2016年09月22日

ブルタコ・・・

V OFF日高2016も終わり、リザルトなんか一応見てたら、北海道でトライアル一番ウマい佐伯竜選手がイイトコに載ってましたネ!   http://ryu-world.jp/
IMG_3192-300x225.jpg
 
それで何となくトライアル界はどうなってんのか?と、まるふくページを覗いてみると…

何だコレ?
middle_1473284838.jpg
やってますね、QQSC会長

多分、1日目終えて夜にフォークスプリングをかっぱらわれたんでしょう

スペアチューブを筒の中にギューギュー詰めにして走りゃヨカッタのに!

それともキャップボルト粉砕でスプリングがボヨヨ〜ンか?

事実関係要確認だね

最近全くトライアルから遠ざかっちゃってるな…

モンテッサだけ、まだ大会出てないので遊イングか全道エンジョイ出たい所だけど…会いたくないのがいたらツマランからやめとこう

旧2さんとイーハ出場、真剣に考えよう まさかイーハにゃ来ないだろー。
posted by ぼんずやま at 22:40| Comment(7) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ブルタコ発見&お宝GET!

 10月末にQQSC会長が来札するとの連絡が来たので、一緒に遊べないかの確認の為に
ボスコモト札幌に行ってみたら定休日…↓。
 しかし人はいませんでしたがバイクはありました!
2010100510210000.jpg 
 橘田さんがヤフオクで会長から買ったブルタコ350、やっぱりFRPタンクの方がカッ
コエエナ〜!

 帰る途中ナカガワより自然山来たぞ〜のTELがあり、寄ってみれば「お宝グッズ」付き
でした!
2010100515140000.jpg
 その昔、北海道でツーリングトライアルをやった夢の跡…これを私にくれるという事は、
「オマエが第3次トライアルブームを作れ」という事なのか? それとも「第1次ビンテージ
トライアルブームを作れ」? 
 「ぼんず山」でツーリングトライアルやるしか無い? 集客力・・・カリスマ性・・・どっちも
無いんですけど。
posted by ぼんずやま at 20:45| Comment(2) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

久々の「ぼんず山」へ行かない休日

 今日は6月以来初めて「ぼんず山」行きをサボり、家族サービスなどやりました。

 もし来た人がいたらスミマセン!でもシステム的には、マシン持参で来る経験者は私居なくても遊べる様になっていますので勝手にやって下さいね。

 支笏湖まで行ったので、帰りに苫小牧まで足をのばしてH−VMX会長を久しぶりに訪ねました。

 突然思いついた為にお金忘れてましたが、RM125サイドカバーを頂きました、やっぱりこの微妙なRは作れない!(ACTSの真夏の陣ならば、平板を車体に付けとけば太陽熱で溶けて作れるかも)
2010070320450000.jpg
 帰って付けてみればエエ感じでありました!

 その後はブルタコのステアリングヘッドの修理。

 購入以来ここをバラした記憶は無いんですが、開けてみると上ボールレースが1個しか無い!
 で適当なレースを入れて組むと、最後に締めるナットのねじ山が2〜3山しか無い…。
2010070322180000.jpg
 やむ無くアッパーレースを外し、レースカバーにその役を負わせます…。マニュアルにはサイズ3/16とありますが、小さ過ぎでバラバラになりそうなので1/4を入れてガッチリ締めるとガタも消え、重くもならずだったので一応終了にしましたが、要注意ではあります。

 気になって調べてみると、TYは下が1/4×19個で上が3/16×22。
ブルタコは3/16×22…上下の表記無し…まさか上は無い?
 それは無いだろうとRLのPLを見てみると…下のレースが片方載っているもののボールともう片方のレースが載ってない!

 現物見れば話が早いんですが、メンドウなので止めます。

 明日は草刈りはサボって、TY175の性能チェックとハウスの天井剥がしをやります。 
posted by ぼんずやま at 23:48| Comment(2) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

半年振りに形になったぁ

 出来ました!得意の「大体」ではありますが…。
2010041112030000.jpg
 タンク 新品ですが、艶や仕上げは「オイオイ」って感じです。
でも\2万ナンボと安いので許します、多分イギリス製ですが、いるんでしょうあちらにも…私みたいのが。

前後フェンダー これはイイですね、ピカピカです!値段も各何千円、変な穴も無しで市販車流用ぽくならないし。

デカール 一つ前のモデル用が来ちゃいました…私の年式のは次回生産未定…なので仕方ありません。
そのまま貼ろうかとも思いましたが、やっぱり変なので切り刻んで似せました。
このデカールは剥がれそうな気配がプンプンしてんので寿命は…でしょう、でも穴開け処理はあんまり好きじゃないんです。

でもどうなんだろう、この青いブルタコ…全部終わって言うのもナンですが「手放しにドコから見てもカッコイ〜イ」とは思えない?
今までこんな色のバイクは買った事無いので違和感に満ち溢れています。
他にあるのは青いTL125位か…あれを新車で買った人に聞いてみたい!「これを敢えて買う理由はナンダッタノ〜?」と。


 さて、エンジンかけるか…ナンカ恐い…。



ここで続報です

 ブルタコ完全復活!約2年ぶりに乗れました。
 
posted by ぼんずやま at 14:58| Comment(6) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

組み立て開始〜!

 何日か前にヒィヒィ言いながらエンジンを載っけたブルタコ、一気にカタをつけるべく朝から組み立て開始!

フロント周りを付け、キャブ、点火コイルで1時間経過。

 しかし、ここら辺から進みが悪く…原因は、エアBOXやリアサスなどを付ける時に使うカラー等が無い…大分前に外した時に、この部品はコレコレだからココに置くという様に、一応根拠づけてるんですが、根拠そのものを忘れてる…。

 部品探し、掃除忘れの部品掃除などをしながら、途中で仕事も入りでさっぱり進まず…夕方でこの状態。
2010041017420000.jpg
 明日は外装に行けそうではありますが、ハンドル切ったら「ガコ」と言ったり、ブレーキも効いてない感じなので、始動までは行けないかも知れません。

 でもとりあえず押して移動できるのがウレシイ…。 
posted by ぼんずやま at 18:34| Comment(0) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

ちょっと風が吹いてますが塗りました

 4月に入り大分アッタカクなって参りました〜ペンキ塗りはこの土日にやるしかない! という訳で、多少風が吹いてますが昨年のDT1Fの時ほど強くないし、早く乾く方に賭けてチャッチャカやりまして、遠目にはイイ感じとなりました。
近寄ると…オイオイですが。

 前回のDT1Fの時は、錆びがスゴかったのでサンダーで地肌を出したんですが、ブラシの針がちぎれて刺さったり、サンダー内に混入して突然異音と振動が発生で放り投げたりとエライ目に遭ったので、今回は紙ヤスリでスコスコ後にサッサと塗ってしまいました。
2010040412150000.jpg
 それでも前よりはマシ、エンジンも外装も到着済なので、占有面積を減らす為に早く組み立てないと…。

 車2台分のスペースに軽1台、バイク11台の光景をイメージすると、我が家の惨状がワカリマス…。

2010040417510000.jpg
 それと、こっちも塗りました! 今年から私のブルタコは青になるんですね、すでにタンク&前後フェンダーは来てます。

 新品が出て値段も全部で4万しない…現行のバイクのポリタンク、3万以上はするでしょう、フェンダーだって7千〜1万…に較べたら安い!
posted by ぼんずやま at 14:25| Comment(4) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

またバラバラです、戻んのか?

 DT1Fも厳密に言えばまだ終わってないんですが、そんな事言い出すとウチにあるバイクはどれも終わってない…いや、始まってない?
で、他のバイクに手をつける事にしました、エンジン下ろしたまんまのブルタコです。

去年の秋からエンジンが降りた状態だったのでもっと早くからやりゃあ良かったんですが、DTも途中でブルタコも途中では車庫の中がワヤになる…何もしてなくてもそうなのに…ので、一応DTが形になってから手をつけてみた訳ですが…。

インチキ筆塗りのフレームをちゃんと塗ろうと外装を外して
2010032211190000.jpg
グリスニップルからは恐らくグリスは入っていかないでしょうから、30年振りにスイングアームをOHしようとするも…外れません。

ではヘッド周りが塗りやすい様に三ツ又ごとフロントを外して…外れません。
得意技の「ヘッドのボールベアリングばら蒔き」も出来ず…。

動きは両方とも良いので、付けたまま「鬼マスキングのインチキスプレー塗装」になりそうですが、前回は「部品を一つも外さず筆塗り」なので、進歩です。

 死ぬまでに一回、所謂「レストア」というものをやってみたいものです。 
posted by ぼんずやま at 13:39| Comment(2) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

ブツと一緒にイイ物が入ってたのでご紹介

 DT1Fがそろそろ終わる?イヤ、まだ微妙にやる事があるな…という状況の中、秋に吉祥寺のオシャレなブルタコショップ「WST」に送っていたエンジンが修理を終えて戻って来ました。

 前回のOH時に時間があったにも関わらず、適当に筆塗りで済ませて載せてから後悔したフレームを、今回はちゃんとやろう!ついでに外装も三十数年ぶりにリニューアル(ナント全て新品が売ってる!)する事に決定!

 それにあたり、井上ボーリング井上さんにHELP要請し、あるブツをお借りしたんですが、届いた荷物の中にイイモノが入ってました!
2010031410440000.jpg
 HPをチェックすると同じものが見れるのでしょうが、昭和の男に内容を理解させる為にはやっぱり「本」でしょう!
2010031410450000.jpg
中に書いてあるのは、業務の柱から始まり
2010031410470000.jpg
「芯出し」これ、やりました
2010031410480000.jpg
携帯カメラでは内容までは写せないな〜
2010031410490000.jpg
この辺でお世話になる日も近い?

まだまだ続きます!お姉さんショットもあり!

これ、確か…連絡すれば送って頂けるはずなので、道内でボーリングをお考えの
皆様は今すぐ電話しましょう!

モトメン1冊分以上の読みごたえあります
posted by ぼんずやま at 12:05| Comment(6) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

寒くて泣きながらやりました

 mixiに「ゔゔゔ寒くてナンモやる気にならん」と書きましたがそうも言っていられず、ブルタコエンジン降ろしと冬タイヤ交換のどっちをやるか迷いつつ、優先順位が上(?)のエンジン降ろしをやりました。
2009120516160000.JPG
 手はまだ痛いし(9/20〜)寒くて体が硬いしで微妙な力が出ず、
なぜか可動式のエンジンハンガーは引っかかるは、もう少しで降りる寸前に車体が倒れてきて、慌ててエンジンを持ってた手を離して車体を押さえたら元に戻るは…みたいな事の繰り返しでありました。

 今回もWSTさんに送るんですが、「スロットル〜キャブ、マフラー、IGコイル全部送って」と言われました。
 一応自力修理の顛末説明で「マフラー外しても症状変わらず、IGコイルを他車に付けたら快調、キャブを他のに換えても症状変わらず」とは言ったんですが、信用されてません…。

 私がバイク屋なら、絶対私みたいなヤツの言うことは信用しませんネ!

 ちょうどいい機会なので、全部送って補器類の消耗も見てもらおう!

 エンジン降りてる間に、フレーム周りを奇麗に塗る…なんて多分やらんべな〜、前もやらんかったもな〜しかも冬だし。

 
posted by ぼんずやま at 15:59| Comment(4) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

アリガタイ物を頂戴しましたが…

 先日北海道の仙人ではなく内地にて「仙人」と呼ばれる御方より、こんなスバラシィ物を頂きました!
2009112912580000.JPG
 今までブルタコに乗る時の衣装(?)に困っていたので助かります!しかも袖にも文字があるので、イーハトーブなどのゼッケンをかけて走る時でも着れます!

 がしかし…肝心のバイクが動きません…。

 発奮して寒さの中電気系の導通を見ましたが、コレだ!とはならず。

 こんな調子だと「不動2周年記念パーティ」を開かねばならなくなるので、エンジンごと東京へ送る決心をしました。

 前にOHで送っても往復5〜6千円だったはず、こっちでどこかの店に出して試行錯誤してポツポツ部品を手配すると、部品の送料だけでもっとかかっちゃいます。

 今年は完全復活シェルパにブルタコウェアで新コースの岩砕きします!
posted by ぼんずやま at 16:48| Comment(0) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

今日は久々に進歩しました

 カテゴリをDT1にするかブルタコにするか悩みましたが、少ない方に。

 2台をH−VMX会長の所に持ち込み、まずブルタコをやっつけようと、キャブを変えるも変化無し・・・これで3つ目なのでやっぱりキャブは無罪・・・疑わしくは被告人の利益にします。
変換 〜 2009070518480000.jpg
 であればと再び点火、ギャップなどを見ると「どうも火が弱い」との指摘、言われてみれば昔はもっとバチバチ言ってた気がします。
 もしかすると磁力が弱まってる?LTコイルの寿命?その辺が疑わしくなってきました。
 CDI化が選択肢になるかも知れません・・・という所でブルタコはヤメ!

 気を取り直してDT1Fのエキパイ作り、昨日切ったパイプを溶接なんですが、現物合わせなので位置決めが難しく、途中怪しい位置関係になりながらもナントカフレームに収まりました。
変換 〜 2009070517480000.jpg
 これで大物は終了、タンク、シート、ブレーキロッドあたりをまとめればFINISHとなりそうです。
posted by ぼんずやま at 21:50| Comment(4) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

火あぶりの刑に処す

 もう2ヶ月くらい不調の原因がわからないブルタコ、「これは悪魔が乗り移ったにちがいないので火あぶりじゃ(マフラーですが)」という事で、消防車を呼ばれないように大浜に行ってきました。
 「火あぶりの前に言い残す事は?」と聞くと「マフラー外した状態で、爆音以外の調子が戻るか確かめてくれ」と言うのでやってみると、変わらず不調でありました。

 と言うことはマフラーに罪は無い訳で、執行停止、再審無罪決定です。

 こないだの「エンジン異常なし」に続き「マフラー異常なし」・・・となると残りはキャブ&点火時期・・・でもキャブは1回シロの判断してるんでした・・・が、試してない方法「直キャブ」って言うんでしたか「シリンダにガソリン入れて、入った分だけ動かす」をやってませんでした。
 これで調子よいと、犯人はキャブということになります。


 そんな事をやってると、TYZスコティッシュに乗って浜を散歩している方に会いました。
 色々話すと空冷YZ125をお持ちとの事で、間髪いれず「ぼんずやま通信」と7/19のスクランブルミーティングの案内をしました・・・大浜まで行った甲斐があった(?)
posted by ぼんずやま at 14:45| Comment(8) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

中は綺麗でした

 「と」さんに言われた為イヤイヤ、ではなく自発的にシリンダを外してケースに混合ガスを入れて洗ってみました。

 どうもシリンダの下からピストンを入れるのがヘタなので、あんまりやりたくなかったんですが、取ってみると見える部分に関してはとても綺麗でありました。

洗浄中.jpg 茶色く見えるのがガソリン、クランク回したり放っといたり色々やっても液の色は変わらず・・・OHしてんだから当たり前ではあります。

 「これは戻しても結果は変わらんな〜」とガックリしながらシリンダにピストンを入れ・・・珍しくスポンと入ったのはヨカッタ。

 エンジンをかけると・・・やっぱり同じ、もうヤル事ないぞ〜。

 排気、キャブ、点火、エンジンの順で調べて異常なし・・・とは言っても、あくまでもワタシによるもの。
 プロや所謂A型的な人ならば、始めにチャント見るので二度も三度も同じ所は見ないでしょう。
 でも、ワタシの場合は一度のチェックでは全然当てになりません。
 何度もさっきの順番でチェックするうちに全体の精度が上がってゆく感じです。
 「さ、またマフラー詰まりでも見るか」
posted by ぼんずやま at 12:48| Comment(7) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

エンジンはセーフでした(多分)

 ヘッドを恐る恐る開けてみました。 「ピストンに穴」「シリンダ壁傷だらけ」などの最悪の事態を一応頭の隅に置きながら。

 結果は・・・大丈夫でした!少しシリンダ壁に縦傷はありましたが、触っても段差を感じない程度、多分前からあったんでしょう。
 カブリを繰り返したので燃焼室内は真っ黒でしたが、失火を招く様なものではなく、軽く掃除したらソコソコ綺麗になりました。
変換 〜 2009061717500000.jpg
 あと確認したいのが「一次圧縮室内の燃料だまり」ですが、掃気ポートから管を入れようとしましたが上手くいかず。
 クランキングでブシュッと来ないか、せめて臭いだけでもとやってみても何も起きず。

 去年の秋に水混入を疑って一度逆さまにしてキックしたのを思い出しました、その時も何も出なかったんでした。

 シリンダまで外すのもメンドウなので、ちょっと保留ということに。

 ここまでで、ひとつ気になったことが・・・ヘッドボルトが緩かった様な気が・・・普通ならレンチをハンマーで叩いて外す事もある位硬く締まってそうな気が?・・・ツルンツルン緩める事が出来ました。

 オイオイ、これなのか〜? ヘッドガスケットも濡れておりました、相当圧縮漏れがあったんでしょう、キックは重いんですけどね。

 今ヘッドがないせいで、上死点前○ミリという点火時期の合わせ方がやり易いので、再チェックしてヘッドボルトを思い切り締めて、もう1回始動してみよう。
posted by ぼんずやま at 20:31| Comment(5) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

事態はどんどん悪い方へ・・・

 ブルタコのHTコイルを完動状態のモンキーに付けて様子を見てみました。
 なんと普通にエンジンがかかって高回転まで回ってしまいました。

 これでHTコイルは正常ということになります、考えてみれば点火系のコイルは電力が回転を上げることで大きくなる訳では無く、発火回数が増えるのであり、要するにクランク1回転で1回高電圧が発生すれば3000回転で3000回発生するように出来ている訳で、キックスピードで飛べば正常であることに気づくべきでした・・・。

 よってフライホイール内のLTコイルも当然正常という事になります。

 となると、残された怪しい場所は・・・「エンジン(内)!」ゲゲッ。

 依然としてキャブも怪しいんですが、キャブの不良で混合気が濃くなる状況がイメージ出来ません(エアクリ無しでも症状不変)

 油面はまだいじってませんが、あんなもの自然に上がるものでもないでしょうし、ビングのキャブのデータが無いので適当にいじるのもどうかな〜って感じです。

 いよいよ次回はヘッドを開けて、焼きつきや穴の確認をする事になりそうです。

 かすかな期待として考えてるのが「停車時にガスが1次圧縮室に入りまくって少しづつキャブからの吸気に混ざって濃くなる」ですが、最初に症状が出てから1年たとうとしているので、もう揮発してそうなもんなので可能性は低いですね。
posted by ぼんずやま at 19:49| Comment(3) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ブルタコだいぶ直りました

 土曜が仕事だった為、日曜に一気に事を済ませようとDT1、ブルタコ、イタルジェットの3台に手を付けると、いきなりイタルジェットの半月キーを紛失・・・このままだとどれも中途半端になりそうなので、DTとイタルはやめてFANTICのタイヤ交換とブルタコに集中することに。

 タイヤを取りに平和に行くと雨の中結構な人数、8人程が練習中でした、S伯、W辺、K野、O崎、H田、N村、K藤、PY田といった面々。

 ブルタコの修理、先ずフライホイールを外して・・・何回やっても外れる瞬間の「ゴン」の音にビビッテしまいます。
 中身をチェックしますが、全然問題なさそう・・・やっぱり点火時期か〜、あんまり好きじゃないです、特にプレートを動かせるタイプはドツボにはまりそうで怖い・・・。

 ネジはカンカンに締まってるので、プレートは触らないでギャップを見ることにしました。
 「ギャップが多少変わった位であんなに不調にならんよな〜」と思いつつチョロチョロいじっていると、火が飛ばなくなってドンヨリしましたが「むむ、これはポイントが閉じっぱなしか開きっぱなしのドッチカなのだから・・・」など、一生懸命アタマを働かしてなんとか火の飛ぶ範囲が見つかりました。

 始動してみるとケッチンの嵐!たまらずH−VMX会長に電話で助けてもらいつつ微調整&始動。

変換 〜 2009053117300000.jpg なんと!かかってしまいました。 アイドリング時の音も連続音となり、アクセル開けてもついてきます。
 こんな原因だったのか〜、これならイーハトーブ中に直せたか?イヤ、無理ですね、あの雨の中で迷わずギャップ調整にたどり着けるわけ無いです。

 試走してみると、真ん中〜上が回りません・・・キャブなのか点火なのか・・・まだまだですが、かなり進歩したとは思います。
posted by ぼんずやま at 20:46| Comment(4) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ブルタコ手強いか!

 去年のイーハトーブで絶不調に陥ったブルタコ、やっと手をつける事が出来ました。
 症状は、エンジンは何とかかかるものの、ダン・・・ダン・・・と断続的な燃焼で、アクセルを開けると止まっちゃいます。
変換 〜 2009052419290000.jpg
 現場にて成田省三さんが「点火では?」と推測してくれましたので、そこを見る訳ですが、以前クランクシールが逝った時にかなりのオイルが燃えたので、もしかしたらマフラー詰まり?と思って最初に見ましたが異常なし・・・これなら楽だったのに。

 では点火を、一番簡単な所から(FANTICで学習)、プラグはOK、キャップは・・・コードは・・・コイルは・・・すべてOK、火が飛ぶだけでは怪しいので他車のを付けて確認、異常無さそうです。

 あとは点火時期とポイント焼損、コンデンサ・・・焼損は無さそう、コンデンサは代替無いので見れず、点火時期も大きく狂わないとここまで不調にはならないんですが、一応ちょっとズラしてみると、少し早かったのか遅くすると変化が?・・・という所で時間切れ。

 食料の買い物の足をやって再び挑戦!と思いましたが、ナンカ修理ばっかりでイヤになったので、また動かなかったら笑い物になるFANTICを積んで平和にトライアルの練習へ行く事にしました。
変換 〜 2009052418150000.jpg
 今日のFANTICは絶好調! ロックをメインに昨年はオッカナくて行けなかった丸太の坂などバンバン登れ、しかも途中で細いラインに前輪を入れる余裕までありました。

 いいウサ晴らしでした!

 
posted by ぼんずやま at 20:21| Comment(2) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

パーツが来ました

 前に頼んだエンジン側のインシュレータは3日で来て「ヤマハより早いわ」だったんですが、今回は2ヶ月近くかかってしまいました。
 何が来たかというと、ブルタコのエアクリーナ側インシュレータとエアクリーナ、クリーナBOXの「キャブの後ろ全部」です。

変換 〜 IMG_0514.jpg 元々怪しいセッティングで走らせていましたが、イーハトーブ時の雨と振動でいよいよカパカパになってしまい、補修しても不調時に常にそこを疑わねばならない訳で、なるべくトラブル時に考える場所を減らす為に一気に交換しようと思ったわけです。

 「あるもんでナントカする」が信条の私にしては、ナカナカいい心がけかなと。

 この調子でちょっとずつ新品に換えていけば、10年後には大分綺麗になるのではと楽しみです。
 10年たったら付け替えた部品も古くなる?イヤイヤ、今ついてた部品が30年もったのだから大丈夫!

 今日はもうひとつ、DT1FのスペアピカピカFフォークにオイルシールをいれましたが、こちらは信条通りに専用工具を使わずにそこらへんに転がってた板とプラスチックのパイプでやってしまいました・・・。
 慎重にやったつもりなので大丈夫だと思うんですけど、まだオイルをいれてないので何とも言えません。
posted by ぼんずやま at 19:46| Comment(0) | ブルタコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする