpg
クボタだとKH20らしく、何故かフレーム刻印はこっち

ニコイチちゃんぽんかも…。

エンジン圧縮弱いと言われましたが、ちゃんとかかるし煙も最初が気になる程度

旋回とアームのスピードも程良い遅さ

走行も油圧で左右キャタ(正式ではありませんが、ユンボとキャタと呼ぶ事にします)動かしますが、とりあえずレバー同量操作で真っ直ぐ走ってホッ

ターンはやはり能力落ちてて、片方操作や各キャタ逆回しでのタイトターンでは追従しない感じ…両キャタ動かしながら片方少し駆動落として曲がるといいみたい

明日は各作業場に行く時に歩み板無しで
積める様、足場を作るゾ

posted by ぼんずやま at 15:57| Comment(6) | ユンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする