2017年12月01日

手に職は付くのか?

遂にガス溶接イタズラ開始

アセチレンと酸素の圧力はネット見ると何やら書いてあるが、わからんので誰かが切断に使った時のまま触らずに開栓

各ダイヤル閉栓状態で音を聞いて漏れの無いのを確認・・・音がする・・・爆発?・・・酸素から音がする・・・ま、いきなりボカンとはいかんだろ。

音を最小限の所探してアセチレンちょびっとON&点火

赤い火がバシューッと出た所に酸素追加、あれ?消えた・・・慌ててアセチレンOFFの早い事!びびりまくり・・・。

何度かやって青白いのが5〜6cm出たので溶接開始
TS3Y2103.jpg

溶棒は「番線」です

本日のお題 「サンダーで切れ目を入れたパイプを埋める」
TS3Y2105.jpg

切れた角が溶けて丸み帯びるまで加熱
途中から番線も添わして加熱
番線溶けてハンダ色になったら切れた両端に盛って
ある程度互いが近くなったら橋をかける様に渡す

穴が開きそうなら即火を離したり番線をヅボッと入れたり

ビード?何それ?

途中で火口が変な音になってビビって切ったりしながら何とか終了
TS3Y2104.jpg

1〜2mm離れた、厚みエキパイ相当のものがくっついた!

よし、次回は本番だ。
posted by ぼんずやま at 21:18| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

事件解決には時間が・・・

なんかオバフロ止まらんの悔しいので、こんな事を  
TS3Y2099.jpg

フロートがサッパリ上がって来ない! あ〜溢れる〜と焦ると「カコン」と上がって来たり、来ないで溢れたり、最初からスーッと上がって来たり…。

フロート内チャポチャポではない

オバフロ様、どうしたら良いでしゃう?  ポンコツレーシング協会、自浄能力無いのでお任せします。
posted by ぼんずやま at 17:17| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

昨日は積雪0だったのに

高1のクラス会も終わり、酔拳女子の鑑賞も堪能した本日

現実に戻ってG1いじり、先ず昨日オバフロで買った新品フロートバルブセットを付けたVM21をセットしてコックON
TS3Y2096.jpg

サイドスタンドの状態でまだ漏れる・・・車体立てると止まる・・・もういいや、これで

エンジンは…かからん・・・火花飛ばず・・・ちょうどバッテリー切れたみたい

充電後は一発点火

エアクリを大幅に改修してこんな感じに
TS3Y2097.jpg

かなり空気吸いがよくなった様で、回転落ちが悪い・・・MJ上げたい所ですが、落ちが悪いのは中速域なのでニードル段数いじる方がいいのか?

一応仮説としては、空気を送れる様にしてもエンジン側が要求してなければそれ程の変化は無いはず。
にもかかわらず薄い症状出たという事は、エンジン側が混合気を要求してても今まで入ってなかった所に空気多目の混合気が入ってるんでは?って感じ。

ニードル1段下げて少しマシになったが、以前程の切れが無い…又MJ上げてみよう。

チャンバーはどうやらハリケーン製、そんなにインチキなモンでも無さそうなので切開は中止

残るはポート再拡大か・・・たまたま削ったポートにチャンバー相性が合う、という偶然に賭ける!

イレ様にお宝画像送ったら電話が来て、走るべ走るべとウルサイ
TS3Y20950001.jpg

G1は走れる状態に無いのでマックスJ1も動かしてみた
TS3Y2098.jpg

クラッチ滑り気味なのと、氷上では結構滑る(空気圧バカ高)のを確認して寒〜ぃので終了。



posted by ぼんずやま at 14:51| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

あ〜 来た〜

あ〜あ・・・遂に栗山にも来ました
TS3Y2089.jpg
それでも去年の1ヶ月遅れ、2回は遊べたか(春に雨が多かったからチョンチョンかも)

家の中でミカン食いながら出来る事はこんなモン位
TS3Y2088.jpg
ロータリーディスク特有の「ケースにぶつかった空気を隙間から吸う」の解除

これでヒューンと吸えるので、キャブセッティングも変わるんでは?


でも、心は来週金曜の札幌での飲み会

学年1、2を争ってた美女が数十年を経て、酔っ払えば酔っ払う程カワイくなる酔拳みたいなオバサンになってて、飲ますのが楽しみで仕方ナイ!!!

posted by ぼんずやま at 15:31| Comment(9) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

もうカワサキは要らん B1除く

イズミがバイクくれると言うので、恵庭アジトへ行くと

既に自分のを格闘中
TS3Y2082.jpg

お題 K50にAC50のパーツをポン付け

結論 「全滅」

シートとマフラーを企むも、馬力出てるAC50はマフラーも太く、シートも取り付けが違った様子

まあ、無理っくりやりゃイケるでしょう

問題はこっち
TS3Y2083.jpg

事前に聞いてはいましたが、簡単ではない…ピクリともしないクランク&ピストン

4人がかりで数時間  ピストン割れと引き換えに0.001歩前進
TS3Y2085.jpg

結論 「雑品」

ピストン用意してケース割って各ベアリング入れ替えれば復活、21Mよりゃマシでしょ?・・・って、21Mだからやったんだヨ〜!  一見普通なんですがね〜
TS3Y2086.jpg

なんかフライホイールに見覚えあるんで確保 あとはタンク位か イズミ君の本業行き決定〜!

という本日デシタ。

G1はと言うと 全開時の息つき、薄いだの濃いだのやってる最中にフロートレベル下げたのを思い出し

あーベロ戻せば終わりか、と周辺に対して水平に戻すとエンジンかからん・・・遂に逝ったか?

元々付いてたMJ145番に替えたりノーマルVM17に替えたり

プラグを6番に戻すと、何とかバリバリ〜ン! ほっ、まだ壊れてない

最終的にVM21ーMJ145に
なんとか全開時の息つきも収まった感じではあるものの、ちょっと回りが重い様な・・・。

今後
@21ー160に戻して息つきしない様に微妙に油面を下げる
AMJをちょっとずつ下げる

@はそもそも規定から外すのどうなのヨみたいな話だし、Aはチューニング達成感的にウーンって感じだし

なんかメンドウになったので、この状態から吸入空気量増やしてみよう。
posted by ぼんずやま at 17:44| Comment(2) | その他の車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

クイズダービー

先日のオフパラでの不調 最高回転時に突然失火した様に排気音がしなくなってオットットォみたいな感じ。

でアクセル戻すと再び排気音が出て加速して、全開すると繰り返し。

バイク止めて全開にすると少し回転が落ちるが失火はしない。

原因は五択?
@濃い=空気が足りない
A薄い=燃料が足りない
B薄い=空気が多すぎる
C濃い=燃料が多すぎる
Dその他、ポイント限界やリーク、ご臨終など

んー、竹下景子に5000点! さらに倍

@は大いにあり得る
VM21空気吸い込み口とキャブカバーの隙間が狭い…高回転で影響大らしいが、ビッグホーンも狭いが大丈夫らしい

Aは結構MJデカいけどNJとJNが小さいので、入良くても出が悪い可能性は有る

Bは無い

Cは、MJデカい方がレーサーっぽいからデカくした的なノリがありがち…お調子者だと特に(正にオレ) けど、プラグ見る限り失火するほどの煤けは無し(碍子はこげ茶、先っぽ黒っぽいがカラッと煤は無し)

Dは…リークは前科あり、でも色んな状況で出そうなもんだが今回はパターン決まってる

ポイントも1万回転ならあり得るが、そんなに回ってない

ご臨終…焼き付き…排気煙少ないな、CCIS35:1だけど…考えたくない…音は異常無し

さて、何からやるかと朝見たら
TS3Y2079.jpg

ゲゲゲ

や〜めた
posted by ぼんずやま at 09:14| Comment(9) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

オフパラ 晩秋の陣

起きたらまあまあの天気、降っても夕方だべと軽い気分で美沢へ

着いたら豪雨、多分今年最大・・・
TS3Y2069.jpg

11時まで待っても豪雨・・・栗山に電話したらイイ天気との事

江別に移動も考えるも、雨に追いつかれたら腹立つし・・・

先に焼き肉やって、その先はその時考えよう 下チャンごっつぁんでーす!来年は北見遠征するからねー!、とやってたら
TS3Y2072.jpg

晴れた! よし走るかと再び美沢へ
TS3Y2073.jpg

泥んこプロレス開始〜、で終わったらこの有り様
TS3Y2077.jpg

TS3Y2076.jpg

マイG1は全開すると失速する状態・・・少し戻すと何事も無かった様に動くが、つい気合いが入ってガバッと開けるとモモモモ〜ッとなる・・・

何だこれ? ノーマルキャブだと起こらんので、恐らくVM21のせい

プラグにかぶった形跡無しだけど、止めるまでに燃えてるのかも・・・空気吸い過ぎよりは空気不足が疑わしい

キャブの吸い口とケースの隙間が狭くて吸いきれんのでは?

丸出しで試してみよう(天気いい時にネ)

しかしHT1のキット装着車は速かった…マフラーノーマルなのに・・・高回転のパワーにマフラー関係無い事がわかりました、本日の収穫!

今のG1では絶対勝てん!

やるか? イヤ、キャブの調子出てからにしょ。
posted by ぼんずやま at 20:02| Comment(3) | VMX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

しつこいね

G1M(?)2017バージョン最後の挑戦

キャブ色々やってみて今イチ変化が無い

何を意味する?

エンジンが混合気を要求する訳だから、キャブ側がそれに答えた時点でそれ以上デカくしても何も起きないよな

一次圧縮上げたり、ポートもっと削ればまた変わってくるだろうけど、現時点でソレはやんない

あと高速に効く所は…ここ
mahura.jpg

G1M改造マニュアルによれば200mmらしい

トライアルマシンが低速出すのに、わざと長くしてた

という事はやはり・・・

え〜い、切ってしまえ!!! で、こんな感じに
TS3Y2067.jpg

でも、どうやってくっつける?

それは後回しにして、果たして走りは?

ウ〜ン変わらん?・・・排気漏れのせいか?

ついでじゃ! ニードル一段薄めはどうよ?

ウ〜ン…低中速が多少軽くなった? でも「持ってかれる感」が減った気も・・・高回転詰まり感は薄れた気がするが、ただ回ってるだけっぽい。

んならプラグは? ウ〜ン大した変わらん
TS3Y2068.jpg

                     結論 「何も変わらず」

整備性は悪くなった、バンザ〜イ!
posted by ぼんずやま at 17:00| Comment(4) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

また長い 画像も無いし

VM21−MJ180でソコソコにセッティング?の出たG1M(?)

本物G1MがVM22−MJ180番だから、ポートタイミングをG1Mに近いが同一ではない数値に留めてる現状からすればイイ所に収まってる気がする

口径1mm小さいのにMJ同番では濃い?

いやいや、K125のニードルセットはG1Mより細いので燃料の吸い上げは少ないはずだからMJ大きめでもOK

しかし高速域は不満、プラグ焼けは?・・・普段ベチョ濡れで平気に走るワタシ、よくワカラン!

オバフロ先生に判断仰ぐと「濃くね?」

判断の前に、こないだオバフロ居座りをやった時に発見してもらい、掃除もしてもらったニードルジェットの汚れの効果見る為に一度MJ145番に戻してみ、と言われて戻してみると

普通に動く!・・・番手が小さいと不調だった原因はココでした

前回のチェックは意味無し&総廃棄決定、ハイやり直し〜

で、やり直してみると145〜180番どれでも走る・・・違いは・・・ワカラン

全開フン詰まり時にチョーク少し開けると余計悪くなるので、濃くする必要は無さそう

じゃ何番にする?とりあえず160番にする事に

どうやら高回転不満(不調ではない)の原因は燃料では無い?・・・もしや…チャンバー?

車種不明、おそらくNSR用を切った貼ったで無理付けしたもの・・・50cc用ってどうよ

しかもエキパイ部がまだ長い・・・一度詰めたが、そん時も性能上がった・・・また詰めたらどうなる?

よ〜くチャンバー見ると、スポット跡がある・・・中身スッカラカンじゃなく遮蔽板が入ってる?

なんとなく、ポートは加速でチャンバーは高速というイメージからして

やはりチャンバー見直しの時期なのではないか・・・でも、それやってロードレーサーみたいになるのも困る

悩むな〜。
posted by ぼんずやま at 17:20| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ひとまず終了

昨日イーハトーブ反省会をQQSC会長、旧タイプ2スト、DON、N山、私の5名にて行い、来年の計画が決まったような決まらんかったような…ま、飲んで食っただけ

そして今日、会長から渡されたブルタコRブレーキを交換、無事復活となりました
TS3Y2060.jpg

飲み会前にオバフロ襲撃&居座りを行いゲットした、ミクニ用MJ180番
TS3Y2061.jpg

これをビッグキャブで試さねば

半径×半径×3.14で比べると面積1.5倍でビックリ
TS3Y2062.jpg

先ずバッタもん180番で始動 お?普通にかかる!

レーシングではギャンギャン上まで回る

走らすと・・・そうでもない・・・ノーマルよりはマシか・・・3速満開時に上で一瞬パスっと失速したり・・・多分暖まってないからか

プラグの焼けは?・・・実は良くわからない・・・いつもは濡てなきゃOKなもんで
TS3Y2063.jpgいわゆるキツネ色

ではないな タヌキ色?
TS3Y2066.jpg

とりあえず走るんで様子見って事にしよ〜  しかし、こう前から見ると・・・やっぱり排気出だしが長い!
ここ詰めれば高速出そうな気がする。
チャンバー部にもスポット跡が有り、遮蔽板が入ってそう これ抜けば・・・

posted by ぼんずやま at 15:47| Comment(5) | G1M? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする