2014年05月11日

初トライアル(乗っただけ)

そろそろスキーも終わり

今シーズン初の集団走行inぼんず山

最初はktさん、旧タイプ2ストさん、momotaさんと私の予定が、道中ファンティク50オーナーさんから突然&久々のtel、是非ご一緒にという事となって5人で遊ぶ事に

早めに入って、何か動くもの探し

まずTY175…ダメ、クランクシールが怪しまれるエンジンのかからなさ

次、バイアルス…これはサクッと始動 なんだかんだ言ってもHONDA

2ストも欲しいな、という事で一番出し易い所にあったファンティク240…2年ぶりでしたが意外とすんなり始動

でも、ちょっとカブり気味で怪しい状態…もしかしたら燃焼室にガス行ってるかも(デロルトはオーバーフローパイプが無い)

全員久しぶりライドにつき、その辺をブラブラ走っては休み、休んでは休み、の繰り返し
TS3Y0615.jpg
一番乗ってたのはEDライダーでもあるファンティク50オーナーさん、服部コンペでTY50を巧みに操ったアノ方、ギジツ的に全然OKなので放ったらかし!

ちょっとファンティク50に乗せてもらいましたが、パリッパリのお元気エンジンをギヤ比でトライアルにした感じ?

なんか面白い!

その後全員で郵便局までプチプチプチツーリング
TS3Y0617.jpg
帰りに240ガス欠(お約束?)などしながら帰還

来週はこのメンバーで札幌チームとしてオフパラに向かう事になるかも

今日momotaさんは実はBMW GSで来たんですが、ぼんず山へのアクセス途中が結構な荒れで下に置いて来てしまい、拝めませんでした 残念!
posted by ぼんずやま at 19:43| Comment(5) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

普通落ちるか、こんなモン(しかも気付かず走る)

 先日発見されたFANTIC240のブレーキペダルを取りに平和へ。
変換 〜 middle_1320783182.jpg
 回転する訳でも無くロッドも通ってるのに落ちるか?

 着いてみるとH田さんが怪しい作業中、聞けば毎年恒例の冬支度?事務所下の空き地をシートでくるんで冬用練習場を作っているとの事。

 N野さんがまだ来ないと言うので、服部スクールの出面返しに少しお手伝いを。

 外から見るとこんな感じでかなり怪しい仕上がり 
TS3Y0032.JPG
 70年代に山中にこんなのあって中でエンジン音などしたら、絶対踏み込まれます。

 中は、どこから見てもトライアル練習場?
TS3Y0033.JPG
 以上、トライアル虎の穴から中継でした。

 その内「冬だけ会員になりたいのですが…」という者が訪れる事でしょう  
posted by ぼんずやま at 13:20| Comment(6) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

ブレーキペダル無理矢理復活、でも無料

 先日の遊イング中に落っことしたリアブレーキペダル、本日復活致しました。
 WST竹内さんに頼めばパーツ有りそうな気もしましたが、そこは貧乏性のワタクシ、即バイク屋さんのゴミ箱探しを開始。
 DT50の残骸からペダルをGET、そのままで合うはずは無いので車体に合わせて切る場所と曲げる場所に適当に印をつけて、取り付け穴を見ると直径10mm…こんなデカい穴は我が家では開けられないので、今度はリンク先のOVERFLOWへGO!
 車体と離れた所で部品を加工するのは結構無謀でありますが、帰宅して付けてみるとこの通り!
TS3Y0020.jpg 
 これで再来週使えそう(Mさん、どうもネ〜)。 
posted by ぼんずやま at 21:00| Comment(4) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

遊イング第6戦はビンテージ色ムンムン

 今日は遊イングトライアル最終戦、8月9月と出れなかったので久し振りの大会ですが、朝晴れてたのに着いた辺りで雨がザ〜ザ〜…。

 しかし、メンツが良いので全く気になりません!
TS3Y0005.JPG
 常盤Wさんのバイアルス250を筆頭にY浦RS250T、日高でもお会いした釧路ナベスコさんもRS200Tで、と私のFANTIC240!
 もう1台RS200Tが来るはずだったのに、その方は間違えてカメラを持ってきたみたい…。
 ビンテージトライアルの様相を帯びて来たので、申し込み時に一緒のグループにまとめてもらって競技スタート。

ダブルIBワタナベがバイアルス250とRS200TでAラインを登る図
TS3Y0007.JPG
TS3Y0009.JPG 
 雨のせいか、なかなかクリーンが出ない展開、これなら勝負出来る?
 みんな3点が多そうなので、なるべく2点目の足付きで踏ん張って2点を増やせば勝機有りと頑張りますが、頑張り過ぎて5点になるとパ〜。
 途中からTYRひぃさんも加わってビンテージ度合いUPしながら続いて行きます。
TS3Y0012.JPG
 しかし、2LAP目にアクシデント発生! リアブレーキペダルを落としてしまいました〜!

 それでも残りセクションを見渡せば、あんまり急な下りは無いので、気づかなかった事にして続行、最後はプラグもかぶり出しましたが何とか終了!(その後ペダル捜索するも、沢に落としたのか見つからず…)

 順位はイマイチでしたが、ビンテージ内ではRSナベスコさんを筆頭にY浦さんまでの点差が約10点、その中にいたのでマァ良し。
 今日は沢をただただ真っ直ぐ行くセクションが2つ有り、その楽しい事楽しい事!
TS3Y0014.JPG
TS3Y0017.JPG
 8セクション全部沢だったらいいのに!
 思い切りリア荷重で水の中をアクセル開け気味で走り、障害物を越える時に一瞬リア荷重を抜いて即リア再荷重でさらにアクセルON!を繰り返しながら、一瞬の判断でラインを決めてアクセルON!(下見?何それ!)…面白ろ過ぎます!
Y浦様 変なのしか撮ってませんでした、スミマセン
TS3Y0019.JPG

 競技終了後はジンギスカンをつつきながらビンテージ談議、ちゃんとBTDTの告知もやったし、ひぃさんにぼんず山の案内も出来たし、リアブレーキ以外は良い大会でありました!
 という事を現在入院中で暇で暇でしょうがないDONちゃんに一番にお伝えいたします(見れないか)。
 
posted by ぼんずやま at 17:03| Comment(7) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

FANTIC303の修理

 先日イマイチ調子が悪いままガス欠になったFANTIC303の蘇生に行って
来ました。
2010042514310000.jpg 
 症状としては、しばらく普通に走るがだんだんカブり気味になって来て一回止め
ると始動不能、プラグ見ると真っ黒ベタベタ…。
 先ずはキチンと50:1のガソリンを入れて(混合が濃かったならコレで直る?)。
 
 各部の状態は、エアクリーナは付いてる(オイル染み込ませは無し)。
 キャブのニードルは一番薄い段数。
 エアスクリュー(アイドリングスクリューよりエンジン側にあるのでパイロットス
クリューかも)は何回転戻しか数えてませんが、一番回転の上がる所。
 ジェット番数は壊したらヤなので変えず。
 
 プラグ洗って始動すると「ババババ〜ン」明らかに吹けが速い!
 20分位走行、急坂ではまくれかかる程、体が追い付かない。
 フローティングターンの練習も、少しでも傾けるのが遅れるとウイリーしながら
まっすぐ登って行く。
 本来の性能なんでしょうがかなり危険!
 さすがにクラッチの必要性を感じ、駆動を逃がせる様にちょっと握ったら切れる
様に調整。

 その後ハウス前にて、止まった状態でわざと中途半端にアクセル開けたりして、
一旦エンジン止めてプラグチェック。

 黒い…が、ベタベタでは無くススけた感じ、前よりはいいか?

 少し洗って再始動、普通にかかります、直ったのかなぁ。

 またしばらく乗って、2時間後にプラグ見ないで始動、かかりません…。

 また真っ黒なんでしょうが、外すの面倒なのでキックしまくり…何とかかかりま
したが、始動の度にプラグ掃除?やってられないな〜、タダだけど。

 乗り方がショボいのが原因だとヘコみます…。

 キャブ調整出来ると言う事はクランクシールはセーフ?、あと出来る事も無いので
、とりあえず新品プラグに変えて、プラグレンチをポケットに入れて使います
posted by ぼんずやま at 21:22| Comment(7) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

昭和(〜1989年)の部品の探し方

 昨日の続き、さてどうやってデロルトPHBH26のチョークジェットを入手するか…

 @アロウに注文、おそらく送料の方が部品より高い、しかもパーツNoわかんないのでややこしい。

 Aヤフオクで探す、MJなどはセッティングで使うので単体やセットで出てるがチョークジェットなんぞは換える部品じゃないので出品0。 キャブごとだと3千円以上+送料…しかも使えるとは限らない。

 B昭和の香り漂うバイク屋のゴミ箱を漁る…モトクラフト→× アリババ→×、でも口径わかれば他の荷物と一緒に取ってあげるって!優しいですね。

 最悪いい加減な口径を言ってアリババさんから注文するとして、まだ伝家の宝刀を抜いてない!

 で「ナカガワ」へ。

 「自然山かぁ?まだ来てないぞ〜」と社長が言い終わる前に「社長!この辺にデロルト落ちてませんかぁ?」と切り出し、事情を説明。

 で、二人で夢の島へ。

 「キャブはこの箱の中だけだな〜、おっ!いっそフラットバルブにしたらどうだ、これとか」などとやり取りしながら数分後、「あった〜!型番までピッタリ」
2010080320380000.jpg
 という訳で、送料以下でGET!

 やっぱり「昭和の香り漂うバイク屋さん」はいい!
 いつまでも続けてもらって私の変なモン探しに付き合って欲しいものです。
2010080320380001.jpg
 家に帰って付けてみればピッタシ、型番まで一緒なんだから当たり前!
 他のジェットやフロート周りもFANTIC240&303、BETA240のスペアにもなってメデタシメデタシ!
posted by ぼんずやま at 21:29| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

あれ?無いぞ!

 やっと乗る暇が出来たと跨がれば動かない…お客さんに175を貸して自分は303で走ろうとすると動かない…プラグ替えると動くものの2時間後にはカブリ捲って終わり、谷底だったら悲惨…といった具合で鬼っ子ぶりを発揮し続けるFANTIC303、もう捨てたろ!と思って山から回収。

 おっと捨てる前にハンドル周りと保安部品をひんむくか、イヤ、もう1回だけキャブを見てやるかと外してみると何か変…「確かデロルトはチョークジェットあったよな〜」と覗くと…無い!何で?何時から?
 多分倉庫から引っ張り出した時もチョーク無しで10年前のガソリンでかかったし、冬に八剣山で走った時もチョーク無しで一発…最初からか?
2010080220570000.jpg
 即モトクラフトへ行き、パンペーラのPLを見ると、ありました!覗かなくてもわかる位長いのが。
 多分常時濃かったのはコレが原因でしょう。

 違う原因かも知れないけど、とりあえず捨てるのはヤメておこう。


 お蔵入り2軍落ちの303の代わりに「ぼんず山」デビューを果たしたのは、バイアルス250!
2010080212300000.jpg
 ガレ場登りや草混じりの黒土にどうかな?と思いましたが、走らせてみれば結構イケる!
 考えてみれば、自分が嫌いなタイトターンセクションはほとんど無くてイケイケが多いので、「押し」さえやらなければ以外と合ってるかも知れません。

 しばらくはコレで行こう!
posted by ぼんずやま at 21:45| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

あばら痛いけど乗っちゃった

 昨日「ぼんず山」のガレ場登りでひっくり返って脇腹を痛め、今日は大人しく作業しようと思ったらコタ中さんがTLMで来るとのこと。

 昨日最後にエンジンがかからなくなって「捨てたろかい!」と思ってた303、コタ中さんが来て始動してみれば「バババ〜ン」とかかり出し、スクラップ行き寸前で生き延びました。

 今日は遊イングも休んで養生しようと思ってたのに、来場者はいるしエンジンはかかるしでは乗らない訳にはいきません!
2010062011410000.jpg
 山に入ってまずコタ中さんのTLMマルヤマ風を一枚

 その後案内を兼ねて4セク5セク以外をザザ〜ッと走りまして、昨日ひっくり返った3セクのお礼参りも慎重に且つアケアケで済まします。

 最後に差しかかった6セク、通称「ヒロぼう殺しの土手」を登ってO浦さんが刈ったガレ場の急坂を登ってみる事に。
2010062011520000.jpg
 まず私から、ザクザクですが惰性を殺さずに一気に行くとクリーン
2010062011540000.jpg
 次はコタ中さん、ラインを変えたのが災いの元でした。


 全体的に「難しいロックやステアは無いのに3点で抜ければ上出来」的なセクションが多く、ドップリ疲れて終了〜!

 コタ中さんが帰った後にTY175ニコイチ作業を始め、微妙に歪んだフレームにてこづりつつもナントカ始動まで行きました。

 途中静内より「静内のルジャ〜ン、M口」さんが突然現れ、コースをさらっと案内&レストハウス(予定)のリフォーム相談(大工さんなので)などして本日は終了でありました。


 TY175はなかなか状態良いので、そのうち試乗車にします。

 手ぶらで来る人はブーツ位は用意して下さい、無い事は無いけど汚い臭いサイズ合わないの可能性大です。
posted by ぼんずやま at 19:56| Comment(11) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

ヤッツけてやりました

 昨日の開拓で肝心な時に動かなかったFANTIC303(301じゃなかった)、PM3時〜5時まで時間が空いたのでやっつけに張碓へ〜。
303.jpg
 昨日の状態は 火は飛んでる(ちょっと弱い) ガスはチョーク引くとカぶる位来てる、無しだと…? チョークでガスが来た後にプラグ穴からガス入れてもかからず といった感じ。

 で原因を推測すると @プラグがダメ Aガソリンがダメ Bパイロット詰まりでチョークだと濃すぎ 

 新品プラグで始動…ダメ

 ガソリンまみれのプラグをキャップにつけてキックするとボァッと燃える…ガソリンはOK

 ならばとキャブを外しに…外れない! ストレス無しに外すにはエアクリBOX&エキパイを外さねばならない様子。
 クルマもそうだけど、バイクも80年代半ばを過ぎるとイジリ難くなっているようです。

 幸いキャブ前後のインシュレータが柔らかかったので変形させて無理やり抜きました、硬化してたらOUT。

 サッサと掃除して組み付け、今度はキャブ〜エンジン側の金属バンドが入らない!(これを外さないとインシュレータに柔軟性が出ず、抜けない)。
 
 ここだけで30分位かかってやっと終了、キックを踏めば「ブワ〜ン」と来ました(ホッ)。

 試運転すると、なんか低速が無くなった感じ…ナンデ? パイロットスクリューいじろうかという所で時間切れ。

 ま、ここまでやっとけば今度の開拓時にちょっと触れば役に立ってくれるでしょう
 
 「たのむぞコノヤロ、他人と走る時にトラブるなっつ〜の」
posted by ぼんずやま at 20:09| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

まだまだだ…

 下界はもう春なので、そろそろいいだろうとFANTIC240を積んで初平和、しかし住所が西野から平和に変わる辺りで日当たりの良い平地に雪が目立ち始め…。

着いて見れば、まだまだ春ではない…冬でも春でもない(じゃあナンダッ!)。
2010041712380000.jpg 山に入るとタイヤの登った跡があったので、ついて行ってみれば5mで登坂不能…今日は秋に付けた泥の洗車に目的変更。

メンテ小屋ではエロH田さんが「ちゅうぶれすたいや」の交換その他中だったので、手伝ったり邪魔したりしましたが、チューブ無いので脱着は楽、しかし空気を入れてビードを上げるのは大変そう、ビードをおとすのも大変そう。
2010041712500000.jpg
私ならチューブの方が早いな。

 家に帰ってからブルタコとRM125にキルスイッチを付け、昨年の登別でサッパリ調子が出なかったRMの調整。
 昨年現場で何をやってもダメだったRM、帰ってキャブをばらすと掃除してなかった部分を発見(ニードルジェット)。
 昨年末に掃除して取り付けの後はエンジンかけてなかったんですが、
今日始動&走行してみるとナカナカ良い!

 これで4月29日はイケルでしょう!
posted by ぼんずやま at 19:53| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

雪上走行会

 八剣山果樹園に常設のコースがあり、そこでMOTOーCRAFTの皆様が走ると言うので「夏季そのまんま仕様FANTIC303」で行ってみました。

2010022112190000.JPG ま、多少は走るべぇと思いつつSTART

 しかし、「セカイモン」ならぬ「当時もん」の角無しミシュランでは話にならず…

 1速〜空転、2速〜空転、3速〜なんとか動く、4速〜エンストという状況。

2010022112180000.JPG で、コケまくり!後ろに荷重しようとRフェンダーをケツでつぶしに行っても形状で滑って真中に来てしまう…。

2010022112240000.JPG なんとかかんとか走れてるトコを1枚撮ってもらって終了、CRM80とR&Pを借りて走ってみれば、まあ楽しいこと!

 でもFANTICで走行中の各コーナーでスピン寸前ドリフト時に、「半クラッチをすると駆動が抜けて滑りが止まる」を発見しました!

 普段発進&停止以外はクラッチ使わないので知らなかったんです。

 でもやっぱり、ドカンとリア荷重させる時は2本サスがいいな〜、アッパーを直接ケツで押せるし。
 モノサスもステップ荷重すればいいんだろうけど、一瞬しかかけれない感じでヤです。
 
2010022112080000.JPG
 そんな苦労の横では「チョイノリ耐久」が行われてオリマシタ!
 
posted by ぼんずやま at 15:26| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

初ディスクいじり

 雨が降って来たので仕事をテキトウに切り上げて秘密アジトへ直行、FANTICいじりの開始です。
なんかターン中にエンストするなあと調べると、Fディスクを引きずってました…。
ディスクなんて触った事ありませんが「エア抜き位なんとかなるべぇ」と始めてみれば、いつもの事ではありますが色々やらかしてしまいました。
キャリパー固定ボルトねじ切り〜パッド固定バネ無くし〜エア抜き時いきなり液切らし〜ブリーザに繋ぐホースがないので雑巾をはさんで辺りがフルードだらけ…あと何だっけ?。
結局対向ピストンの片側が戻ってない事がわかり、全バラ。
ねじ切れた残りを取ったりしながらの為、結構時間がかかりましたが、雨も止まないのでいいでしょう。 錆だらけのディスクをカバーで隠して終了〜!
変換 〜 2009100215200000.jpg さて効き味は?握り感は良くなりましたが効きは今いち…こんなもん?
こないだ握ったRTL―Sはもっとガツンと効いてた様な、やっぱりディスク研磨しないとダメかも知れません…。
とりあえず、二度とディスクのバイクは買いません、メンドクサイので(またそれかい)!

posted by ぼんずやま at 20:13| Comment(1) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

カッコイイナ〜、俺のFANTIC!

 午前中DT1の始動を試みると、変な所から風が吹いた様な気がしました。
 かかった時に手をシリンダーに当てると、1次圧縮が…心折れました。

 次にBULTACO、フライホイールの内側の各部品の接触を見ても異常はわからず…再び折れました。

 失意の中、近くに置いてあったFANTICを始動「ブバババ〜ン」と…来ません(「…」ばかりでスミマセン…)。

 前に悩んだ点火は絶好調「キャブかよ〜」と外してみれば、燃料がさっぱり中に入ってない…フロートとパイロット各ジェットをお掃除。

 きましたきました「ブァバババ〜ン!」。

 となれば平和へGO!燃料を入れるのを忘れたまま…。

変換 〜 2009092215240000.jpg 止まってる姿、カッコイ〜イ! 動くともっとカッコイ〜イ!でも私が走らすとあんまりカッコヨクナ〜イ…遊イングのリザルトはカッコ悪〜イ。

 どこが良いかというとやっぱりタンクです。 末広がりでエラ、MVアグスタみたい!

 走りはというと、ガス欠で1時間遊んで終了、ボケ〜ッとしてたらヒラメキました!
 「車を斜めに止めて、シュコシュコポンプで車から抜く」たまたまオイルは積んであったので、ガソリン泥棒開始(自分の車ですヨ)。

 500cc抜いて、めでたく再始動! 山をトコトコ遊んでたら、ものの30分で再ガス欠…コックからちょっと漏れてはいるけど、燃費悪いみたいです。

 遊イングに出るときは4リットル位入れといた方が良さそう。
posted by ぼんずやま at 20:07| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

303、綺麗に見えますが・・・

 303にちょっと乗ってきました、デジカメで撮ると綺麗に見えますが(見えない?)、結構キテます。

303.jpg エンジンは不思議なくらい調子がイイんですが、ブレーキは悲惨な状態・・・ディスクは鋳鉄な為、錆まくりでいくら引きずって走ってもピカピカにはなりません。
 パッドも減ってるしフルードなんか見る気にもなりません。
 それでもドラムよりはチョット効く様で後輪はいい加減なアクションでも少し上がります。

 Fフォークも錆まくり・・・しかし漏れは無し(入ってない?)定期的な給油が必要です。

 クラッチはワイヤー式ですが軽いです(ウチの中では)。 どうやらステンレスワイヤーみたいです。

 今日書類をもらいました「誰の持ち物だったのかな〜」と名義を見ると、S谷さんでもN野さんでもなく、阿寒の人でした。

 先日このバイクを置かして貰ってる会社の人が井上ボーリングに仕事を頼んだ際、「ここにバイクを置いて、仕事中にしょっちゅう遊びに来ては乗り回して遊んでる」と根も葉もアル事をしゃべったそうです。
posted by ぼんずやま at 21:02| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

243じゃなくて303でした

 今朝、バイク屋の倉庫掃除兼練習&部品取り用バイクを格安GETしに行ってきました。
 2005年のブルタコと同様に、バイク屋は違いますがやっぱり倉庫の奥底に7〜8年眠っており、そこにたどり着く為には自然と掃除を兼ねてしまうんです。

 そもそもはこないだ買ったFANTIC240のエンジンがかかんなかった時に出た話しで、かかったので必要無かったんですが、「そのうちウンともスンとも言わなくなるかも」っていうのもあって、「やっぱりエンジン&点火系を確保しておいて使わないうちは練習用に知り合いの会社の空き地に置いて遊んじゃおう」と思い直した訳。

 でも、そのバイクが好調だと言う保障は・・・ないんです。

 10台位引っ張り出すと見えてきました・・・ん?243じゃない?
 303と書いてある、やった!でっかいエンジンのヤツです。

 ここで喜ぶとバレルので、何食わぬ顔で外に引っ張り出して影で喜びます「ヤッタ、212ccから248ccにポン付けボアアップ!」
 でも7〜8年ほったらかしで、しかもバイク屋が購入後1回もエンジンかけてない・・・不安です。

 本来なら準備してからなんですが、不安のあまり気が急いてしまい、プラグもエアクリも取らずにキックをユックリ踏んじゃいました。
 すると、ケッチンが来たんです! むむ?点火してる!と今度は普通にキック、なんとかかってしまった!

 バイク屋の社長も私もビックリ!粉々になったフィルターをキャブが吸わないうちにすぐにSTOP、すぐに知り合いの会社に持込みます。

 新しい混合ガソリンを入れてミッションオイル量(240には無い窓がついてました)を見て再び始動!
 ナント安定したアイドリング!キャブもそのまんまなのに。

 調子に乗ってガンガン走らせてしまいました!それでもアイドリングは安定し、きれいに吹き上がるのでキャブもエアクリもOKみたい。

 Fフォークの錆が多いのと前後DISKの割には大して効かないっていうのはありますが、ぼちぼち見て行きましょう。
 とりあえず走って止まれば遊べますんで。

 さあ、今後は知り合いの空き地がセクション化してゆきますヨ!
 (あまりの事の流れの順調さに写真取るの忘れました)
posted by ぼんずやま at 16:49| Comment(0) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

いくらカッコ良くても動かないとネ

 先日の遊ingトライアルでJUNちゃんに撮って貰った一枚、カッコイ〜イ! でも動かないんじゃ困ります・・・。
fanticうしろ.jpg
 先週土日から、原因究明〜対策〜効果ナシを繰り返してきました。

 プラグの火が弱い、飛ばないときもある・・・・・・プラグキャップがコードからすっぽ抜けた・・・・・・キャップ交換 結果「ダメ」

 コードのみで火花を見ると放電している・・・・・・キャップ取り付け部見るとネジに負けて配線がちぎれている感じ・・・・・・コードをシリコンのイイのに交換 結果「ダメ」

 コイル側のコードの入りは良いが、キャップ側は怪しい(シリコンコード内の線がスパイラルの細線1本でキャップをねじ込むと壊れている感じ・・・・・・コードを複線タイプに交換 結果「ダメ」

 コードのみだとギンギンに火が飛んでる・・・・・・キャップ?新品を「モトクラフト」ISDE藤井さんで頼むも、とりあえず手持ちの中で一番抵抗の小さいのをつかうしかない。

 ちょっと行き詰って、まさかと思いながらプラグの導通を見れば、3つのうち2つに導通が無い!マジか? つまらんものをいつまでも持ってるとこういうことになる・・・。

 即BR6ESを買い(Rを勝ったのは60おじさんの助言による、何故抵抗入りがいいのかはワカリマセン)、プラグの火を見ると夜のせいもありますが明らかに火が多い!
 シリンダーに装着&キック!なんと一発でした・・・。「結局プラグかよ〜」
 他人が2stにイリジウムなんか付けて悩んでたら、「そんなもんプラグしかないべ」とか自信タップリに言うくせに・・・。
 ま、アウターの硬直したコードを換える機会が出来たという事で。

 何回か止めたりかけたり繰り返しましたが、調子いいです・・・。

 でも確かプラグは新しいのつけてたはず・・・R付きではないですけど

 また明日はかかんない可能性は○%? 絶対克服してやる!

 最初に戻りますが、「バイクは動かないとね」なんて言ってますがホントは「何から何まで美しいバイク、例えばアグスタ750Sとか・・・だったら動かなくてもいいです! 動かないとつまらんバイクは動いてもつまらんかも知れません。

 自分のバイクが動かないと頭にくるのは「意地」と「男ならバイク位直せんでどうする!」的なノリです。  
posted by ぼんずやま at 20:53| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

直った(イヤ直ってない!)

修理1.jpg
 先週の遊ingトライアルで10時スタート後に突然不動になり、貴重な2千円をドブに捨てさせたfANTIC240、昨日までに大体のあたりをつけておいて、本日修理を試みました。

 恐らくプラグキャップだろうと2〜3個用意して取り替えるも、症状は良くなりません・・・。
 コードの状態でアースさせてキックするとバチバチ言うのに、キャップとプラグつけてやると電極以外のところで線香花火のようにチリチリ飛んでます。

 シリンダにプラグを付けて始動しても、たま〜にかかるだけ。

 キャップで電圧降下するものかと思い、ある人に助言を求めると「プラグコードとキャップに抵抗のないものとあるものがある、プラグキャップ内のネジは抵抗になる」とのこと。

 テスターで手持ちのキャップの抵抗を測ると4.8〜10・0kΩとバラバラでした。
 最初についてたヤツはデジタルなので当てになりませんが、MΩを指したので除外です。

 5kΩ位は許容範囲と聞いたので、手持ちのがガサイ訳ではなさそうです、ちょっと行き詰まってしまい箱の中を見れば先日ある人からくすめたイリジウムプラグが・・・。

 試しに付けて火花を見ると、弱いですがチャンと電極で飛んでます。
 始動してみると一発でした、さすが千ナンボ!

 その後30分位走ったり止まったり色々やりましたが、何事も起きません。
 「へ〜っ」と思いながらコードを触ると「ビリビリビリ」ときました!
修理2.JPG
 やっぱり点火系、コードの漏電で正常な2万ボルトがプラグに行ってないのが原因!イリジウムはそんな状態でも火が強い!身をもって体験しちゃいましたネ。

 でも、かぶりには弱いと聞いているので私のアクセルチビチビトライアルには向いてないでしょうから、根本的な解決をしないとだめですね、とりあえず「いつ止まるかワカラナイ」状態までは来れたのでヨカッタヨカッタ(?)
posted by ぼんずやま at 17:15| Comment(2) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

FANTICで初平和

 今日は天気がいいので、FANTICが扱える物かの確認、新年のご挨拶、資源回収をしに平和自然園トライアル場へ行ってきました。

 「上手い奴ほどよく乗る」の格言の通り、いましたいました、ひととおりご挨拶をしましたが、格言の証明には欠かせない「あの親子」は今日は来てませんでした。

 次にFANTICの確認ですが、燃料コックを半開けのせいと思われるガス欠っぽいエンストがたまにある位で走りはナカナカでした。
 でも1速はやはり速いです、Fスプロケを1〜2T減らしたい所です。
 しかし結構急な舗装の坂を4速でガンガン登る面も発見してしまい、全体で上げ下げするとバランスが崩れそうです。
 トライアルだけ考えれば4〜6速は犠牲にしていいんですけどね。

 タイヤの空気を抜くのを忘れていたので、土の登坂ではリアが滑りましたが、ロックの中で静止に近い状態から次に行く方向を考えたりする時に「タメ」が効くのは、行き当たりばったりトライアルの私には「武器」になりそうです。

 ちゃんと下見をしろ!といわれそうですが、違うんです、下見通りに行けないんです(まだ前輪しかINしてないのにラインを外す時もあります)。

 鬼教官にクラッチを使ったステアへのアプローチを教わりましたが、身に付きそうな気配はありませんでした・・・。

 最後に資源回収、古リアタイヤを1本頂いて終了です。
変換 〜 2009042914170000.jpg
 帰ってからDT1FのエアBOX、トップブリッジの塗装をやって今日の活動はオシマイ、トップブリッジの塗装中に何故かハンドルクランプを1個なくしてしまい探していたら、こないだなくしたボールベアリング1個と、ステップ移動で使えなくなりそうなDTキックペダルの代わりに合わそうと用意した後どこかにいっていたSRキックが出て来ました、ラッキ〜!
 でも肝心のクランプは見つかりません・・・。
posted by ぼんずやま at 17:43| Comment(5) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

かかりましたぁ〜っ!

 昨日火が飛んだ(弱い気がしますが・・・)FANTIC240、今日は始動させるべくキャブ掃除から。
 デロルトですが、BETA240のとはチョット違う感じで、TYJっぽくMJがフロートチャンバーに付いてて、しかもそれを外すとキャブがガバッと開きました、楽でいいけど漏れそう・・・。
 あと珍しいと思ったのが、MJ、PJの他にどうやらチョーク用のジェットがあった事、もしそうなら初めて見ました。
 オーバーフローパイプがありません、これはズボラな私には危険です。

 キャブ掃除後、混合を入れてコックON!じゃじゃ漏れです・・・。
 ばらしても目に見えるような劣化は無いんですが、パッキンはカチカチでした。
 
 中途半端な位置で漏れ無く給油出来る所があったので、とりあえずキャブにガソリンを入れます(ここでオーバーフローのチェックが出来ないのはチト怖い)。

 火花の確認の為、最初から付いてた大嫌いなVXプラグをつけてキック!やっぱり飛びません・・・。
 即ナカガワへ行き、普通のに付け替えて再びキック!今度はOK!
 プラグをシリンダに付けてキックすると、前踏みになれてないせいか重く感じます、2回でバババ〜ンときました!!

 アクセルワイヤーが引っかかってイキナリ全開!キルスイッチ無し!よくやる失敗なので余裕でプラグコードを抜きました、そのうち痛い目にあうでしょう。
fantic240.jpg
 で、アイドリング調整してインプレッション開始!
 ライダースクラブの万沢さんのように気の効いた言葉は浮かびませんが、TY200Rってのがあったらこんな感じの様な気がします。
LOWは速いです、でもアイドリング(ちょい高め)でも平地なら走ります。 フロントはTY175のほうがパッカンパッカン上がる気がします。 
 高回転は詰まる感じですが、リミッターと思えば気にならない程度で、低〜中速はバンバンいっていい感じ。
 あとは試してないのでワカリマセン、試してもワカラナイと思うけど。

 とりあえずヤレヤレです、これで明日はDTを触れます。
posted by ぼんずやま at 17:30| Comment(0) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

飛びました〜っ!!!

 ハラさんのコメントへの返答で、火が飛ばないと言ったFANTIC、火花飛びました!!!
 ただ2日前はサッパリで、今日HTコイル付近の配線をモミモミしてキックすると飛んでしまったのです・・・。
 なんで飛ばなかったのかもなんで飛んだのかもわかりません、これ以上さわるのは危険なので、即いじるのヤメマシタ。
 でも又どこかで突然飛ばなくなるのかも知れませんネ。

 飛んでしまえばコッチノモンなので、明日はキャブ見てエンジン掛けます!

 ちょうどQQSC会長が来札してたので、WSTタケウチさんに電話で相談したりしましたが、お世話にならないで済みそうです、ヨカッタヨカッタ! 突然のお電話すみませんでした。

 その後、会長を家に呼んで「男たちの休日」(バイアルス販促映画)やQQSC出身の服部選手のレッスンVIDEOの解説などをしてもらいました、面白かったナァ〜!
 
posted by ぼんずやま at 21:40| Comment(8) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

早く来い〜!

 BASで発送済みらしい私のアレ、まだ来ません。 今頃どこを走っているんでしょう?
 BASっていうのは、各地のデポを順番に回って荷物を回収しながら来るらしく、北海道は最後の最後、忘れた頃にやって来るらしいんですね。

 あ、まだアレの説明をチャンとしてませんでした、アレとはコレです!
fantic240.jpg FANTIC240(伊) 1980年頃ので、今は無きメーカー(復活している?あれで?)です。
 世界のトライアルが350cc隆盛の頃、逆転の発想で現れてビーンビーンといわせてました。
 80年代前半のスコティッシュなどの映像を見ると「なんかウルセ
〜ナ」と思うとコレだったりします。

 私、半クラとか使わない(使えない)ので上手く乗れるかワカリマセンが、じゃ上手く乗れるのはどれ?と聞かれれば「ん〜無い」という感じなので、なんとかなるのでしょう。

 
 あと、今日やっとDT1Fフレームのステップ付け口が後ろに移動でき、塗装出来る段階まで来ました。
 ここまで来ないといつまでもバラバラなので、そのうちアレを無くしただの始まりかねないのでホッとします。
posted by ぼんずやま at 20:32| Comment(5) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

この買い物は許されます

 冬の間ネタ不足の頃にセコイ買い物ネタが続いた時があり、自己を戒めていたんですが、今回のは違います「誇れます!」(ま、わかってもらえる人に対してデスケド)

 で、何を買ったか?・・・・・・・言いません。
 
 言えるのは、赤いバイクです。

 オークションをチェックしている人なら「あ、それ買ったんだ〜、ふ〜ん」というものです。

 今年はこれで平和荒らしをしましょう! 

 早く日程出せよなぁ「遊ingトライアル」!
posted by ぼんずやま at 16:49| Comment(5) | ファンティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする