2019年10月13日

KLX250A1

7時に起きたら部屋の温度12℃なのに驚いて即ストーブを炊き

コーヒィを入れてフランスパンをかじりながら、強風に揺れるヒバの木と先日の開成で思いの外イイ走りだったKLX250A1を窓から眺め「泊まりで林道ツーリング中の朝って感じだなぁ」なんて思ったりする優雅な朝のワタシ
TS3Y3047.jpg

眺めつつ思ったのが「足良かったな〜」という事!

江別走ったりBSW走ったりシート手で押っつけたりでの印象は「固い、外人用」でしたが、開成でムムという程度飛んだり登りヘアピンでバンクに入れたりすると、イイ感じで動いてました。

特にジャンプ着地では、ボトムも無くそれなりの速さでスプリングが縮み、ある程度姿勢が戻るまで耐える感じも無く前に抜けていく

今までは負荷が足りなかったんだネ

モノサスに比べて2本はどうのこうの言われますが

要はスイングアームの剛性でしょう、あのゴッツい角断面とピボット周辺の厚み

モノサスも2本もスイングアームに抵抗かましてるだけである訳で

なんぼ優れたモノサスであっても、2本サス時代のパイプスイングアームにセットしたら無残な動きとなりそう

ウチのKLX、スイングアームはKX用のアルミH断面で左右アーム連結も長め(噂では割れるらしいが…)

ゴツくて軽いスイングアーム、2本サスの上下取り付け部を袋状にしてフレームに重ね、バネは不等バネ径&間隔、保険に高圧ガスショック

これで理想的な2本サスとなるでしょう。
posted by ぼんずやま at 09:53| Comment(2) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

浜厚真

本日の浜厚真、なにで行くか?迷いましたが

G1は来週乗るし、F21は再来週乗るし、何より白老以来腰痛い・・・ここは我が家の中で一番新しい=バネのいい

KLXにしました、1年位乗ってないからタマに動かさんと
1538300897369.jpg

先週イレ様達と江別で遊んでたら、レジェンド東京ナイトクラブ牧野さんがKX450F(と言うのかな?良く知らん)を持ってきて
TS3Y2624.jpg

8の字試乗会をやらして頂き(イレ様、あまりの加速に殆ど「棒」)
TS3Y2625.jpg

たまに4ストも良かろうと思った次第

浜厚真はアプリコットカップというらしい
TS3Y2632.jpg

こんなのが! う〜んエキパイ長い、でも120ccだから速いかも
TS3Y2633.jpg

お約束の不調〜キャブ掃除などやりながら、オーバル走ったりコース走ったりナカナカ楽しい!
DSC_9346.JPG

オーバルは進入から立ち上がりまでスライドしたいんですが・・・上手くイカン!
klx.jpg

コースは奥の6連のでかいウォッシュボードとテーブルトップは恐怖、3連+1のジャンプが楽しい、が最後勢い良く飛ぶと次の右コーナーが曲がれない・・・最後はカウンタージャンプ気味に飛んでリーンアウトで着地がヨロシイ様子。

オーバル小排気量レースがあり、アタシはTY80、イレ様はエイプ100 見事にヤラレました・・・ケツに着くのが精一杯
TS3Y2637.jpg

その後コースにて80ccMXer対KLXをやりまして、KLXは20馬力そこそこで100kgOVERで他は15〜20馬力で70kg位(?)で2スト

どんな勝負になるかな?と思いつつスタートしてみれば、楽勝!
race.jpg

やはり排気量がキモか? よく見たらスゲエ図! 4大メーカー80モトクロッサーをまとめて蹴散らすKLX

ホンダとスズキの4ストMXerも混走してて途中でバトルっぽくなりましたが、そこそこ付いていけたのはビックリでした。

雨が降り出す2時頃まで、ていいっぱい遊んで終了 お〜腰が痛くない! やっぱ足のイイヤツで行ってヨカッター!
posted by ぼんずやま at 21:30| Comment(2) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

北の国から 2017夏

イーハトーブ2017の余韻もまだ醒めやらぬ本日、イレ様から召集がかかってポンコツ走行会IN江別

ハスラーで来るなら21Mでイジメたろうと思ったら新チャンバー付きH3との事なので、今年初のKLXで軽めにイジメる事に決定(デアゴスチーニ14号見たら、草太がコレ乗ってたせいもアリ)
TS3Y1960.jpg本日の来場車

H3、エルシノアMT、KX80、KL250そしてKLX250
1504348507189.jpg
TS3Y1966.jpg

イレ様H3にGYTパーツと思われるチャンバーが!
h3.jpg

しかしキャブセッティング?交換?各部のチューンが必要な様で、ピックアップは鋭くなったものの途中までしか回らん感じ…適当チューンのG1がまともに走るのが不思議。

エルシノア125はクラッチ滑り気味?そしてリアサス短いせいで、キャスター寝気味で常時リア荷重ですが意識して寝かせばソレナリにイイ感じ
TS3Y1962.jpg

KXはコースが微妙に会わず、コーナーで2速だと吹けきり3速だと半クラ必要…だけど速〜い!
TS3Y1965.jpg

KLとKLXの違いは…あまり無い…事はなく、サスが長く、キャブは強制開閉、エキパイ太い=バルブでかいせいか、立ち上がりのズドーンが違うみたい。
1504351136670 (1).jpg

こんな集まりでもイーハトーブに多少の役に立っていた様で、ダートのコース走行時の余裕が違いましたな〜。
3dai2.jpg

ダラダラ走ってたら、こけて粉砕・・・。
TS3Y1967.jpg

本日の打ち合わせ事項
@9月の遊イングにモンテッサで出る
A10月のVET北海道inルスツにポンコツ軍団で出る

以上
posted by ぼんずやま at 21:50| Comment(11) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

江別オフパラ

10/16 仕事で来れない人、仕事だったのが急にそうでなくなるも用意が間に合わん人、違う所で何かやってる人等、色々の中で予定通りのスタート

早く来すぎてボンヤリ橋を見てるとヒドイヒドイ
TS3Y1523.jpg
こんなにいるのかという数の轟音バイク集団の音が度々

MXerの音なんか、これに較べたらマシマシ(空港下レベル)

江別名物なのか? 下からなんで見えませんが

そうこう(走行ではない)してる内にイレズミモン到着
TS3Y1524.jpg

コース走ったりトライアル地獄味わったり
TS3Y1522.jpg
TS3Y1520.jpg

で、オバフロ村長到着 即転倒?
TS3Y1536.jpg

ウソです 編集です ちゃんと走ってもいました
TS3Y1531.jpg

しかし起こすの速かった…頭半分埋まったトコ撮ってやろうと思ったのに、近寄ったらもう起こしてた

代わりに半分埋まったバイクを
TS3Y1537.jpg

9時からやってて、そろそろマッタリし出した頃、サンラッド軍団「地獄ライダー」登場
TS3Y1539.jpg

ウソです 皆ジェントルマンです

ここでイレズミH3(ま、YBですが)が人気沸騰!

皆で乗り回し、絶賛の嵐! 良かったネ、ウケて

ここで「こんなノ、作ってる内に入んねー」など大人げない事は言わず「そーだよネ〜」など合わせてみましたヨ

なんだかんだで賑やかに終了

サンラッド及び仕事だった人々より、次回の要請有りましたので、11月中旬までにもぅ1回やる事と致します。

追伸
「で、KLXどうだったのヨ」と聞かれれば、ちょっと2次エアっぽさ有りましたが
1476609341394.png

サイドカバーの出っ張りに寄りかかると、波々ストレートでリア荷重にピッタリだったり
1476609498548.jpg

ピークパワーDT200の6割なれど、1km/hからのピックアップがズドーンなので、アクセル開けるのが楽しい
                                             でした。
posted by ぼんずやま at 17:43| Comment(6) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

KL250+X=KLX250

6/19オフパラ用MT5がさほど手がかからずに再起動したので「フフン、ついでにKLXもやってやるか」と手を着けてみると
TS3Y1346.jpg

                       「無音」

あ〜遂にキャブ詰まらしたか

しゃあない、キャブ掃除やるか

我が家で一番新しいKLX250、バラし難さが今時風だ、手順がある〜!

@シート外す
AエアBOXネジ3つ外す
Bキャブとインシュレータ止めるバンド外す
CエアBOXごと後ろに引く
DエアBOXとキャブ分離してキャブ捻って横に出す

普通か?

キャブの中は…カワサキだけに…グリーンでしたー!

そこそこ綺麗にしたら、そこそこ走る様になりました

メデタシメデタシ
posted by ぼんずやま at 12:25| Comment(6) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

ぼんず山林道ツーリング

 マイKLX、気休めでもと5段階真ん中だったバネを一番柔らかくしてみたら、初期の動きがとても良くなりウホウホでございます(全体的には固いけど)。

 本州ではACTS&ON ANY SANDA、対してこちらは私的には25年振りの林道ツーリング、つつがなく終了いたしました。

 もうすぐシーズンオフなので言わば謝恩会みたいなモンだったんですが、やれバイク壊れただの、風邪ひいただの、原因不明だので、スタート直前で参加者2名…オイ〜と思ってたら小樽のT田さんからTELが来て、KLX、RA125、KTM、SHERCOの 4名にて11時にぼんず山をスタート!

 一旦道を降りて住人のいる道をどんどん登って行きます、今日は結構バイクが来ているしキノコ取りもいそうだし、何より私が林道慣れしてないので、40km/h位で走ってもらいます。

 いつもアタック系の小樽のお二人には我慢してもらいます、途中7〜8kmの所に朝里と札幌両方見渡せる所があり、ちょっと休憩。
 kyuukei.jpg
 その後どこをどう走ったのかよく分かりませんが、20km位走ると朝里峠の旧道のてっぺん、峠小僧懐かしの駐車場に到着。
 asari.jpg
 ここまでは作業道プラス散歩道的な感じでCL72でもOK、しかしチラホラと雪が…。

 そしてここから手稲山へ向かう道は…
 rindoo.jpg
 こんなのは普通、川渡り数回、バイク幅の登り(真ん中に溝)、藪こぎちょい手前など…殆どトライアル。

 緊張モード上げながら、奥手稲山に到着

 標高1000m近いので寒い寒い。
 okuteine.jpg
 そこから桂沢に向かう道は川縁の登山道あり、砂利道の下りあり。

 砂利道の下りはハンドルが常に左右に振られ、おっかない事この上なし。

 途中、あまりに頭が上下に振られて視界が定まらなくなり、立ってる時間が増えると今度は足が…で、座って顎に力いれると首が…。

 でも体全体は慣れて来て、フロント押さえながら早めにリーンを決める様にしたら少し楽になってきました。

 一体今、俺はどこを走っているんじゃ?なんて思いながら走ってたら、突然見覚えのある風景となり、2時ちょっと前にぼんず山到着。

 計50kmの探検が終了、大体こんな所を走った気がします…即カフェハリウスに降りて暖かい食事。
 TS3Y0239.jpg
 終わってみれば、あと20km位は走れそう、でも1ヶ月早くないとダメ、寒いわ!

 ぼんず山レストハウスも遂にマキを燃やしました
 TS3Y0235.jpg
 あと何回かで今年も終わるのだな〜、来週は遊イング、再来週はTLミーティング、その先は…?。
posted by ぼんずやま at 18:14| Comment(6) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

VMXinHTDE ベストショット出ました

 なかなかネット上に模擬レースの画像が出ません、誰も撮ってないのか〜?チクショ〜!と思ってたら…

 さすがプロ!ktさんがやってくれました
c0209024_18543076.jpg

 こんなに倒してたかなぁ、一瞬のタイミングを切り取るテクニック!

 すらりと伸びた短い足

 もうちょっと肘が上がってれば尚ヨシ。

 泥の付き具合もなかなか

 誰も褒めてくれないから自分で褒めよう、褒められて伸びるタイプです。

 しかし、いくら何でもハゲオヤジ出し過ぎ! http://ohvintage.exblog.jp/
 しかも広告が…「40代 薄毛諦めて…」確信犯だな?
 
今日はコレも見て来ました

TS3Y0213.jpg
 F81M バイソン見ても「ああ、いいねぇ」位なんですが、なんか違う、カッコ良かったです。

 なんでだろう、ちょっとRフェンダー短い、フロント21インチって言ってもビッグホーンもそうだし…チャンバーかな〜、シートかな〜。

 謎のカッコ良さでした。

 適当に仕上げてガンガン乗って欲しいものですが…?。
posted by ぼんずやま at 22:42| Comment(6) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

2012VMX模擬レース in HTDE

 土曜日は結局9〜5時まで仕事、桂岡〜札幌〜岩見沢〜札幌でヘロヘロになりつつも「帰って寝たら明日起きれない」と日高入り。
 8時過ぎに着き、F井さんと少し話して御就寝(寒かった、けど昨年の様な急性アル中的震えは無し)。
 明けて22日、早朝のパルクフェルメはこんな感じ
TS3Y0198.jpg

 本日のメインイベント「日高2デイズエンデューロ併催、VMX模擬レース」のコース図
TS3Y0201.jpg
 スキー場なので、スタートから下って1コーナー、ここは下った先が平地ですが、残りの下りコーナーは斜面なので全て逆バンク…(オイ!)。

 展示中 今見ると綺麗、まさか草っ原走ってあの様になるとは…。
TS3Y0203.jpg

 スタートラインに並んだのは13台(多分)

 86年KX125が突然不動でしたが、色々やった挙げ句にいにしえプラグで復活!
 「良かったね〜」なんて言ってたら、スタート直前「スタート・ユア・エンジン」でKLXエンジンかからず!
 即横にズレて鬼キック10回で復活(なんか回転落ちが悪い時有り、キャブ引っ掛かりか?二次エアか?)。

 で、スタート!

 そしてゴール!

 走ってますので画像無し、走ってますので実況も無し。

 という訳にもいかんか

 おぼろげな記憶を辿りますと

 レジェンドF井がロケットスタート!私、隣でスタートしましたが、クラッチ繋いでアクセル開ける頃には遥か彼方にいました…(とろいネ)。

 私は大体8番目位で1コーナーだったと思います…多分F井さんと慣熟走行時の走りが半端で無かった八戸のレジェンドライダー(RH250)がトップ争いしてる気がしますが、はるか前方、別世界の話。

 途中でペントン125を抜いたり、KTM250にブチ抜かれたりしてからは、XR250とXLR125とバトル団子状態。
 団子のケツな為、だいぶ泥を食べさせて頂きました(マズかった)。

 意を決して125を刺そうと下りで開けたら、125さん滑ってマイラインへ…オカマ掘りかけて戦意喪失。

 まあ、レースと言っても模擬、いや違う! 模擬と言ってもレースじゃと気を入れ直し。

 そうこうしてると、2周目にXRさんがどうやら団子の先頭だったせいか疲れが見え隠れ…抜きました!

 展示中にナンバー見たらベコベコだったので「かなりのアタック系?」と思いつつも、同排気量のエンデューロモデルなので密かにロックオン!

 よ〜し、次は125じゃ!パワーに物を言わして登り坂で、なんて思ってたら、レース終了…一周足らんくない?と思いつつも誘導されてお帰りはこちら〜。

 後に一周早く終わった事が判明、来年は5周だな。

 文章で説明したら、こんな感じでゴザイマシタ。

 使用後のKLX、泥だらけで見る影無し
TS3Y0210.jpg

 ま、コケもせず常に真ん中辺にいたって事で、変に目立つ事も無くレースの一部になってたんじゃないでしょうか?

 レジェンドF井の本領発揮は後日。
posted by ぼんずやま at 19:37| Comment(5) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

まだサス使って走れません…。

 納車後即ぼんず山入りしたKLX、本日北海道の土の上を走りました〜!

 が、一人遊びの為に画像無し…。
TS3Y0182.jpg

 肝心の走りは…極低速はトトトッて感じですが2000回転位からエエ加速します(この辺じゃ3速全開までしか)。

 ローでトコトコから荷重移動してアクセル開けると30cm位フロント上がります。

 コーナリングは2速でケツずらしニーグリップで、自分としては開け気味にすると4スト的なパワースライドで曲がります。

 意図的に、心臓口から出るのを抑えながら林道の水が流れた跡の溝に車体入れても、開けてるとこなしてくれます(ちょっとハネます、下りは恐怖)。

 簡易舗装ジャリ浮きは怖くて倒せず、オットット〜になります。

 ハウス上のガレ場はトライアルマシンの様にブロロ〜ンと走れてビックリ!
 そんなトコです、今の所

 ここで業務連絡「オバフロ様オバフロ様、KLX行けるという事はRMXも行けるので、30日は林道ツアラー(元レプリカ乗り)代表で参加願います」

 他には、30日のお遊び用にTLM240のパンクを汗ダラダラになって終わらし、エンジンかけると、ババ〜ンとかかってストップ、その後の鬼キックには無反応…30回目にバババと言って再び眠りにつく…せっかくパンク直したのに、シール逝ったかも(F井さん、ヘルプミ〜)。
posted by ぼんずやま at 23:44| Comment(2) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

ほりぐちさん、YZ(3R4)より高いんとちゃいます?

 この度私、清水ならぬスカイツリーから飛び降りてしまいました…。

 KLX250! 現行モデルあるので「何じゃ、そんなもん!WRでも買わんかい」と言われそうですが…。

 しかし1979年モデルと言うとどうでしょう?
変換 〜 TS3Y01810001.jpg

 多分北海道初上陸?日本初のエンデューロをトシニシヤマさんが苫小牧でやったのが1985年位、既にKTMはモノサスだった記憶有り。

 そこから遡る事5年、モノサスはヤマハモノクロスのみの頃、他メーカーは2本サスでどうやったらストロークを出してヤマハに勝てるかで必死。

 で、回答「倒して伸ばしたらエエのとちゃう?」

 RMもCRもKXも伸びました倒れました、が70年代後半のMX。

 さすがに国内トレール車にはフィードバックされず…XLがちょっと伸びた位。

 しかしカワサキはやりました「外人やったら乗れるやろ」とKXの車体にトレールエンジン搭載、ま、トレールエンジンだから日本人でもいけるやろ。

 「あ〜あ、250モトクロッサーはオッカナイし、125だと下が無いし…」とブツブツ言えなくなるな、今後は。

 なんて事を考えながら本日ご対面したら…高っ!

 つま先チョンチョン…足がつるっ!

 ユミちゃん完全にやじろべえ状態!
TS3Y0179.jpg

 またがって前を見ると、妙に視界がいい! 窓からローマが見える(by池田満寿夫)!

 で、住宅街でモデル撮影会開始! なんぼローアングルで撮っても何もみえませんヨ、ktさん!
TS3Y0180.jpg 

 あ…自分の乗った写真撮るの忘れた。

 もう1件、ご報告あるものの(重なるなっつ〜の)  ちょっと保留。


posted by ぼんずやま at 21:32| Comment(11) | KLX A1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする